ジャスパー・チャンの名言

ジャスパー・チャンのプロフィール

ジャスパー・チャン。香港生まれの経営者。アマゾンドットコムを運営するアマゾンジャパン社長。香港大学工業工学部卒業後、キャセイパシフィック航空、P&G(プロクター&ギャンブル)、カナダ・ヨーク大学でMBA取得、P&G北東アジア地域ヘルス・ビューティー・アンド・フード・アンド・ビバレッジ部門ファイナンス・マネージャーなどを経てアマゾンジャパンに移り社長に就任。

ジャスパー・チャンの名言 一覧

私はいまでも毎日が「Day One(始まりの日)」だと考えています。「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」というミッションに向けて、毎日、新しいスタートを切っているつもりです。


苦労はいろいろありましたが、まず苦心したのはチームづくり。みな同じ情熱やミッションを持ち、お客様のことも同じように理解をする。そうしたチームを日本でつくっていくことが大変でした。


テクノロジーを使って解決すべき難しい問題はいろいろあります。ただ、世界にはプレーヤーがたくさんいて、アマゾンはその中の一つにすぎません。私たちはあらゆることをやるわけではなく、優先順位を設定しています。しっかりフォーカスをしていきます。


ミッションや戦略はグローバル企業として同じものを掲げています。ただ、お客様に提供するサービスの内容や品揃えは各国で考えて決めています。お客様にどうすればベストなサービスを提供できるかを、日本の人たちとともに考えています。


(日本の百貨店や小売店は)アマゾンが理由で売り上げが減っているわけではないのでは。小売業全体でのアマゾンの存在はまだまだ小さいものです。その中で私たちはお客様、そしてイノベーションにフォーカスをしている。最終的に決めるのはお客様です。


まず私どもはお客様のニーズを真っ先に考えます。たとえばデジカメを買うにしても、ただ商品を掲示しているわけではありません。そのデジカメに関して一番いい情報、価格、そして商品が入手できるかどうかなどの情報をすべて掲載します。ですから同じデジカメに関して、他店舗の販売価格も同じページ内で比較検討することができる。これがお客様にとって最善のオファーになる。


伝統的な小売業がなくなるとは思いませんし、私たちがそれに取って代わるとも考えていません。むしろ共存することで、それぞれ違う体験をお客様に提供していけると考えているんです。


我々は他社にそこまで神経を使っていません。アマゾンが神経をとがらせているのは、品揃え、低価格、配達スピードなど、顧客サービスをいかによくするかです。


日本での数字は開示していませんが、同様の伸びを見せ、すべてのカテゴリーで売上高は前年比を上回っています。書籍のような従来展開しているカテゴリーでも、品ぞろえを増やし、成長の余地はまだまだあります。


書籍から開始したアマゾンジャパンですが、家電や玩具、キッチン用品、07年にはファッションにも参入しました。足元では、市場が大きい食品などにも布石を打っています。地球上で最も豊富な品ぞろえを持ち、最もお客様を大切にする。これがアマゾンのミッションです。このミッションから考えて、日本については非常に満足しています。


日本でもM&Aはオープンに考えています。ただ、急いでいるわけではありません。イノベーションをもたらす会社なのか、アマゾン同様に顧客中心の文化を持った会社なのかなどを、厳しく吟味、検討しています。


私には、アマゾンにおいて多くのリーダーを育てるというミッションもある。アマゾンにはリーダーシップの原則が14項目あり、私がなかでも特に重要だと考えているのは、常にお客様のことを考えること。そして、何かを選ばなくてはいけないときに正しく判断すること。アマゾンでは一人ひとりがみなリーダーで、それぞれの仕事で素晴らしい仕事をしてくれますから、皆のリーダーシップを引き出していきたいです。


たとえばインターネットで商品を販売するのはアマゾンが初めてやったこと。さらにインターネットで販売した商品を非常に速いスピードで届けるサービスも、それまでありませんでした。これらはまさに歴史をつくったといえますが、これで満足していてはいけない。成し遂げるべきことの基準をさらに高めていきます。


私たちが数字(ユーザー数など)をあまり開示しない理由は2つあります。1つは、ユーザーにとってあまり重要ではないから。お客様にとって大切なのは、あくまでもサービスの中身です。もう1つは、常に成長を続けている会社だから。いまも始まったばかりのような感覚で、日々、サービスの改善に取り組んでいます。だから規模はあまり関係ないし、私たちも意識していません。その点をご理解いただければと。


私たちは競合の動向にあまりフォーカスしていません。ただ、胸を張っていえるのは、日本のお客様のために長い期間をかけて一からアレクサ(AIスピーカー)を開発してきたということ。また、すでに多くのデベロッパーが、とアレクサのスキルキットを使ってスキルの開発をしてくれている点も強みだと考えています。


アマゾンが一般の書店と一番大きく違う点は、実際の顧客の需要をもとに書籍の購入を行っているということです。つまり、「お客様が何を見て、どこをクリックしているのか」といったデータを見ることで需要を上手に予測することができるのです。アマゾンはデータの量が膨大ですので、需要予測の精度も高くなり、それによって発注を行うので、不良在庫が減り、返本率も低く抑えられるのです。


