ジャック・スタックの名言

ジャック・スタックのプロフィール

ジャック・スタック。アメリカの経営者。スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社CEO(最高経営責任者)。19歳のときに父が勤めていたインターナショナル・ハーヴェスト社にメールボーイとして入社。その後、同社スプリングフィールド工場の工場長となり、インターナショナル・ハーヴェストから同工場を買い取り法人化。8年で売上高4倍、株価180倍と急成長させた。著書に『グレートゲーム・オブ・ビジネス 社員の能力をフルに引き出す最強のマネジメント』『その仕事は利益につながっていますか? 経営数字の「見える化」が社員を変える』ほか。

ジャック・スタックの名言 一覧

企業の磐石さを築く唯一の方法は、収益を上げて資産を作ること。ほかはすべて、そのための手段に過ぎない。


ジャック・スタックの経歴・略歴

ジャック・スタック。アメリカの経営者。スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社CEO(最高経営責任者)。19歳のときに父が勤めていたインターナショナル・ハーヴェスト社にメールボーイとして入社。その後、同社スプリングフィールド工場の工場長となり、インターナショナル・ハーヴェストから同工場を買い取り法人化。8年で売上高4倍、株価180倍と急成長させた。著書に『グレートゲーム・オブ・ビジネス 社員の能力をフルに引き出す最強のマネジメント』『その仕事は利益につながっていますか? 経営数字の「見える化」が社員を変える』ほか。

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

「ただ絵を描くのが好き」っていう、そこにいつでも立ち戻らないと。それは、一番最初のモチベーションですよね。


林野宏

いまの会社に赴任して私が最初にしたのはライバル企業への挨拶です。彼らの多くは銀行からの出向者でカード事業の経験はなく、しかも2から3年で銀行に戻るのです。そこがライバル企業の弱点でした。こちらもノウハウや人脈がなかったですが、カードの時代が来るという先見性とやる気だけはありました。だから勝てると思ったのです。


和田毅

アメリカでの4年間は思うようにはいかなかったですけど、自分にとってはすごく勉強になった日々でした。マイナー時代には、若い選手に交じってバスで12時間、15時間っていう移動も経験したしね。それまで全く知らなかった、マイナーでくすぶっていて「なんとしてもメジャーに上がってやる」っていう闘志をもった選手の気持ちや、一生懸命リハビリして復帰を目指している人の気持ちもわかるようになりましたから。


萩本欽一

現実を考えるとつらいだけのときは、無理矢理でも明るい未来を考えているのがいいの。いつかきっと不運から抜け出せるときはくるから。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

気持ちの問題ですが、財布はお金の窓口。モテる男性は、まめに女性の喜ぶことをしますが、お金も同じで、お金にモテようと思ったら、レシートはため込まない、カードでパンパンにしない、小銭を入れすぎない。お金が喜ぶようなスッキリきれいな財布環境を保っておくべきでしょうね。


古舘伊知郎

もし、どうしても体や心が限界だと、いよいよ拒否反応を示したら、その時は辞めればいい。それまでは心身がキツくても、「いい副作用」があると思ってやり続けてたいですね。見切りをつけるのが3日目なのか3年目なのかで、自分に残るものが変わってきますから。


島田裕巳

宗教は、その社会の価値観やシステムとも深く連動しています。宗教を知ることは、その国の本質の部分を知る重要な手がかりになるのです。


ウィリアム・ウェルドン

時代の変化に応じて変えていかなければならないものもありますが、その一方で変えずに守っていかなければならないものがあります。我々にとってそれは、クレドという哲学と、それに基づく経営の4つの原則なのです。これらを維持することが今後も当社に成長をもたらしてくれると信じています。


小林健(三菱商事)

商社の仕事は忍耐強く取り組むことも、非常に大事。


藤田晋

良くも悪くも自分のキャラがしっかりあり、そのキャラを破るような対応を柔軟にできる人が「優秀な人」であり、出世していくのだと思います。無色透明の人が出世していくことは、ほぼありません。


水野和敏

「会社にいても自分の車が作れない」と自分だけしか見えていなくて、それだけ自分中心だったからこそ迷っていた。でも、商品は人を喜ばせるためのもの、と心底わかればそれまで見えていなかったものが見えるようになって、ようやく何のために仕事をしているのかがクリアになったんだ。


横山信弘

みなさんに提案したいのは、自分が会議を主催する立場なら、会議を半年間止めてみることです。それが怖いのなら、月に2回やっていた会議を1回に減らしてみてください。ポイントは、1回あたりの会議の時間ではなく、回数を減らすことです。回数を減らすことで、会議によって実務が分断されることが減り、仕事の生産性が上がるからです。これまで会議漬けだった人ほど、時間に余裕ができるでしょう。そのぶん、部下との会話やミーティングの回数を増やせば、意思の伝達がスムーズになり、さらに会議の回数を減らせます。


若林正恭

枠があっても、「はみ出しちゃおう!」と思う人もいると思うんですけど、僕は枠があれば気をつける人間なんです。でも本には枠がない……というか、大きい。だから本に対する信頼が、高校時代くらいからずっとあるんだと思う。マイノリティーからマイノリティーにしか伝わらないようなことも書いてあるし、本当に多種多様。こんなにいろんな考え方を受け入れる媒体って、やっぱり本なんじゃないですかね。


進藤晶弘

バブルが弾けて受注の伸びに陰りが見え始めたとき、メガチップスの進むべき方向を決める岐路に立たされました。私自身は大企業の下請けになるよりも自主独立路線を歩むべきだと思っていました。しかし、人生の重みはみんな平等であるとの考えから、今後の進むべき道をみんなで決めることにしたのです。判断のよりどころを得るため、事前に無記名で会社の価値観すなわち「経営理念」「行動指針」「経営原則」に関して意見を提出してもらい、そして20数人の社員と兵庫県の有馬温泉で合宿、真剣な議論を行いました。大議論の末に「経営原則」を決し、下請けの道よりも、自主独立の道を歩むとの結論に達しました。


内藤誼人

自分のレベルより、ちょっと上の難易度の問題に取り組むと、より鍛えられます。これを、スポーツ心理学でオーバーロード(過負荷)の原則と言います。


ページの先頭へ