ジャック・シェーファー(心理学者)の名言

ジャック・シェーファー(心理学者)のプロフィール

ジャック・シェーファー。アメリカの心理学者、諜報コンサルタント。FBI(米国連邦捜査局)捜査官・行動分析官・特別捜査官などを経てウエスタンイリノイ大学教授に就任。共著に『元FBI捜査官が教える心を支配する方法』。

ジャック・シェーファー(心理学者)の名言 一覧

自分自身に焦点を当てないようにすること。それが成功の秘訣。


相手に好意を持ってもらうことが、仕事を完遂させるためのカギ。


仕事ができる人ほど、人の心をすばやく読み取ることを体得している。しかも彼らのほとんどが、それを無意識のうちに学んでいる。


世界のどこでも、いかなる年代のどのような地位の人に対しても、100%通用する「黄金の法則」があります。それは相手をいい気分にさせること。そうすれば相手はあなたを好きになり、助けてくれます。


人の心を完璧に読み取ることなど誰にもできない。ただし、しぐさという言葉を伴わないシグナルを観察することによって、限りなくそれに近いことができるようになる。


ジャック・シェーファー(心理学者)の経歴・略歴

ジャック・シェーファー。アメリカの心理学者、諜報コンサルタント。FBI(米国連邦捜査局)捜査官・行動分析官・特別捜査官などを経てウエスタンイリノイ大学教授に就任。共著に『元FBI捜査官が教える心を支配する方法』。

他の記事も読んでみる

栄和人

全員が全力で練習するからこそチーム力は上がる。ある程度几帳面でやる気がないとチームは強くならない。


柳井正

社内にいる経営者やその候補者からしても、いつかはグループのCEO(最高経営責任者)になれるということでないとモチベーションを持ってもらえませんから。
【覚書き|子供に会社を継がせない理由を聞かれての発言】


浅田すぐる

忙しい相手にとって「読まないと理解できない資料」は大きな負担。自分の時間も相手の時間もムダにしないためには、読まなくとも「ひと目で理解できる内容」に仕上げることが不可欠。


清水勝彦

2年前に米国から帰ってきまして、やはり日本は食事もおいしいし、住みやすく、いい国だと思います。問題がいろいろあっても、国民に危機感がないのは、そういう環境だからなんだろうと思います。


ムーギー・キム(金武貴)

どれだけ上司が一人ひとりの部下に目を配り、彼らの興味関心や成長段階にフィットする仕事を与えられているかが、部下の成長を促し、さらには「良い感情が渦巻く職場」を作っていくうえでカギを握る。良い感情というのは、「会社は自分のことを大切にしてくれている」「だからこそ、この会社、上司、同僚のためにひと肌脱ごう」といったもの。このような信頼関係構築能力こそがリーダーシップの基本とも言えます。


下嶋政幸

当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


出雲充

答えは、自分の専門分野と一番離れているところにある。違うものをインテグレート(統合)すると、すごくいいことがある。


成田靖也

よく「個々の売上はエクセルで共有」「ランキングも社内に掲示している」という社長はいますが、それは単なる「管理」にすぎません。重要なのは管理ではなく、人の感情に響く施策を行うこと。文字だけのメールや数字を紙で張り出しても、人の心は動きません。


太田肇

海外の企業を見ていると「個人をうまく生かしているな」と感じることがよくある。その理由を探ってみたところ、個人の仕事の分担・範囲がはっきりと定められ、その範囲において、末端の社員まで権限が委譲されていることが分かった。個人の仕事の範囲が明確であることから、個人の責任の範囲も明確となる。同時に、たとえば予算を使うような案件でも、認められた範囲内において、個人の裁量で判断できる。


ロバート・キャンベル

ひとつの物事を違う方向から眺めてみると、また新しい気づきがある。二つの側面を持つことで、可能性は何倍にも広がる。そういう意味でも、私の中にあるアメリカと日本の二面性は、様々な分野で発言する上で大いに役立っていると思います。


青野慶久

今は、皆が一律で同じ夢を見ている時代ではありません。誰もがカラーテレビをほしがったり、新幹線に乗りたがったりする時代ではない。一律的であることが効率的で楽しかった時代から、個性的であることが生産的で楽しい時代にシフトしているのです。


八代英輝

忙しくて家で残業するときも、家族でごはんを食べたり子供と遊ぶ時間は確保します。おもちゃの電車を走らせるために線路のレイアウトを真剣に考える子供の表情を見ていると、それだけでほほ笑ましい気持ちになるものです。


高田明(ジャパネットたかた)

ビジネスも人生もうまくいかないこともありますが、「やる!」と決め、信じてやり続ければ必ず成功する。


稲盛和夫

私はさほど悩みません。損得ではなく、「人間として何が正しいのか」、その一点で考える。自社にとって不利でも、正しいと思うことを選択するのであまり迷いません。


紗栄子

一番になりたいし、諦めたくない。こんな性格だから頑張れるのかもしれません。


ページの先頭へ