名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジャレド・ダイアモンドの名言

twitter Facebook はてブ

ジャレド・ダイアモンドのプロフィール

ジャレド・メイスン・ダイアモンド。アメリカの進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学で学士号、ケンブリッジ大学で博士号を取得。『銃・病原菌・鉄』でピューリッツァー賞を受賞。

ジャレド・ダイアモンドの名言 一覧

「そうするのが当たり前」という発想が障壁になっていないか疑った方がいい。


「ここぞ」という時に相談できる友人を1人でも多く持つことが、情緒の安定や豊かな人生につながる。


相手の話に耳を傾け、相手を理解しようと努力し、自分の意見を押しつけることなく、互いの時間を共有することに集中する。それが相手と信頼関係を築く第一歩。


家族は「いて当たり前」ではない。人生を生き抜いていくために協力し合っていく、かけがえのないチームメンバーとして、もっと大切にすべきでしょう。


ジャレド・ダイアモンドの経歴・略歴

ジャレド・メイスン・ダイアモンド。アメリカの進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学で学士号、ケンブリッジ大学で博士号を取得。『銃・病原菌・鉄』でピューリッツァー賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

ほとんどの人は、ひとつの業界で一生を過ごしてしまうので、その業界でのひとつの考え方の枠の中にとらわれてしまいます。しかし、私は多くの業界で働いてきたのでそうならなかった。みなさんは、「ずっとこのやり方でやってきたから」とか「この業界ではこれが慣例だから」といった具合に、従来のやり方に固執していませんか。


金村徳厚

起業する前に、いろいろな勉強をしました。それで大手バッグメーカーのモノ作りの姿勢に疑問を持ったんです。その会社は名前を聞けば誰でも知っているほど有名なのですが、何と製品作りのほとんどを協力会社任せにしていたのです。もともと協力会社が持っている図面に、自社のマークを入れるとか、少しだけデザインを変えるとかしかしない。極論すれば、他社のロゴを差し替えて大量に作り、協力工場に対して価格を叩くだけなんです。どこにこだわりがあるのかと思いました。そんな具合ですから、新しい機能を開発して消費者に届けるといったメーカーとして当然追求すべきことができていない。これなら本気でやれば後発でも対抗できると考えました。


大川隆法

イノベーションには非常に難しい面があります。これまで自分たちにとって大事であったものや、成功の要因であったもの、うまくいっていたものを、自ら捨てていくことがあるため、自分の内部に敵と味方が住んでいるようなかたちになるのです。


富野由悠季

僕は20代後半から頭が薄くなり始めて、30代、40代とだんだん真ん中が薄くなっていきました。50代に入って、中年、もしくは壮年といういい歳をしたおじさんたちが、少なくなってしまった毛髪をなんとか維持しようとか、薄くなった頭を何とか多く見えるようにカバーしようと、髪型や毛髪のことを気にしているというのを僕自身みっともないと思うようになりました。だったらその原因をとってしまえということで僕は一気にスキンヘッドにしちゃったんです。


清水亮

当社は「Supreme Experience(最高の体験)」をスローガンに、コンピュータを使ったエンターテインメントを提供するための設計や開発を行っています。様々なゲームなどのネットワークコンテンツを通じて、楽しい人生やコミュニケーション、バーチャルな世界ならではの体験など、コンピュータを使って実現できる、新しくて、ユニークなプログラムを開発している体験創造企業です。


広津崇亮

線虫の嗅覚を実用的なものに利用できないかと考えたのは5年ほど前。ちょうど研究室を持ったときだったので、運営費を稼がなきゃいけなかった。そこでがん探知犬を思い出したのです。犬の嗅覚が優れているのはみなさんご存知のとおりですが、その研究のなかで、がんには特有の匂いがあることがわかってきていた。ただ、犬を使うには動物愛護の観点や個体差の問題からなかなか使いづらい。だったら線虫がぴったりじゃないかと。大量につくれますし、限りなくデジタルに近いから個体差もないですから。


リンダ・グラットン

グローバル化によって世界の様々な人たちが繋がれば、意思決定が複雑になり、企業の成長を阻害します。それを防ぐためにグローバル企業が実践しているのが「経営陣のスリム化」です。例えばユニリーバでは7人以上は増やさないと決めています。


佐藤義雄

人間ですから怒りが爆発することもあるでしょう。ただ、昔の上司は総じて、厳しい一方でフォローも上手だったものです。見えないところでフォローするため、他の人にはわかりにくい部分もあったと思います。そこに気づかず、厳しい表面だけを真似ると、部下を潰すだけの結果になりかねません。


伊藤隆行

作り手のオリジナリティーや個性を重視した分だけ、当然、失敗も増えます。結局、そうした独自性が世間にフィットするかどうかは、やってみなければ分からない。視聴者の感性は予測不能ですから。


小池龍之介(小池龍照)

私たちは四六時中、考えごとをしていますが、そのせいでイライラしたり、集中力が低下しているのではないかと私は思っています。仏道の立場からいいますと、考えごとは妄想であって、現実でも事実でもありません。そのなかで心を惑わせ、迷っているとしたら、生きていないも同然。リアルな現実を感じられなくなるので、ストレスが溜まって当然です。.日ごろから意識をして「考えない」ことを自分に課してみてください。仕事をしているときはこれが自分だとか、周囲に評価されるかどうかなどと考えず、目の前の作業にひたすら没頭する。そして考える代わりに、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるといった五感を研ぎ澄ませるのです。五感のどこかに集中して考えを止める。その究極が座禅ということになりますが、そこまでしなくても、普段の生活のなかで集中することはできます。