ジャック・アタリの名言

ジャック・アタリのプロフィール

ジャック・アタリ。フランスの経済学者、作家、思想家。アルジェリア出身。パリ政治学院卒業。仏大統領特別補佐官、ヨーロッパ復興開発銀行総裁などを務めた。

ジャック・アタリの名言 一覧

私の目的は予言を的中させることではない。むしろ、リスクを無視せず、正面から向き合うことで、惨禍を回避したいのだ。


ある国が自分たちだけを守れればいいと保護主義を取ることは、世界レベルでの紛争を巻き起こす火種にしかならない。


他人の幸せが自分の幸せと関係があるということに気づき、合理的な利他主義を選択したとき、世界はよりよい方向へ進むことができる。


次の一手を打つには、今、世界で起こっていることを正確に把握し、長期的な目線で、どの方向に舵を切るべきかを見抜く必要がある。


自分の利益ではなく、自分の子どもの利益を考えるべきだ。そして自分が老いたとき、面倒を見てくれるのは自分の子どもだけではなく、ほかの人の子どもでもある。だからこそ、これからの世界に必要なのは、利他主義というイデオロギーだ。


日本の経営者たちは率先して外国に出て、より多くのことを学ぶべきだ。そうすれば、外国人と接することで失うものよりも、得るもののほうがはるかに多いと気づくことができるだろう。


ジャック・アタリの経歴・略歴

ジャック・アタリ。フランスの経済学者、作家、思想家。アルジェリア出身。パリ政治学院卒業。仏大統領特別補佐官、ヨーロッパ復興開発銀行総裁などを務めた。

他の記事も読んでみる

出雲充

違うものを違うと言って済ませるのは簡単です。でも男性と女性とか、動物と植物とか、多くの人が心理的、物理的に遠いと思うところを頑張って統合する。そうすればイノベーションは必ず起こせる。


長井鞠子

にじみ出るような中身のある人間に誰しも簡単になれるわけではありません。であれば、せめて自分が思っていることを口に出して言葉にする訓練をしてほしい。


稲垣精二

変革のDNA、変わることを恐れないというのが第一生命の強み。当社はこれまでも様々な新しいことに取り組んできました。将来、さらに変化が激しくなる時代と言われていますが、そこで変化を恐れずに、むしろ変化を活用して、「変化活用力」で成長をしていこうという問いかけをしています。


長島一由

メリハリの大切さを痛感したのは市長選挙のときです。とくに最後の3日間は限界を超えた領域での選挙活動になるのです。でも、それではとても身体が持たない。だからこそ、しっかり仮眠をとる必要があるのですが、選挙活動では、頑張り続けることが精神安定剤になるんです。頑張っていない自分が怖い。そうやって、頑張るべきでないところで頑張ってしまうと、自己満足になっても、真の目標達成の努力とは言えません。


田代隼朗

当初はチェーン展開するつもりでラーメン店と中国料理店を展開していたのですが、店舗が増えていくに従い、「同じ屋号なのに味やサービスが違う」というクレームが多くなってきました。チェーンストア理論の勉強不足が原因だったのですが、それなら一層のこと各店舗ごとに店長のカラーを出してもらおうと思い、店長に多くの権限を与えたところ、繁盛しだしたんです。


大坂靖彦

89歳で死ぬと決めた日まで、あと17年しかありません。それまでにやりたいことがまだいっぱいあります。その計画をつくるのが楽しくて楽しくてたまらない毎日です。


アラン(哲学者)

頭を下げることや、ニコニコすることは、腹立ち・疑い・悲しみを不可能にするという長所がある。だからこそ社交や訪問、儀式や祝祭がいつでも喜ばれるのである。それは幸福を真似る機会である。そしてこの種の喜劇は、我々を確実に悲劇から解放するものだ。これは、つまらぬことではない。


和田裕美

同じ色同士なら、足しても同化するだけです。でも、違う色を置くと、互いの色を鮮明にし、今まで出したことのない色を作ることもできます。時には、あまりに合わず、しんどくなることもあるかもしれません。そんな時は「やっぱりこの組み合わせは無理」と分かっただけでも良しとしてください(笑)。


似鳥昭雄

私は常にまわりと逆を行くように意識していました。景気が良いときは比較的抑え気味で、景気が悪いときはスピードをゆるめずに進むのです。


包行均

コストアップ経営の時代が来ると思う。ダウンじゃなくて、アップね。品質問題が騒がれているけど、元をたどればコストダウンに行き着く。確かにコストダウンは必要でしょうけど、行き過ぎが品質の悪化を招いているんじゃないか、と。


菊間千乃

私は子供のころから、目標に向けて計画を立て、実行しないと気が済まない性格。


山本亮二郎

私たちは出資者から大切な資金を預かり運用しています。投資をして得るのは未公開株であり、冷静に考えると非常に責任の重いデリケートな仕事だと自覚している。投資先には厳しい意見も伝えなければならないケースがある。そういう場面では親しさが正しい判断を下すのに邪魔をすることがある。その弊害を考えるとお酒は必要ないと思う。常に自らを律する意識を持っていないといけない。
【覚え書き|投資先のベンチャー経営者と食事や飲み会をしない理由について語った言葉】


藤巻幸夫(藤巻幸大)

話すネタのインプットが増えたからといって、アドリブでいくらでも話せるわけではありません。他流試合、数場を踏むことが大事です。それで失敗を数限りなく経験してはじめて、僕のようにアドリブでも上手く話せるようになるんです。


鍵山秀三郎

夢を叶えるためには、大きなことより、むしろ日常の些細なことが大切。


小早川智明

何も見たことのない人間が伝聞で何かを語るのは危ない。勘違いで物事が進む恐れがある。現場の第一線に出て、汗をかいて、腹に落ちるまで見て回りたい。


ページの先頭へ