名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジャック・デンプシー(ヘビー級)の名言

twitter Facebook はてブ

ジャック・デンプシー(ヘビー級)のプロフィール

ジャック・デンプシー。アメリカのプロボクサー(ヘビー級)。コロラド州出身。小学校中退、炭鉱夫、用心棒などを経てボクサーになる。ボクシング世界ヘビー級王者のタイトルを獲得。

ジャック・デンプシー(ヘビー級)の名言 一覧

チャンピオンとは立ち上がれないときに立ち上がる人間のことだ。


ジャック・デンプシー(ヘビー級)の経歴・略歴

ジャック・デンプシー。アメリカのプロボクサー(ヘビー級)。コロラド州出身。小学校中退、炭鉱夫、用心棒などを経てボクサーになる。ボクシング世界ヘビー級王者のタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

手代木功

私は、勉強と仕事の共通点は3つあると思っています。いずれも基本は「やりたくないこと」ですから、本人が納得して動かない限り身に付きません。覚えることは年を経ることに指数関数的に増えていく。結果を出せるかどうかは、自力で考える力がカギを握る。ということです。


丹羽宇一郎

ダイレクトトーク(直接対話)をやるなら、徹底的にやらないと駄目だ。


能作克治

伝統とは革新であり、新商品開発などを通じて新しい方向に伝統を変化させる努力を続けて百年がたつと、それが新しい伝統になるのです。


吉田沙保里

4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


鎌田浩毅

現象の奥にある構造が見えれば、予測することができます。予測ができれば、対処ができます。


織畠潤一

重要なのは人です。経営判断とはファクト(事実)や数字を分析・検証してトップ自ら1人で判断するものですが、その事実や数字は人がつくるもの。また、技術を生み出すのも人、その技術をいかに市場に投入するかを考えるのも人、そしてお客様に販売するのも人であるからです。


山口拓朗

不機嫌な顔で黙っている上司のいる部署は硬直した雰囲気になり、雑談好きな上司の下では豊かなコミュニケーションが生まれるもの。仕事における意思疎通を円滑にするためにも、積極的に同僚や部下に話題を提供しましょう。


浅田すぐる

ひと目で内容全体がわかるよう、A4またはB4サイズの「用紙一枚にまとめる」。情報をかたまりで認識できるよう、「カテゴリーごとに枠で囲む」。「枠ごとにタイトルをつける」。この3つを実行すると情報の一覧性が高まるので、読み手は内容をぐっと把握しやすくなる。


金丸恭文

世の中、平均的ないわゆる普通の人たちが8割とか9割います。そういう人たちの話を聞いていれば、めでたく普通の人にはなれるかもしれない。しかし、自分がこの世に生まれてきて、何かを成し遂げたという満足感を得ようとするならば、ごく普通の人の話を聞いていたのでは道を誤るということです。


辻野晃一郎

何かを一心に勉強すると夢や希望が叶うと思っている人が多いですが、大間違いです。叶えたい夢があってその実現に向かって進んでいくと、勉強せざるを得なくなります。その順番を間違えてはいけません。


宇佐神慎

我々は、コンペティションには参加しません。コンペは統一基準を前提にするため「会議室は何部屋で机は何席」等とベースが決まっていることが多く、顧客にとって有益なデザインに結び付くのか疑問です。当社は企業のビジョンに合わせた個別対応で、デザインから施工まですべて正社員が行います。


平井伯昌

どんなに恵まれた環境に身を置いても伸びない人はいるし、逆にベストな環境でなくても伸びる人はいます。その差は、意識の持ち方にある。


中川和宏

ポイントはどんな願いも「必ずできる」と考えること。そこに主観はまったく必要なし。瞬間にそう思うクセをつけるのです。すると、もう具体的な映像があたまに浮かんでくるはずです。そのためになにをするべきかも映像で浮かびます。だからすぐに行動に移すことができる。常にあたまにあると継続もできる。よって成功につながるというわけです。


諸富祥彦

子育ての基本は「褒める」「ともに喜ぶ」です。小さなことでも褒めて自分が愛されているという自信を持たせる。たくさん褒めたからといって、自信過剰な嫌味な人間になるわけではありません。


和地孝

社員の働く喜びややりがいは、究極的には使命感のもと、皆が力を合わせて働くなかから生まれるのではないでしょうか。