ジャレド・ダイアモンドの名言

ジャレド・ダイアモンドのプロフィール

ジャレド・メイスン・ダイアモンド。アメリカの進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学で学士号、ケンブリッジ大学で博士号を取得。『銃・病原菌・鉄』でピューリッツァー賞を受賞。

ジャレド・ダイアモンドの名言 一覧

「そうするのが当たり前」という発想が障壁になっていないか疑った方がいい。


「ここぞ」という時に相談できる友人を1人でも多く持つことが、情緒の安定や豊かな人生につながる。


相手の話に耳を傾け、相手を理解しようと努力し、自分の意見を押しつけることなく、互いの時間を共有することに集中する。それが相手と信頼関係を築く第一歩。


家族は「いて当たり前」ではない。人生を生き抜いていくために協力し合っていく、かけがえのないチームメンバーとして、もっと大切にすべきでしょう。


ジャレド・ダイアモンドの経歴・略歴

ジャレド・メイスン・ダイアモンド。アメリカの進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学で学士号、ケンブリッジ大学で博士号を取得。『銃・病原菌・鉄』でピューリッツァー賞を受賞。

他の記事も読んでみる

大澤成行

いまは社員が育ち、その結果、会社が大きくなっていくことが、本当に楽しみに思えます。ゆくゆくは成長した部下たちに関連会社の社長になってもらい、グループ全体を成長させてもらいたい。それが私の夢です。


上條努

入社10年目にサンフランシスコ支店長として赴任しました。英語には苦労しました。私の拙い英語を米国人の現地社員が、取引先に対して「通訳」してくれるといったレベルからスタートしました。それでも遠方の取引先とも、直接会うようにして、手探りで市場を開拓していきました。


山田昭男

「毎日忙しくて、残業させないと追いつかない」という管理職には、「残業させるだけの仕事が大量にあるなら、新たに1人雇え」といっている。元をとれるはずだから。でも、そういって新たに人を雇った部長はいないね。だいたい、時間内でできるようになる。1人分の仕事量なんて、全員で工夫すればなんとかなるということだよ。


高橋宣行

企画書を読む相手を知ることが重要。それを探るにはまず、仕事内容や経歴など、相手について知ること。


沢庵宗彭(沢庵和尚)

人の良し悪しを知らんと思わば、その愛し用いられている臣下、または親しみ交わる友達をもって知れ。


鳥原隆志

タスクの優先順位をしっかり判断し、その他の8割を捨てることができれば、時間的な余裕が生まれ、重要なタスクだけでなく、想定外のトラブルにも落ち着いて対処できるようになる。


津賀一宏

どんな目標も信じないと始まらない。


阿部寛

自分の役は作品のクオリティを含めて、周囲と戦ってでも自分自身で守らなければいけない。


西川浩司

日本人というのは本当に優秀です。現場の人は同じことを二度とやりません。常に改善を考えている。当社の社員達も自分がいいなと思ったことを随時提案し、より良いものを早く組み付けができるように日々改善する努力が自然と身についています。


山口悟郎

背伸びした約束は本当の誠意ではない。物事は想定通りに進みません。トラブルの可能性を無視して安請け合いするのは無責任です。ビジネスの基本は信頼関係にあります。いい加減な約束を交わさないのは社会の基本的なルールでしょう。


土橋章宏

唯々諾々となってはいけないと思うんですよ。弱い立場にいても誇りを持って、言うべきことは言うべき。いい上司なら、きっと応えてくれる。


宮城治男

社会起業家を目指すなら、自ら約束したことを徹底してやり抜く、貫き通す。そんなシンプルなことを積み重ねていくのが一番良い。


レミ・ド・グールモン

財産は、それを所有する人々を他の人たちよりも幸せにするがゆえに攻撃されるのではない。財産が攻撃される理由は、それが少数の人々の幸せを増すからである。


松村誠一(経営者)

企業経営は突き詰めれば「人材」が勝敗を分けます。事業の拡大期や連結経営が重視される時代においては特に「人材の発掘と配置」が重要になってきます。


コシノジュンコ

人と同じことをやることには恐怖・反発を感じます。常に進化に進化・挑戦を続けています。同じことは繰り返しません。


ページの先頭へ