名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャック・ミンゴの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャック・ミンゴのプロフィール

ジャック・ミンゴ。主な著書に『あなたの知らないヒットブランド本当の話』

ジャック・ミンゴの名言 一覧

最も売れている商品の多くは、エキセントリックな人たちの直感とヤマ勘と熱狂によって生み出されている。本当に新しいものを作るためには、まったく新しい発想が必要だからだ。


ジャック・ミンゴの経歴・略歴

ジャック・ミンゴ。主な著書に『あなたの知らないヒットブランド本当の話』

他の記事も読んでみる

鵜澤静

現在、自動車向けブレーキの摩擦材が主力事業の一つです。社長時代、この事業を強化すべく摩擦材で世界2位のドイツを拠点とするTMDを買収、トップ企業となりました。買収額は当社史上最大でしたが、この交渉でもブレないことが生きました。当時TMDは経営不振に陥りファンドの傘下にあった。高く売りたいファンドとこちらの提示価格が合わない。株主に説明し得る価格以上は出せないとして、ロンドンで行っていた交渉を早々と打ち切り、翌日帰国すると相手に告げました。するとその晩遅く、先方から翌朝再び話したいとの連絡が入り結局、私どもの価格が受け入れられた。


古賀辰男

組織にまったく問題がなければ、たとえ転職の話があっても、できる社員がそう簡単に会社に愛想を尽かすはずがない。絶対に辞めてほしくない人が次々と辞めるような状況であれば、経営者はまず、マネジメント上の問題の解決に専念すべきだろう。


寺田直行

過去10年間ほど遡ると、固定費と変動費は凸凹がありながらも膨らみ、損益分岐点がだんだん上がっていました。それで商品を絞り込み、もう一度価値を磨き、値段を上げていきました。こうした取り組みで、赤字商品は減り、利益が出る体質になりつつあります。


小林豊(小林製薬)

当社には業務改善などを含めて、全社員が自由に会社にアイデアを出す制度もあります。もう27年続いていて、ナンバーワンになる社員は、1年間で250から280の提案をしてきます。勤務日数で割ると1日1件以上です。多ければ良いとは限りませんが、ある程度は量を出さなければ、質もついてきません。


山口範雄

大きな仕事は一人では成しえません。ある人は新技術を開発し、ある人は新しいビジネスモデルを考え出し、ある人は未開の地へ売り込みに出かける。そんなみんなの努力を結集してこそ、優れた仕事ができ、共に働く喜びがそこに生まれます。


坂根正弘

見える化の威力は私自身が会社経営で経験した。社長になったとき、まず会社の問題を見える化することから始めた。たとえば、当時は「日本のものづくりは高コスト」という固定観念が広がっていたが、実際に世界中の工場、商品ごとのコスト構造を分析してみると、日本の工場は変動費部分では十分競争力があった。一方で、固定費部分が非常に重いことがわかり、「1回の大手術」と宣言して構造改革を実施した。


川上哲治

ときに部下や周囲の不興を買うことがあったとしても、大義を表現するために成すべきことを成す。そういう強い信念を持った人間でなければ、リーダーは務まりません。


谷口祥子

相手をきちんと見続けていると、それまで気づかなかった長所も見えやすくなります。苦手な相手でさえ、観察を重ねれば褒めるポイントが見つけ出せるものです。相手への悪感情はいったん脇に置いて、公平に相手の言動を注視しましょう。イヤミだと思っていたファッションにその人なりのこだわりがあることに気づいたり、文句の多さは「妥協のなさ」だと発見できたりすると、それまでの悪感情も好転する可能性大です。すると、自然に褒め言葉が出てきて、ギクシャクしていた関係も好転するでしょう。


小山田浩定

損得だけで判断しない。損があっても「人」として為すべきことがある。


関家一馬

本部長などがすべきなのは、環境づくりですね。自分が預かる部門の社員の7割は内的動機で自分で仕事を取ってくるけど、残り3割はできていないなら、いかに、全員が内的動機で仕事ができるようにするかを考える。あとは、オピニオンを発して方向性を出すのも役割ですね。


鳥羽博道

私の小学校の時の校長先生は毎朝、下駄の鼻緒を手に持って正門に立ち児童に挨拶をしていました。鼻緒が切れた生徒がいると手に持った鼻緒を手渡していました。長い間に渡ってこれが続くと、校長に対する尊敬の念がわいてきます。教育改革は必要なんでしょうが、これによって教育はできるものではなく、教育の問題は結局、校長をはじめ、教師、親が子供の幸せを願っていると、子供は自ら教師、親への尊敬の心を持つようになると思うのです。そういうことから教育の基本ができるのではないでしょうか。


齋藤孝(教育学者)

メールがスマートフォンに入るようにしているので、移動中にアポイントの管理などをしています。また、「この件は引き受けるかどうか」という意思決定も、移動時間にやることが多いです。時間に余裕があるときだと、かえって悩んで決められないこともあるからです。