名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャニス・ジョプリンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャニス・ジョプリンのプロフィール

ジャニス・リン・ジョプリン。アメリカの女性ロックシンガー。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校に入学。音楽にのめり込み大学をドロップアウト。フォークシンガーとして活動しながら酒と麻薬に溺れる。バンド「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」に参加したのち、「コズミック・ブルース・バンド」を結成。27歳でこの世を去った。

ジャニス・ジョプリンの名言 一覧

あたしはたったひとつの事しか出来ない。それを自慢に思うことはあるけどさ。ただ、それだけなんだよ。
【覚え書き|自らの音楽活動について語った言葉】


ジャニス・ジョプリンの経歴・略歴

ジャニス・リン・ジョプリン。アメリカの女性ロックシンガー。テキサス州出身。テキサス大学オースティン校に入学。音楽にのめり込み大学をドロップアウト。フォークシンガーとして活動しながら酒と麻薬に溺れる。バンド「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」に参加したのち、「コズミック・ブルース・バンド」を結成。27歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

教えというものは、実際に試してみて初めて身につくことが多い。「ストーブに触ってはいけません」と子供の頃に母に言われたが、その言葉の意味を知ったのは実際にストーブに触ったときだった。


藤本やすし

雑誌の表紙の一か所に光る素材を使ったり、バッジをつけたりしたこともありました。ポップアップと呼ばれる立体加工を用いて、開いた瞬間に飛び出てくる、そんな驚きを誘う仕掛けをしたこともあります。誰もやっていない仕掛けは、人々を惹きつける要素のひとつです。もちろん、視覚面だけでなく、触ったときの手触りなどにもこだわっています。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

これからMUJINはどういう方向に進んでいくのか、二人の(共同創業者)間では常に一致している。社員もそのビジョンに引き寄せられた。たとえ製品がなくなっても二人が残ればMUJINは続くと信じている。本質的な強みはそこにある。


宿澤広朗

3割あったら『これ、勝てる』それを5割以上に引き上げていけばいいんだから。あの時、じゃあ、オールブラックス(ニュージーランド代表)とやるといったら、 勝てるとは絶対言わない。だって(勝てる確率は)ゼロなんだから。0%の確率を50%に持っていく、これは無理。3割ぐらいの確率がある試合を、5割以上 に持っていくことはできる。


染谷和巳

部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。


丸幸弘

うちにカリスマはいらない。誰とも交わらず1人で黙々と仕事をしているなら、報酬を倍にするから外注先になれと言います。プロセスの中で誰とどんな関係を築けたか。それがリバネスのリーダーの条件であり、その人の評価になる。


岡本太郎

決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。


藤井孝一

副業では、夢のあることに挑戦し、将来のキャリアにつなげてほしい。


福岡かつよ

笑顔は大事と誰しも無意識に思っていますが、研修では改めて「なぜ笑顔が大事なのでしょうか」と問いかけます。笑顔によって相手に何をプレゼントしているのかと、接遇の本質を考える機会を提供します。すると「安心感を与える」「信頼関係を築くため」「心を開いてもらいたい」「話しやすい雰囲気をつくる」など、参加者からさまざまな答えが返ってくる。笑顔一つでも、受け手によって一人一人感じ方が違うということに気づくことが、相手(患者)に寄り添う心への大きな一歩につながるからです。


むらかみかずこ

最近もらった手書きの手紙を思い出してください。ご両親から手紙を受け取った人もいるでしょうし、旧友から届いた年賀状を挙げる人もいるでしょう。いずれにせよ、かなり前でも手書きの手紙は記憶に残っているものです。一方、同じ時期に受け取ったメールやLINEメッセージなどは、なかなか思い出せません。つまり手紙を送るだけで、相手に「この人はとても丁寧だな」「この企業は私を大切に考えてくれているな」と強い印象を残せるのです。


ジョセフ・ジューベル

若い人たちの情熱も、老人にとっては悪徳に見える。


小川直也

『PRIDE』に出たのは『ハッスル』の宣伝のためです。優勝したいなんて気持ちはまったくなかったし、勝負事は柔道時代に散々やったから興味がないんです。自分はプロレスラーとしてこの世界に入ったわけで、総合格闘技の調子がいいからって、そっちに移ろうという気にはなれない。泥舟かもしれないけれど、「プロレスという舟は俺が守る」と思った方が、張合いもあります。