名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジャガー横田の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジャガー横田のプロフィール

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

ジャガー横田の名言 一覧

人生に波はつきものだから、苦しいときも諦めないで。頑張り続けていれば、必ず状況はいい方向に変わってくるよ。


人生って、ふっとタイミングが合うときが必ず来るものです。30代というのは、仕事でもプライベートでも変化が多い時期で、壁にぶつかったりもするでしょう。でも、試練を乗り越えたからこそ出会える幸せもあります。


振り返って思うのは、33歳での現役復帰は絶妙のタイミングだったということです。最初の現役のときは、無我夢中で周りを見る余裕がなかったし、とくにチャンピオンになってからは、「強いジャガー」のイメージを守ろうと自分を縛りすぎていたところがありました。でも、年齢を重ねると肩の力が抜けるんですね。2度目の現役生活は自然体で取り組め、新しい世界が広がりました。


ジャガー横田の経歴・略歴

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

他の記事も読んでみる

井植歳男

小さい心で考えてばかりいると、いつの間にか人間まで小さくなってしまう。


草開千仁

約700人の社員がいますが、そのうち海外が100人程度です。現地のスタッフに加え、日本の留学生も積極的に活用しています。新卒で採用して5年くらい働いてもらった後に、中国や韓国などの本国に赴任してもらうパターンです。日本の文化も理解している人が現地でトップを務めています。


稲盛和夫

子供時代を過ごした鹿児島で、「若かころの難儀は買うてでもせい」とよくいわれたものです。いま振り返ってみると、まさに至言だと思います。信念とは苦難のなかで養われるものであり、そういう意味では、天が自分に苦しい状況を与えてくれたことに感謝しています。


藤沢武夫

本田が若いときに自動車レースをやった多摩川の河原に、ときどき連れていかれました。一周600メートルぐらいで、競輪もやれば、競馬もやるというようなところです。そこに方々のメーカーがオートバイを持ってきて、ホンダが勝つこともあれば、負けることもあるというレースをやっているうちに、部品も進歩してきた。トラブルが起きるたびに飛んで行って、その悪い点を直させてゆくのです。
【覚書き|ホンダの草創期について語った言葉】


ヨシタケシンスケ

ストレートにそれを書いても「わかってるよそんなこと」と言われるだけなので、伝わるための言い方を考えなくちゃいけない。そのうえで、読んでくれた人が「自分だったらどうだろう」と経験にあてはめて考えてもらえたら嬉しいですね。そのためのヒントを、僕は絵本の中にちりばめているつもりです。答えを押しつけるのではなく、自分に足りない何かを拾うとっかかりをつくってあげる。絵本を通じて、僕はあくまで提案をしているだけなんです。「あの、よろしければこんなのもありますけど」って(笑)。


小杉俊哉

「できる上司」が習慣化すべきマネジメントとは、「イノベーションが生まれやすい場や環境を作ること」。ことあるごとに「君はどう思う?」などと意見を求める。どんなに忙しくても、部下から声をかけられたら、「ちょうどよかった、君の意見を聞きたいと思っていたところなんだよ」と笑顔で答える。出社したら、自分から大きな声で部下たちに挨拶する。上司がこうした行動を習慣化することで、職場の空気はガラリと変わる。


樋口武男

大学時代、母が自分の着物を質入れする姿を目にしたとき、このうえない感謝の気持ちとともに、なぜ父があんなに一生懸命働いているのに、こんなに苦労しなければならないのかという強い憤りと、サラリーマンの限界を感じざるを得ませんでした。それでそのときに、「将来は事業家になって両親に恩返しをする」と決意したのです。その思いがずっと私の仕事のモチベーションでした。大和ハウスエ業で最初に配属された堺工場時代は、夕方5時に仕事が終わっても、それから深夜まで勉強し、帰宅は毎晩午前1時、住宅営業部の次長になれば、1日100軒の飛び込み営業と、モーレツに働いたのも、絶対にいつか事業家になってみせるという志があったからです。


葉山有樹

僕は最近は、器に絵を描く前の準備として、テーマをもとに物語を文章に書くということもしています。何回眺めても飽きない焼きものには、絵の中に展開していく物語があると思っているからです。しかも、長い物語が、です。ですから、僕もパソコンではなく手書きで、400字詰めの原稿用紙で何百枚ぶんぐらいになる物語を書いて、それから器の制作に入ることもあるんです。そういうプロセスを経ると、自分の中でも、もうどうしても作らなければならない焼きものになってくれますので。


上田輝久

情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


金田博之

私の場合、英語が全く話せないのに話せると勘違いされて、突然1人で英語でやり取りする仕事を任されて……。当然、英語学習をやり直す時間などなく、とにかくその場をしのぐために、単語の羅列で話すところから必死に現場で学んでいきました。


大島武(学者)

怒られたら、すぐに謝る。何度でも謝る。当たり前にやりがちなこの行動こそが、余計に相手の怒りを買うのです。ならば、どうしたらいいか。答えは、相手の怒りが収まるまで、神妙な面持ちでひたすら待つ。すると、相手がなかなか謝らないことに業を煮やし、「いいか、オレが言いたかったことはこうだ。わかったか!」と結論を言う。そのときに、はじめて深々と頭を下げながら「申し訳ございません」とひと言。この謝罪の言葉を使うタイミングが重要。


松井道夫

どう変わるのか、答えは誰も教えてくれません。しかし、シグナルはあります。自分の頭でしっかり考えて、それを信じて決断することです。少なくとも、この路線で行けば将来必ずこうなるという時代ではないことだけは認識している必要があります。