名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジャッキー・ロビンソンの名言

twitter Facebook はてブ

ジャッキー・ロビンソンのプロフィール

ジャッキー・ロビンソン。アメリカのプロ野球選手。メジャーリーグ初の黒人プレーヤー。ブルックリン・ドジャースで活躍し、盗塁王などのタイトルを獲得した選手。

ジャッキー・ロビンソンの名言 一覧

一流になれ、そうすればものが言える。
【覚書き:メジャーリーグ初の黒人選手として数多くの差別を受けてきたロビンソン選手の哲学を語った言葉。自分の地位を上げたいなら、誰もが認めるような実力をつけるべきだという趣旨の言葉】


ジャッキー・ロビンソンの経歴・略歴

ジャッキー・ロビンソン。アメリカのプロ野球選手。メジャーリーグ初の黒人プレーヤー。ブルックリン・ドジャースで活躍し、盗塁王などのタイトルを獲得した選手。

他の記事も読んでみる

竹内洋岳

考えた想像をどんどん修正していくことが重要。「このルートで登りたい」という願望から始まった登山でも、どんどん変わっていい。「計画通りにいかなかったら失敗」という考えは、少なくとも登山の世界にはありませんから。


名和秋

日々の練習はレーンでひたすら投げ込み。約3時間、ゲーム数にすると20ゲームぐらい。その間は水も飲まず、休まず投げ続けます。試合では朝から晩まで1日10ゲーム以上投げますから、同じフォームで投げ続ける力をつけておかないとダメなんです。レーンのコンディションは時間の経過と共に変化していくので、それに対応できるように朝昼晩様々な時間帯に練習しています。


日覺昭廣

東レの前身である東洋レーヨンの社是は「社会に奉仕する」でした。これを海外で投資家に説明した時、「東レは社会福祉団体か?」と酷評されました。しかし、東レの志は、企業理念を「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」と改めた今でも変わっていません。


アンジェラ・ダックワース

やり抜く力を育てるための習慣づくりは、どんなに小さなことでもかまいません。毎日、一つ目標を立て、昨日より上達すべく努力するのです。むしろ、小さければ小さいほど継続しやすくて望ましいといえます。一日にどれだけの量をこなしたとか、どれほどのパワーを注いだかではなく、充分な日数を費やして一つのことを続けていくことが最も大切なのです。


今西頼久

不動産事業を営む上では、お客さまの表向きの情報だけでなく、積み上げてきた歴史や過去の取引といった情報も知っている必要がある場面があります。この点はファミリービジネスと相性が良いのです。例えば「先代はこういうアプローチをしたから、今度はこの手で行こう」という対応も、父の代を深く知るからこそできることです。


佐治信忠

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。


ジェームス・フェリシアーノ

当社には患者さんを理解し、患者さんの視点で考える文化が根付いています。単なる薬の提供という範囲を超えて患者さんに寄り添い、その人生を応援するために、製薬企業として何ができるのかを常に考え、社員は日々疾患と向き合っています。


大西洋

商品数が減れば、売上が落ちてもおかしくありません。ところが新宿本店の改装で陳列商品点数が12%減りましたが、10%以上も販売額が伸びました。環境空間と売上の関係を定量的に分析するのは簡単ではありませんが、以前にも増してお客様がリラックスし、ワクワクしながら買い物を楽しめるようになったことがひとつの要因だと思っています。


小原誠

人を騙そうと近づいてくる輩はちょっとした心の隙を見逃さず、言葉巧みにつけこんでくる。


中瀬ゆかり

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


小倉昌男

経営者にとって、周囲の人間というのは極めて貴重な情報源である。そして意思決定の際に参考にする情報には、いいものも悪いものもなければいけない。ポジティブな要素とネガティブな要素を総合して、何かベターかを決めるのが、論理的な思考というものだ。ネガティブな要素があることを知らずに意思決定を行えば、まず間違いなく会社は悪い循環に突入していくだろう。


為末大

最近、スポーツ界では体罰が問題になりました。あれは言葉力不足が原因だと思います。言葉で自分の意図や意思をしっかり伝える技能が発達していないために、伝わらないことによるイライラが爆発し、体罰が起きているような気がします。言葉によって人生が変わることがやはりあるはずです。


熊野御堂厚

私の好きな言葉は「真摯に生きる」です。元々、九州人ですから曲がったことが嫌いです。また、会社に入ってからも、正しいと思うことをきちんとやる、物事に正面から取り組むということを実践してきたつもりです。そのことを言葉として表現すると「真摯に生きる」ということになるのかもしれません。


浅野敏雄

人材は必要ですが、それよりも必要なのは経営の意思。経営がしっかりと、グローバルに展開するんだという意思と戦略を示せば成功できる。


高橋興三(経営者)

いまや、様々な通信の進化、新たな技術は、米国が先行しているのは確かです。そうした意味でも、米国市場への再参入は、当社の通信技術をどのように磨いていけるかの挑戦でもあります。最先端技術を持ち、市場競争が激しい米国で揉まれていくことで、すべての商品で世界と戦っていける通信技術を磨いていきたい。