名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャコモ・カサノヴァの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャコモ・カサノヴァのプロフィール

ジャコモ・カサノヴァ。イタリアの作家、ビジネスマン、外交官、政治家、スパイ、哲学者、魔術師、劇作家など多くの職業を持った人物。多くの女性と性的な関係を結び、波乱万丈な人生を送った。そのドラマチックな生涯に魅了され、フェリーニ監督をはじめ多くの監督がカサノヴァの人生を映画化した。

ジャコモ・カサノヴァの名言 一覧

相手を泣かせようと思うときは、まず自分から泣いてかからなければならない。だが笑わせようとするときは、自分は真面目ぶって構えていなければならない。


女性が同じ顔、同じ性質、同じ性格をしていたのなら、男は決して不貞を働かぬだけでなく、恋をすることもないだろう。


ジャコモ・カサノヴァの経歴・略歴

ジャコモ・カサノヴァ。イタリアの作家、ビジネスマン、外交官、政治家、スパイ、哲学者、魔術師、劇作家など多くの職業を持った人物。多くの女性と性的な関係を結び、波乱万丈な人生を送った。そのドラマチックな生涯に魅了され、フェリーニ監督をはじめ多くの監督がカサノヴァの人生を映画化した。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

会話で誰かの悪口を言うと、「この人は、他所で自分の悪口を言うのではないか」と思われてしまいます。「あなただけにお話しするのですが……」という話し方も、「他所でも、こういう話し方をしているのだろうな」と思われます。すると、「この人は裏切るかもしれない」と思われて、信頼してもらえません。


野村総一郎

ストレス耐性は、その人のものの考え方によって変わってきます。ストレスに弱い人は、ものの考え方を変えていく必要があるでしょう。


高橋智隆

ヒューマノイドロボットの存在意義を突き詰めて考えていくと、答えは1つしかない。結局、その存在を擬人化してとらえることができて、人がコミュニケーションを取ろうと思える。そこに尽きるんです。人間の音声に従って動く機械は、既にたくさん存在します。でも、カーナビゲーションシステムの音声コントロールや音声ワープロソフトを使う人はかなりの少数派でしょう。人は四角い箱に話しかけることに抵抗があるからです。でも、人間は擬人化できるもの、命を感じられるものには抵抗なく話しかけられる。飼っている金魚やぬいぐるみなど、対象を擬人化さえできれば、知性の高低は関係ない。


家本賢太郎

人によって言語が違うことを実感するようになったのは、子供が生まれてからです。3歳と5歳でも、ものごとの説明の仕方が違います。これは、上司と部下のコミュニケーションでも同じだと思います。人によって言語が違っているので、画一的な言語では話せません。共通の言語は何かを探ることが大事です。話が通じないのは、上司の話し方が悪いのでも、部下が悪いのでもありません。「どっちが悪い」という議論では何も解決しません。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


岡野雅行(岡野工業)

いい仕事をしていたら、お金なんて後から入ってくる。仕事をしていないからお金が入ってこない。これは原理原則だよ。


齋藤孝(教育学者)

集中力が続く時間には個人差もありますが、長い人でもせいぜい30分といったところでしょう。ですから仕事に取りかかって20から30分たったら机から立ち上がり、軽くストレッチをし、丹田呼吸を行って仕事に戻るのが効率を上げるコツだと思います。


鈴木宏彦

羽生(善治)二冠は対局中の昼休みに他の対局を一通り見て回ります。そこで互いがどういう戦略でぶつかり、今に至ったのか、1局につき数分で情勢を解析する。そこから得たヒントを、後日の自分の対局に活かすのです。瞬時の判断を繰り返すことで情報と分析が蓄積されていきます。


仲暁子

大学に進んでからは、思いついたことに次々とチャレンジしました。立ち上げが得意な半面、育てるのは苦手で、悪くいうとやりっぱなしみたいな感じでもあったのですが、世の中、立ち上げる人の方が希少価値が高いということが分かってきたのもその頃です。


サマセット・モーム

老齢を堪えがたくするものは、精神・肉体の働きが衰えていくことではない。思い出の重荷である。


苦瓜達郎

(買った銘柄が上がったときに思うのは)ラッキー、ですかね(笑)。いや。あんまりそこで、(自分のやり方が)正しいと考え過ぎない方がいいんだと思うんですよ。勝ちはすべて、運が良かったと思うくらいでちょうどいい。


冨安徳久

星の数ほどある職業ですが、全ての仕事には意味と意義と役割がある。会社の経営理念や考え方を、入社したときに教えるのは当然です。しかし、一度教えて終わりではなく、何度も繰り返す必要があるのです。