名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャック・スタックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャック・スタックのプロフィール

ジャック・スタック。アメリカの経営者。スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社CEO(最高経営責任者)。19歳のときに父が勤めていたインターナショナル・ハーヴェスト社にメールボーイとして入社。その後、同社スプリングフィールド工場の工場長となり、インターナショナル・ハーヴェストから同工場を買い取り法人化。8年で売上高4倍、株価180倍と急成長させた。著書に『グレートゲーム・オブ・ビジネス 社員の能力をフルに引き出す最強のマネジメント』『その仕事は利益につながっていますか? 経営数字の「見える化」が社員を変える』ほか。

ジャック・スタックの名言 一覧

企業の磐石さを築く唯一の方法は、収益を上げて資産を作ること。ほかはすべて、そのための手段に過ぎない。


ジャック・スタックの経歴・略歴

ジャック・スタック。アメリカの経営者。スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社CEO(最高経営責任者)。19歳のときに父が勤めていたインターナショナル・ハーヴェスト社にメールボーイとして入社。その後、同社スプリングフィールド工場の工場長となり、インターナショナル・ハーヴェストから同工場を買い取り法人化。8年で売上高4倍、株価180倍と急成長させた。著書に『グレートゲーム・オブ・ビジネス 社員の能力をフルに引き出す最強のマネジメント』『その仕事は利益につながっていますか? 経営数字の「見える化」が社員を変える』ほか。

他の記事も読んでみる

野村克也

相手の気配を感じることは大事。鼻が利く……というのかな。ただぼーっと状況を見るのでなく、見えない何かまでつかみとり、洞察力を働かせる。そして相手の気持ちや考えを推し測るのは、勝利のセオリーだから。


近藤誠

日本のガン治療が遅れていたのは、医学界が村社会でボスの意向に逆らえなかったからです。米国留学から帰国した後、私は日本のガン治療を変えようと一念発起しました。しかし、同意してくれる人はいません。治療法をめぐるカンファレンスは、勝つか負けるかの激論です。毎回胃がキリキリする思いをしました。


酒巻久

「自分の判断基準」に自信を持っていれば、いま起きている問題だけでなく、これから起こるであろう問題にも素早く対処することができます。


堀場厚

人間の血液の組成は世界中で同じでも、医者のやり方や医療保険制度が違えば、求められる計測装置は変わる。メーカーの勢力図が国ごとに違うのも、そうした事情があるため。我々は各地の市場でシェアを5割以上取ることが目標。そのためには、国や地域ごとにきめ細かな開発やマーケティングの体制を築かなければならない。


吉田和正

成果を出せば “Good Job!” と言われますが、「じゃあ次はここまで」とすかさずバーを上げられる。エンドレスです。でも上げ続けるバーに対し、常に期待値を超える成果を出せるかといえば、いつもそんなことはない。しかし、インテルは、バーを上げ続けなくてはならないのです。期待値とのギャップのためにトップにフラストレーションがたまり、キレるのは、ある意味、当然のことだといえます。


アンジェロ・ボナーティ

経営者は待つことを知ることが大事です。農作物と同じで、じっくり育てて待つのです。栄養をしっかり与えていれば毎年、美味しい実をつけてくれます。


南場智子

人生の目標や目指すべき人生って、ひとつじゃないと思うんです。だから能動的に、積極的に、怖がらずに、自分の幸せを定義して欲しい。


漆紫穂子

実際には、やっても上手くいかないことが多いのです。でも、やったことでそのやり方が間違っていたことがわかるし、方向転換してやり続けていけば、いつかは成功するものです。


高原慶一朗

成功は続けておさめるのは至難の業だが、ひとつ秘訣があるとすれば、それは過去の成功を捨てることから始まる。


庄野直之

終戦の時と同様、今はあらゆるものごとの転換期です。従来の延長線上にある改良・改善ばかりでは企業は取り残されてしまう。


似鳥昭雄

ほとんどの経営者は儲けること、売り上げを伸ばすことばかり考えてしまいます。自分の立場になってしまってはいけません。朝から晩まで「お客様にとって」という言葉が1日何回出るのか。1日最低10回は出ないといけません。そして言葉だけでなく、具体的に何をしていかないといけないのかを突き詰めて考えなければなりません。


徳重徹

インドにいる日本企業の方と話していて、よく聞く文句は3つあります。まずひとつは価格です。アジアの他の地域よりコンペティティブで、3~4割安くないと勝負できない。2つ目は、人の問題。東南アジアの人は比較的こちらの指示を聞いてくれますが、インドの方は結構文句をいってくる。3番目が夜遊び。飲みにいける場所がなくて大変だというわけです。でも、僕からすると、それが何だと。何しろインド一国で、他の東南アジア全体と同じくらいの市場がある。こんな文句が出るあたり、本気ではない証拠です。