名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジャクリーン・ケネディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャクリーン・ケネディのプロフィール

ジャクリーン・リー・ブーヴィエ・ケネディ・オナシス。ニューヨーク州出身。ジョージ・ワシントン大学卒業後、ワシントン・タイムズ・ヘラルド紙の記者になる。のちに第35代アメリカ大統領になったジョン・F・ケネディと結婚。夫を目の前で暗殺される。その後、ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスと結婚。

ジャクリーン・ケネディの名言 一覧

ご自身でいなきゃダメ! そんなことをしたら、本当の自分を偽り、本当に言いたい事を他人のお面をかぶって言うことになってしまうわ。そんなことより、ご自分にとってもっと大事なことに専念なさい。


ジャクリーン・ケネディの経歴・略歴

ジャクリーン・リー・ブーヴィエ・ケネディ・オナシス。ニューヨーク州出身。ジョージ・ワシントン大学卒業後、ワシントン・タイムズ・ヘラルド紙の記者になる。のちに第35代アメリカ大統領になったジョン・F・ケネディと結婚。夫を目の前で暗殺される。その後、ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスと結婚。

他の記事も読んでみる

岡田光信

大きな宇宙船をつくって移動させながら1個ずつ獲っていくより、小さな捕獲衛星を打ち上げて1回1個のほうがコストを抑えられます。具体的な額はまだいえませんが、10億円を切る額にしたい。衛星を小型化しているので、お客様の衛星を打ち上げるときに一緒に横に乗っていく「相乗り」が可能です。そうすればコストを抑えられます。


中村和男

人間はいつか必ず死ぬわけですが、一人でも多くの方が満足感を伴い「人生を全うした」といえるような最期を迎えるために、何が本当に必要かが問われています。限られた国家予算を、誰にどのくらいの割合で配分するかといった難問と同時に、個人の幸福を実現するための国際的な倫理の議論にも向き合わなければなりません。薬による治療だけでなく、予防という観点も重要になりますね。個別化医療というのは、このような価値観の問題に、真摯に向き合っていくことも含まれます。


内田幸雄

日本鉱業に入り、37歳で企画室の課長となってからずっと企画畑を歩いてきた。当時の上司から受けた「考えるときは制約を設けず大胆に、実行するときは慎重に」という助言が座右の銘になっている。


江上治

1億円稼げる人たちは、自己投資にかけるお金を決して惜しまない。稼いだお金を自己投資に使わず、すぐにキャバクラで遊んだりする人は、まず生きたお金の使い方を学んだほうがいい。


浅野悦男(農業)

おこがましくも、「お客さんじゃなくてファンになってもらおう」と言うんだから、新しいことに挑戦し続けるのは当たり前。挑戦するからこそ、興味を持ってもらえるし、失敗を越えてまた挑戦するから、信頼もしてもらえる。失敗を通して信頼してもらえた関係は、強いですよ。値段や肩書、お上のお墨付きとは比べものになりません。


石田宏樹

最終商材を作る時に僅かでも言い訳があると、良質な商品はできない。


豊田義博

最近の仕事は、マニュアル化と細分化が進み、自分が担当している仕事が、大きな流れの中でどんな役割を占めているのかという全体像や、社会に対してどんな価値を提供しているのかというストーリーが描きにくい。意義か見えない、つまらない仕事ばかりであれば、能動的に取り組もうというモチベーションは生まれにくい。指示待ちになるのもいたしかたない。


森澤篤

一見ちょっとしたことでも、結果としてビジネスを大きく変えるようなアイデアを思いつく力、それこそがビジネスで本当に意味のある創造力であり、ビジネスパーソンに必要な創造性だ。


冨安徳久

社員には人生観と仕事観を教育するようにしています。「あなたの人生は葬儀という仕事を通じて誰かの役に立っている」と気付かせる。人生観と仕事観が一致すれば、仕事が自分の満足に繋がります。仕事はあくまで幸せになるための手段であり、一番大切なのは自分の人生です。ご遺族のために働くことが、自分の幸せに繋がるようになれば、マニュアルを超えて一生懸命尽くすようになり、感動を生み出せます。


藤田晋

参入するタイミングは、ちょっと早いくらいなら良い。遅過ぎたら終わり。


トム・クルーズ

僕は自分がやっていることが大好きなんだ。自分のやっていることにとても誇りを持っている。そして物事を半分だけとか、4分の3、10分の9なんかで終わらせることはできないんだ。一度やると決めたら、最後までやり通すのが僕なんだ。


柳井正

今は、世界中の人と競争していかなければならない時代です。ただそれは同時に、「世界中の人にチャンスがある」ということでもあります。今は、ネットなどを通じて、世界中とつながることもできます。その中で日本の若い人に、もっと活躍してほしいと思っています。