ジャガー横田の名言

ジャガー横田のプロフィール

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

ジャガー横田の名言 一覧

人生に波はつきものだから、苦しいときも諦めないで。頑張り続けていれば、必ず状況はいい方向に変わってくるよ。


人生って、ふっとタイミングが合うときが必ず来るものです。30代というのは、仕事でもプライベートでも変化が多い時期で、壁にぶつかったりもするでしょう。でも、試練を乗り越えたからこそ出会える幸せもあります。


振り返って思うのは、33歳での現役復帰は絶妙のタイミングだったということです。最初の現役のときは、無我夢中で周りを見る余裕がなかったし、とくにチャンピオンになってからは、「強いジャガー」のイメージを守ろうと自分を縛りすぎていたところがありました。でも、年齢を重ねると肩の力が抜けるんですね。2度目の現役生活は自然体で取り組め、新しい世界が広がりました。


ジャガー横田の経歴・略歴

ジャガー横田、じゃがー・よこた。日本の女子プロレスラー。東京出身。15歳で全日本女子プロレス入りしデビューを飾る。その後、数多くのタイトルを獲得し活躍。主なタイトルに初代全日本ジュニア選手権、初代全日本選手権、WWWA世界シングル王座、UWA世界女子王座、AWF世界女子王座、TWF世界女子シングル王座、WWWA世界タッグ王座、初代TWF世界タッグ王座など。主な著書に『怒れ!チャンピオン』『人生、何が起こるかわからない』『ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー ボクらの出産顛末記(夫と共著)』などがある。

他の記事も読んでみる

渡邊陽一

チームをうまく運営するためには遠慮は禁物。


金田一秀穂

受け入れられる毒舌は、意地の悪い皮肉なんだけれど、「言われてみればそうだよね」とヒザを打つような納得感や、「うまいこというねえ」とうなるような風刺がある、ということ。「一本取られたな」と思わせるような笑い。悪態のネガティブなパワーを覆すようなユーモアがなければ、毒舌はただの悪口になってしまいます。


永守重信

進出先はすでに30カ国に及んでいる。特定国に集中しないのは、カントリーリスクを分散するためだ。2年先、長くても5年先までなら、どの国に工場を置けば有利かを予測することはできるだろう。しかし10年先、20年先となると、不確実性がぐっと高まり、どの国が有利でどの国が危険かを言い当てることはまずできない。


町田勝彦

優秀な君たちには、いまは同じレベルにあるが、5年目ぐらいから差がつきはじめて、10年後には決定的な差が出ます。この差はなんでしょうか?先頭に立つ人間というのは、必ず他人よりもほんのわずかずつでも継続して頑張ったからなのです。
【覚書き:シャープの入社式で新人を前にしてのスピーチ】


いっこく堂

何をやっていいか分からないって悩みをよく聞きますけど、何でも目の前のことを必死でやればいい。やったら絶対に光が見えてくる。やらなければ何も見えないままです。どんな仕事でもいろんな疑問が生じると思います。この仕事はいったい何に結びつくんだろうって。でも、目の前の出来事は全てつながっているんです。


小池龍之介(小池龍照)

概して現代人の消費は「ストレス解消のため」であることが多いように思われます。なかでも嗜好品の消費は、とくにストレス解消作用が大きいものです。たとえば、甘いものは精神をリラックスさせる働きがあり、お酒は神経を麻痺させます。なぜそうしたものが欲しくなるかというと、それだけ緊張している=ストレスがあるからです。


佐藤優

じつは著作の仕事を始めてから守っていることがあります。それは講演をできるだけ引き受けないこと。ギャラが安いからじゃない、良すぎるからです。たとえば本を一冊書いても最近は初版3000部なんてザラ。すると本が2000円として印税は60万くらい。ところが講演ならば1本で60万円、80万円なんて依頼が来る。人間は易きに流れるものですから一度講演で味をしめたら、怠け者の僕などは本が書けなくなってしまうんじゃないかと。


宮田矢八郎

経営とは、突き詰めれば人間を問うこと。それは、経営者にも、会社員にも共通します。「なぜ利益を出さなければいけないのか」「何のために働くのか」という議論は最も重要なテーマ。これは、「なぜ生きるのか」「幸せとは何か」を問い続けることと同義。


古森重隆

本当にやらねばならぬことであれば、たとえ皆を引きずっていってでも、やらねばならない。リーダーの仕事とはそういうものだ。ただし、そこには最大限の配慮が必要だ。


池上浩一

自分なりのロジックを構築するには、世の中の変化に敏感になることが大切です。私は書店に通ったり、テレビで国際ニュースを見たりして、金融や経済の動きを、歴史的な視野でとらえられるように意識しています。


本田健

40代は軌道修正を迫られる時期。対応を間違えると30代で積み上げてきたものを一気に失います。


鳥羽博道

一杯のおいしいコーヒーは私の仕事に対する取り組み方を大きく変えた。それまではただ漠然とコーヒーをいれていたように思う。だが、それからというもの、毎日コーヒーをいれるのが楽しくてしょうがなかった。昨日よりも今日のコーヒーの方が味がまろやかだとか、どうしたらもっとおいしいコーヒーがいれられるようになるかとか、コーヒーの味に私はすっかり魅了されてしまった。生きていかなければという思いからたまたま飛び込んだ喫茶業界。その世界で働くことに少しずつやりがいを感じ始めていたのである。
【覚書き|上京し、レストランのバーテンダーとして働き始めたときを振り返って】


エピクテトス

与えられたものを受け取りなさい。与えられたものを活かしなさい。


中村充孝(経営者)

組織のトップの役割は方向づけを行い、組織に浸透させること。実行するのは社員です。そういう意味では、自我・自己と自らを主として考えると、結果はいいものにならない。


カーリー・フィオリーナ

私が成功したといえるとしたら、それは、男性の固定観念を打ち破ろうとしてきたからだと思う。必要なときには断固譲らなかったし、敢然として反対意見を貫いた。彼らと同じ土俵に立ち、彼らにわかる言葉で話した。そして何よりも、行動で私の価値を示そうとした。文句があるなら結果を見てと言いたかった。そうやって女にでもできることを男性に示したいと思ったし、他の女性の進出の機会をつくりたいと思った。


ページの先頭へ