名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャコモ・カサノヴァの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャコモ・カサノヴァのプロフィール

ジャコモ・カサノヴァ。イタリアの作家、ビジネスマン、外交官、政治家、スパイ、哲学者、魔術師、劇作家など多くの職業を持った人物。多くの女性と性的な関係を結び、波乱万丈な人生を送った。そのドラマチックな生涯に魅了され、フェリーニ監督をはじめ多くの監督がカサノヴァの人生を映画化した。

ジャコモ・カサノヴァの名言 一覧

相手を泣かせようと思うときは、まず自分から泣いてかからなければならない。だが笑わせようとするときは、自分は真面目ぶって構えていなければならない。


女性が同じ顔、同じ性質、同じ性格をしていたのなら、男は決して不貞を働かぬだけでなく、恋をすることもないだろう。


ジャコモ・カサノヴァの経歴・略歴

ジャコモ・カサノヴァ。イタリアの作家、ビジネスマン、外交官、政治家、スパイ、哲学者、魔術師、劇作家など多くの職業を持った人物。多くの女性と性的な関係を結び、波乱万丈な人生を送った。そのドラマチックな生涯に魅了され、フェリーニ監督をはじめ多くの監督がカサノヴァの人生を映画化した。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

部下がアプローチを止めてしまったらどうすればいいのか。一度諦めた部下を立ち直らせるには、うまくいかない原因を特定して、改善が可能であることを示すことが大切だ。部下に諦めない営業を強いるのだから、上司も諦めないマネジメントで、部下を粘り強くフォローしていきたい。


田中仁(経営者)

イノベーションは常識的な人には起こりません。私が知る成功した経営者はほぼ全員、ある種の非常識人です。大手企業で出世できるような人は一人もいない。


田口佳史

人間は「いま、ここ」でしか生きられません。いま、ここでやると心を決められるかどうかで人間は変わる。それが覚悟。


芳井敬一

私がどういう場面でバトンを受け取ったかというと期の途中です。大野(直竹)前社長が健康上の理由で退任したことによるバトンですから、樋口(武男)会長、大野社長でつくった第5次中期経営計画を、大野が描いていたところで収めることが大事です。私は営業本部長として大野の横にいましたから、どの数字で収めたいかは共有できていたと思っています。自分がこの席を与えていただいて、まずそれが一番やるべきことだと思います。


志賀俊之

ノンコア事業を抱え込んでいることが経営者として正しいとは思いません。そうしたノンコア事業には人材も資金も十分割けないので、発展性がありません。その結果、会社全体が弱くなるケースが増えています。勇気ある経営者はノンコアを思い切って外に出し、他とくっつける。


浜田広

売上高は、たんに利益を生み出すための手段ではありません。利益はもちろん重要ですが、売上そのものも極めて大事な数字なのです。経営学者のピーター・ドラッカー氏は、経営とは「顧客の創造を手際よくやることだ」と言っています。リコーは売上がありながら、営業赤字を出してしまった。これは「手際よく」ということが下手だったということです。例えて言えば、お客様に1億円の商品・サービスを提供するのに、1億1000万円かかってしまった。1億1000万円かけて提供したものが、お客さまからは1億円しか認めてもらえなかったということなのです。


佐々木常夫

困難や逆境をダフにくぐり抜けてきた人というのは、いいリーダーになりやすいものです。順風満帆な人生を送ってきた人より一回りも二回りもスケールの大きなものの見方ができますし、自分が苦労をした分、人の気持ちが分かるからです。逆境は本当に人間を大きくしてくれます。


河村泰貴

飲食業で付加価値と言えば従来、産地にこだわるなど、食材のグレードを上げることばかりに意識が向きがちだった。だが今は店舗で心地よく過ごしてもらうなどの「体験」を総合して、付加価値として提供する必要がある。レストラン業はこれからも我々の主力事業だが、より広い意味で「飲食業」を再定義する必要があると考えている。


高橋智隆

可もなく不可もない「無難なもの」を作って勝負できるのは、横綱相撲が許される超大手企業くらい。そしてそこからイノベーションは生まれません。だから「尖がってなんぼ」なんです。


佐々木義孝

理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


蓮舫

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


石坂典子

私は創業者の娘ですから、父親の背中を見て育ってきています。裸一貫から、ダンプ1台から始めてきた父です。すごい仕事だなというのは、この会社に入るときまで分からなかった。人様が嫌がる仕事、汚いゴミを分ける仕事をする社員さんたちを見たんですね。当時は露天ですよ。屋根もかかっていない。冬は寒い。夏は暑い。雨の日もカッパを着て仕事をしてゴミを分けているんですよ。普通の人はやりたがらない仕事ですね。そういう仕事をやって、社会に埋める廃棄物を減らしていくという、この人たちの報われる環境というのがあるのかって思ったのが最初でした。