「Work Hard, Have Fun, Make History」。創業者のジェフ・ベゾスがアマゾン設立のときに語った、アマゾニアンの行動規範です。「Work Hard」は、一生懸命働くということ。もちろんやみくもに頑張るだけでは意味がありません。お客様第一というミッションのためにハードワークます。「Have Fun」、つまり楽しむことも大切で、私たち自身が楽しみ、お客様に素晴らしさを伝えていきたいと考えています。最後の「Make History」も重要な考え方。私たちは前例のないことにチャレンジして、お客様の生活や人生にいい影響を与えようとしています。


私たちは自分たちのことをテクノロジーの会社だと考えています。情熱を持って、お客様にフォーカスをして、彼らの利便性を高めるために、テクノロジーを使うのです。たとえば個人のお客様には、ショッピングをやりやすくするとか、面白いビデオを見つけやすくするということにテクノロジーを活用しています。法人のお客様にも、コンピューティングの世界で便利なサービスをいろいろと提供しています。


ジャスパー・チャンの経歴・略歴

ジャスパー・チャン。香港生まれの経営者。アマゾンドットコムを運営するアマゾンジャパン社長。香港大学工業工学部卒業後、キャセイパシフィック航空、P&G(プロクター&ギャンブル)、カナダ・ヨーク大学でMBA取得、P&G北東アジア地域ヘルス・ビューティー・アンド・フード・アンド・ビバレッジ部門ファイナンス・マネージャーなどを経てアマゾンジャパンに移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

ショーンK

私たちは目標が明確で、その目標を達成できるという自信があるときは、少々の困難に直面しても乗り越えることができます。しかし、目標と自信を失い、他の人からも否定されれば、途端に精神的に弱い存在になります。たとえるなら、地図も羅針盤もなくした状態で、たった一人、森の中に放り出されてしまったようなものですからね。


エディ夫人

真理は不滅である。過失は致命である。


清田瞭

自分が信じること、自分が確実だと思ったことを話す方が、自信もあるわけですから、話すうえで力が入りますし、説得力も出ます。相手にも自ずとそれが伝わります。営業活動をするうえで、このことは実に重要なことだと私は考えています。


大井川和彦

国内市場が縮小する中では農産物輸出を本格化させなければいけませんが、海外で売るにはトップブランドでなければ相手にしてもらえないという事情もあります。「この程度でいいや」ではなく、「もっと上を目指す」「世界に出る」という意識に変えていくことが重要なんですよ。


トーマス・カーライル

ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者はすべて、世界の支配者ではなかろうか。


森川亮

朝起きた時から頭がしっかり働き、体はシャキッとしている。疲れにくく集中力が長く持続する。疲れたら、すぐに疲労を回復させ、ストレスを発散させる。そして次の日も全力で仕事ができる。そういうベストなコンディションを整えるために、健康管理はとても大切。


コシノジュンコ

好きになるものは、最初は遊びであることが多いかもしれません。遊んでいるうちに、それが好きになる。ですから、遊ぶことは、魅力的なブランドをつくる自分を育てる上で、とても大事。


堀江貴文

僕が一番大切にしているのは、毎日を退屈せずに楽しく過ごすことです。つらかったのは捕まったときぐらいで、起業してからの人生はずっと楽しかった。僕は、生まれ変わっても絶対に起業すると思います。いや、もっと早く、小学生ぐらいで起業できれば最高だったとさえ思っています。


廣瀬光雄

いろいろな考え方がある中で、人が考えない少し違うやり方を見つけ出す。それが、私自身の経験から培ってきた発想です。


下村朱美

エステティックは日本語で「美学」と訳しますが、美しい人をつくるお手伝いをしている私たちの仕事も尊いものだと感じています。エステティシャンは、まず理論や技術、商材などの知識を付けることが必要ですが、それらの勉強を習得したら、「美とは何か」という永遠のテーマを追求することが大切になってきます。


日和佐信子

現場の判断に任せるという姿勢だけでは社員は本当につらいと思います。ルールに対して明確なメッセージをわかりやすく発信するのがトップの務めです。


森崎博之

稽古初日はいい感じでうわずりましたよ。気合いはみなぎってるんですけど、体がついてこない(笑)。子供の運動会で、お父さん一生懸命走ったけど転んじゃったみたいな(笑)。でもやっぱり、いい意味で高揚感がありますね。


安田佳生

企業は人なりといいます。どんな製品やサービスも、それをつくるのは人であり、売るのも人です。そこで、多くの経営者は、ビジネスマンなど最前線で働く人たちをイメージして社員を採用しようとします。しかし私は、勝負のカギは中間層が握っていると考えています。いわば30代前半のマネジャークラスです。大手と中小企業では、この層の厚さが違います。私は長年、中小企業を中心とした採用活動をサポートして核になる人物をつかんだ会社が伸びるということを実感しています。


久水宏之

イノベーションこそが難局をこえる鍵。


橘俊夫

我々が何をいくら提供しても、そこで止まってしまうようなお金であるならば初めから出さないほうが良い。それによって結果何が生まれたのかということを誇る財団にしなければならない。


ページの先頭へ