ジャック・デンプシー(ヘビー級)の名言

ジャック・デンプシー(ヘビー級)のプロフィール

ジャック・デンプシー。アメリカのプロボクサー(ヘビー級)。コロラド州出身。小学校中退、炭鉱夫、用心棒などを経てボクサーになる。ボクシング世界ヘビー級王者のタイトルを獲得。

ジャック・デンプシー(ヘビー級)の名言 一覧

チャンピオンとは立ち上がれないときに立ち上がる人間のことだ。


ジャック・デンプシー(ヘビー級)の経歴・略歴

ジャック・デンプシー。アメリカのプロボクサー(ヘビー級)。コロラド州出身。小学校中退、炭鉱夫、用心棒などを経てボクサーになる。ボクシング世界ヘビー級王者のタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

中田亨

誰もが言いたいことを言える雰囲気を作るには、全員が発言できる場を仕組みとして導入することが効果的。たとえばある工場では、毎朝のミーティングで、「ミスや安全に関して思っていること」を全員が順番で発言する機会を設けています。指名された人は必ず発言するルールなので、「言うべきときには言う」という意識が全員に生まれるそうです。


小池百合子

国際社会で生き残るためには、国境を越えた発想が必要なんです。だから都議会も、これまでの延長線上で良しとせずに、グローバルな状況を踏まえながら将来を見越した判断ができる人材が必要になってくる。


ダン・ニスター

以前、営業担当者がお客様と対面する時間が少なくなってしまうという問題がありました。最大の要因は、担当者が経験と勘などから訪問計画を立てていたこと。営業担当に一日をすべて委ねると、どうしてもその日によってムラが出てしまいます。これは日本だけではなく、万国共通の傾向です。さらに、営業担当は必要とは限らない事務仕事に時間をかけすぎる。それが長い内勤時間につながっていたのです。


棚橋弘至

観客動員数が下降線をたどっていたとき、会社の会議や選手ミーティングでも「選手は頑張っている。だから、ちゃんと見てもらったら、必ずよくなるから頑張っていこう」みたいな話になっていたんですけど、「ちがうだろう」と。「頑張ってたらよくなる」っていう発想自体もう遅れている、何かを変えなきゃいけないんじゃないかって思ったんです。


壺阪龍哉

いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。


マイケル・ポーター

経営が高度化し洗練されていく中で、単純なことが見落とされています。おそらく、経営者の多くが従来型の経営の慣習にとらわれ、事業の根本的な目的や社会との結びつきといった観点を失いつつあるからでしょう。


金究武正

自分たちの技術を磨くだけでなく、いかにお客様の懐に入り込んで、お客様の悩みをいかに解決していけるかが生き残りのカギ。


松永安左エ門

生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。


竹下佳江

私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。


内藤明人(内藤進)

電気製品なら、故障しても電気がストップすることで発火などの大きな事故にはなりません。しかし、ガス機器は違います。故障はガス漏れ、爆発という人命にかかわる大事故に直結します。だから「故障=墜落」という航空機をつくるような気概を持って安全性を追求しようと自分自身や社員に言い聞かせてきました。


田中イデア

「最近、娘が口をきいてくれなくてさぁ。君もそういう時期あった?」などと軽い悩みを持ち出すと、いつもは怖い課長もやっぱり人間なんだと意外な目で見られます。自分と同じように課長も悩んでいるんだというふうに共感が得られます。仕事以外のことで部下に自分の弱みを見せておくのが重要ではないでしょうか。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

何かを鵜呑みにすることには警戒感を持って欲しい。テレビのニュースや新聞は基本的に大本営発表と変わらない。そういう視点を持った上で接していき、興味や疑問を感じたものは雑誌やインターネット上の情報を自分で調べてみる。すると、いつもとは違う風景が見えてくると思うんだ。


永守重信

当社は若くても意欲のある人には、どんどん仕事を任せ、昇進させる世にしている。もちろん上手くいかなければ降格することもある。挑戦は責任と表裏の関係だからだ。でも、手を挙げれば何度でも挑戦できるから、一度降格しても復活する人はたくさんいる。


辺見芳弘

部下に「上司との実力差が大きい」と思われるのは、実はあまりいいことではありません。上司だって不確かなまま指示を出すことがあるのに、部下はそれを疑いもせず実行に移してしまいかねないからです。これは危険です。


矢野博丈

会社が大きくなりすぎることは恐ろしいと、ずっと思ってきました。流通業が栄枯盛衰を繰り返してきた歴史からもわかるように、小売業のオーバーストア(店舗数過剰)は非常に恐ろしい。「オーバーストアは地獄じゃけ、あまりたくさん店を出さんでいい」と社員にも繰り返し言ってきました。


ページの先頭へ