ジャッキー・ロビンソンの名言

ジャッキー・ロビンソンのプロフィール

ジャッキー・ロビンソン。アメリカのプロ野球選手。メジャーリーグ初の黒人プレーヤー。ブルックリン・ドジャースで活躍し、盗塁王などのタイトルを獲得した選手。

ジャッキー・ロビンソンの名言 一覧

一流になれ、そうすればものが言える。
【覚書き:メジャーリーグ初の黒人選手として数多くの差別を受けてきたロビンソン選手の哲学を語った言葉。自分の地位を上げたいなら、誰もが認めるような実力をつけるべきだという趣旨の言葉】


ジャッキー・ロビンソンの経歴・略歴

ジャッキー・ロビンソン。アメリカのプロ野球選手。メジャーリーグ初の黒人プレーヤー。ブルックリン・ドジャースで活躍し、盗塁王などのタイトルを獲得した選手。

他の記事も読んでみる

遠藤拓郎

極端に短い睡眠はよくないが、平日に睡眠が少し足りなくても、週末に不足分を補うことで、月曜の朝にはリセットできる。


スティーブ・ジョブズ

アップルには、きわめて大きな資産があるが、ある程度手をかけてやらなければ、会社はたぶん、たぶん……適切な言葉を探しているんだ……たぶん、死んでしまうだろう。


広野道子

無意識に優先順位を付けないとやっていられません。その日にやるべき重要なことから「15分以内の集中タイム」でどんどん処理していきます。


津賀一宏

大事なのはオープンマインドで、言うべきことは言え、聞くべきことは聞くという素直な心を持ったコミュニケーション力があるかどうか。


夢枕獏

売れない本もたくさん書いています。ヒットは出したいけれど、売れそうだと狙って書くことはしません。好きなことで売れなきゃ諦めもつくけど、そうじゃなきゃ虚しいだけでしょ。


ジェームズ・ダイソン

消費者は最新の製品を気に入ったかどうかで、そのブランドの好き嫌いを決める。ブランドのことばかり考え始めると、会社経営ばかりを優先してしまう。でも消費者は会社には興味がない。消費者は製品が好きなんだ。


清水信次

お金をためる方法は追っかけないこと。幸せも同じだね。追っかけなければついてくる。


畑村洋太郎

視察中にメモを取るのは時間の無駄でしょう。写真も必要以上は撮りません。それよりも、自分の目であちこち眺めて、脳に印象を植え付けるのです。写真に依存すると「あとで写真を見て確かめればいいや」と思ってしまいますから。


黒田如水(黒田官兵衛)

大将たる者は、威(威厳)というものがなければ万人を押さえつけることはできない。こしらえごとでいかにも威を身につけたように振舞ってみても、それはかえって大きな害になる。そのわけはひたすら諸人から恐れられるようにするのが威だと心得て、威丈高になる必要もないのに目をいからせ、言葉を荒々しくして、人の諌めも聞かず、非があってもごまかすから、家老もだんだん諫言を言わなくなり、身を引くようになってしまう。このように高慢で、人をないがしろにするから、万民は疎み、家を失い滅んでしまうから、よく心得るべきである。


野田一夫

会社で認められなければ、米国なら転職します。勤め人で、最初に入った会社に40年もいるほうが変わっているわけだ。別の会社に行けば才能を発揮できる者が才能を認めない会社にい続けるというのは、社会全体で見ても大きな損失ですよ。


斎藤敏一

伸びる人は好奇心があり、自分が面白いと思うことを試す人です。


植木義晴

リストラのさなか、稲盛(和夫)会長に「やっぱり苦しいです」と打ち明けたことがあります。それに対し「君の大義はどこにある。残った社員とその家族の生活を守ることが、君に与えられた大義ではないのか。大義をしっかりと背負ったとき、人間は本当に強くなれるんだよ」と言われ、沈んだ心が鼓舞されました。目先の理屈や情にとらわれるのではなく、何を志して役員になったのかをもう一度考え直さないと。


知識賢治

「弱さを受け入れる謙虚さ」については、最近になって、改めてその重要性を実感することが多い。これは謙遜ではなく、「自分はまだまだ未熟だ」と感じることが、本当によくあるのです。その弱さを素直に受け入れれば、さらに自分を高めていくにはどうすべきかを考えることができます。


田中仁(経営者)

起業で成功したいなら、第一に「好きなこと」をやることが大事なのではないかと思います。よく「起業したいけど、やりたいことがわからない」と言う人がいますけど、みんな本当は、やりたいことが何かしらあるのではないでしょうか。その思いを大事にしてチャレンジすることが重要で、二の足を踏んでしまうようなら、それほど好きではないということです。


酒井秀樹

未来は誰にも見通せません。先がわからない中で経営者は何をすべきか。私は、大いなる野望を持つ一方、毎日やるべきことを緻密に実行していこうと考えました。野望については、入社したときから胸の内に秘めていました。この会社を大企業と肩を並べられる存在にしようと。


ページの先頭へ