名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャック・シェーファー(心理学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャック・シェーファー(心理学者)のプロフィール

ジャック・シェーファー。アメリカの心理学者、諜報コンサルタント。FBI(米国連邦捜査局)捜査官・行動分析官・特別捜査官などを経てウエスタンイリノイ大学教授に就任。共著に『元FBI捜査官が教える心を支配する方法』。

ジャック・シェーファー(心理学者)の名言 一覧

自分自身に焦点を当てないようにすること。それが成功の秘訣。


相手に好意を持ってもらうことが、仕事を完遂させるためのカギ。


仕事ができる人ほど、人の心をすばやく読み取ることを体得している。しかも彼らのほとんどが、それを無意識のうちに学んでいる。


世界のどこでも、いかなる年代のどのような地位の人に対しても、100%通用する「黄金の法則」があります。それは相手をいい気分にさせること。そうすれば相手はあなたを好きになり、助けてくれます。


人の心を完璧に読み取ることなど誰にもできない。ただし、しぐさという言葉を伴わないシグナルを観察することによって、限りなくそれに近いことができるようになる。


ジャック・シェーファー(心理学者)の経歴・略歴

ジャック・シェーファー。アメリカの心理学者、諜報コンサルタント。FBI(米国連邦捜査局)捜査官・行動分析官・特別捜査官などを経てウエスタンイリノイ大学教授に就任。共著に『元FBI捜査官が教える心を支配する方法』。

他の記事も読んでみる

古川裕倫

いまの若いビジネスマンは、学生時代から正解に最短距離でたどり着く勉強法に慣れている。欲しい情報はインターネットで検索すれば、瞬時に入手できる時代になった。その結果、安易に正解を求めるようになり、望んでいた結果が得られない状況を受け入れられなくなっているんです。それが失敗への不安を増長させ、失敗を他人の責任にしたがる傾向につながっていると言えるんです。


木村沙織

トップアスリートにとって根拠ない自信は絶対に大事なんですよ。特に、五輪の舞台でこのワンプレーが勝敗を分けるという場面では。


廣田尚子

自分では天職かどうかはわかりませんが、いまの仕事の面白さは、社会人になってから実感しました。良くも悪くも自分の力を正直に見切る力があれば、天職は見つかるのではないでしょうか。


坂本孝

中古業界は新品業界の活性化無くして成り立ちません。新刊書店が一般消費者に本を売っていただけるおかげで我々中古ビジネスが成り立っています。


カルロス・ゴーン

私が唯一残念に思う点は、当社において日本人の経営リーダーが十分に育っていないことです。開発やデザイン、生産部門の長などモノづくりの分野には十分いますが、たとえば中国、タイ、フランス、イギリスのそれぞれの長といったポストに十分な日本人がいない。世界的に見ても日本人のビジネスリーダーが少ないのです。


堺屋太一

組織のリーダーや経営者は、自分が所属する組織が、「死に至る病」に取りつかれていないか、急いで総点検していただきたい。組織が「死に至る病」は三つしかない。膨大な財力があり権限も大きい組織が潰れる原因は、①機能組織の共同体化、②環境への過剰適応、③成功体験への埋没、である。


古森重隆

印刷材料の営業担当だった30歳の頃、顧客の生の声を聞かせるため、技術者を顧客のもとに連れて行った。そこで辛辣な当社品への評価が響いたのだろう。技術陣もその後は改良に力を入れるようになった。


ロマン・アブラモヴィッチ

ああ、私が世間で何と言われているかは知ってるよ。でもロシアには、私も含めて若くて金持ちな人間がたくさんいる。そして長生きできないだろうから、稼いだら使ってしまうんだ。私の場合、一流のサッカークラブを持ちたいという夢を実現させているところ。動機を疑う人や、私のことを頭がおかしいと思っている人もいるけどね。短い人生だから、稼いだカネは使うよ。【覚書き|上記発言はチェルシーを買収した時の言葉】


伊本貴士

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


森下洋一

めまぐるしい変化の中で、我々は役立ち方を変えていかなくてはならない。我々には事業を社会のニーズにぴたりと合わせていく使命がある。


鈴井貴之

年齢を重ねるたびに、自分もどんどん「死」に近づいているなっていう実感もあって。そうなると、最期を迎えるとき、「偏屈なジジイだったよな」って思われるより、みんなに涙を流しながら哀しんでもらいたいっていう欲も出てくる。


石見浩一

面談して話を聞き、表情から悩みや要望を探る。評価する際にも、書面を渡すだけではなく、必ず会って話しながら伝える。こうしたダイレクトコミュニケーションを大切にしてこそ、現場の気づきを共有することもできるし、また人材を育成することもできるのです。