名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジャガー横田の名言

twitter Facebook はてブ

ジャガー横田のプロフィール

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

ジャガー横田の名言 一覧

人生に波はつきものだから、苦しいときも諦めないで。頑張り続けていれば、必ず状況はいい方向に変わってくるよ。


人生って、ふっとタイミングが合うときが必ず来るものです。30代というのは、仕事でもプライベートでも変化が多い時期で、壁にぶつかったりもするでしょう。でも、試練を乗り越えたからこそ出会える幸せもあります。


振り返って思うのは、33歳での現役復帰は絶妙のタイミングだったということです。最初の現役のときは、無我夢中で周りを見る余裕がなかったし、とくにチャンピオンになってからは、「強いジャガー」のイメージを守ろうと自分を縛りすぎていたところがありました。でも、年齢を重ねると肩の力が抜けるんですね。2度目の現役生活は自然体で取り組め、新しい世界が広がりました。


ジャガー横田の経歴・略歴

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

他の記事も読んでみる

曽山哲人

人事施策は、何より経営成果にフォーカスするべき。


林野宏

新入社員には単純作業だけでなく、自分の頭で考える仕事を同時並行で与えなければダメです。指示が細かくなるのは当然ですが、能力が上がれば簡略ですむようになっていきます。


スティーブン・コヴィー

場当たり的な詰め込み主義で作業することの愚かさを考えたことがあるだろうか。春に種まきをせず、夏は遊びほうけて、秋になってから収穫を得ようと必死になって頑張る。そのようなことは到底不可能なことなのだ。蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はないのである。


細谷功

仕事で成果を出せる人とそうでない人の違いは、頭の良さというよりも、じつは「考えているか、いないか」という点にあります。もっと厳密にいえば、「考える」という行為の前には「考え始める」という高いハードルがあり、多くの人はそれができず、思考停止状態に陥ってしまっているのです。


渡邉幸義

障害者を雇うと、彼らと触れ合い、彼らの真摯な働きぶりを間近に見るうちに、周囲の全従業員の心が変わります。従業員に利他の意識が芽生え、ものごとに対する感謝の念が強くなり、仕事に対する姿勢やものの見方も変わります。なかなか言うことを聞かなかった人が素直になったり、いがみ合っていた同僚同士が仲良くなったりもします。


鈴木博毅

上司にあなたが何に使えるのかを知ってもらうことは大事。あなたがいると部署の仕事が円滑に進み、チームの能力が最大化すると上司に思わせること。


宋文洲

残業を減らすには、制度をつくるより、残業が美徳だという意識こそ改めるべきです。残業してでも結果を残せばよいという「結果主義」の人事評価をやめて、「成果主義」に変えることから始める必要があります。この場合の成果主義は単に売上の数字を評価することではありません。新規開拓などにあたっていれば、それが利益を生むまでにタイムラグがあるので、事業の将来像を見据えながら、仕事のひとつひとつのプロセスを評価していくことが大切です。


村口和孝

商品をきちっと出荷して顧客に喜んでもらうという事業は、起業家が自分一人でできるものではない。周りの協力あってはじめて実現できる良い仕事である。事業を支える社会関係、契約関係は、商品サービスを顧客に提供する重要な成長基盤である。


草刈貴弘

「将来、自分はどんな社会に暮らしたいのか」――まずはそれを具体的にイメージしてみてください。次に、その社会の実現に必要な企業はどこかを考えてみる。そうして、「心から応援したい」という企業を一つ決めたら、翌日から毎日その企業の株価をチェックするのです。いきなり買う必要はありません。ただ、年に2~4回は株式市場の暴落があるので、そこで思い切って買いを入れます。あとは、株価の上げ下げに一喜一憂することなく、その企業が成長するのをじっくり見守る。それだけです。


内藤裕紀

よく尊敬する経営者は誰かとか聞かれますが、わたしは三国志の登場人物の一人、「諸葛孔明」の名を挙げます。彼は「世間はこうなっていくだろう」と常に誰よりも一歩先を考えて行動する軍師でした。経営においても同様で、最小限のリソースで最大限の効果を発揮できるかだと思うのです。