名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・ローンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ローンのプロフィール

ジム・ローン。アメリカの起業家、コンサルタント、セールスマン、講演者、能力開発の権威。40年以上能力開発のセミナーを行い、多くの成功者を輩出した人物。ジョン・アール・ショアフのサプリメント会社のセールスマンとして活躍し、31歳で億万長者となる。その後、自らの体験を人々に教える活動を開始。世界一のメンターと称された人物。コカ・コーラ、IBMなどの企業のコンサルタントとしても活躍した

ジム・ローンの名言 一覧

自分自身の計画で空白を埋めなければ、他の誰かの計画に組み込まれるしかない。成功できない唯一の理由は、学ぶべき情報を取り入れ、それをただちに実践しないからなんだ。もちろん、一晩ですべてを変えることができない。だが、考え方や哲学を変えることで、それは可能なんだ。


人生には無尽蔵に時間が供給されているわけではないんだ。90年の間に、90回の春を迎えることが出来る。ある人がこんなふうに言ったとしよう「あと20年もある」そんな人にはこういってやらなければならない。「違うよ、君にはあと20回しかチャンスがないんだ」


自尊心をおおいに高めていくためには、何か小さなことをはじめるだけでいい。一度にすべてのことを改革する必要はない。新しい規律を持ち、いますぐ守り始めて欲しい。いまから1年後、あなたはこれまでの平凡な人間とは似ても似つかない人物になっているだろう。自分に関するあらゆる部分を変えることが可能だ。


自分にこう問いかけてみるといい。「私はいまの2倍、3倍、4倍、5倍の収入に値する人間だろうか?」成功とは、自分がそれにふさわしい人間になることで引き寄せるものだ。まず、自分を磨くことが重要だ。自分の態度、人格、性質、評判といったものをね。


その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。なぜなら、一日一日が人生を形作るからだ。


安易さは怠惰をもたらし、怠惰は人を1年後、あるいは5年後に不幸な目的地へ連れて行く。


どんな分野でも、大成功を収めている人をじっくりと眺めてみたら、きっと『あの人があんなに上手く行っているのも不思議ではないな。あの人のやっていることすべてを見てごらんよ』とつぶやくことになると思うよ。


ジム・ローンの経歴・略歴

ジム・ローン。アメリカの起業家、コンサルタント、セールスマン、講演者、能力開発の権威。40年以上能力開発のセミナーを行い、多くの成功者を輩出した人物。ジョン・アール・ショアフのサプリメント会社のセールスマンとして活躍し、31歳で億万長者となる。その後、自らの体験を人々に教える活動を開始。世界一のメンターと称された人物。コカ・コーラ、IBMなどの企業のコンサルタントとしても活躍した

他の記事も読んでみる

山本忠人

幸い、いまは何を始めるにしてもそれほどお金はかからないし、ネットの発達でノウハウも学びやすくなっています。障害になるのは時間だけ。忙しいと嘆くのではなく、積極的に仕事を効率化して自分の時間を増やすべきでしょう。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

人は、穏やかな状態を常に保てるようにならない限り、「人生の勝利」を実現することはできません。束の間のさまざまなできごとに心を煩わされている間は、理解は未熟で、心は完全に浄化されていません。また、自分の精神を甘やかして野放しにしていたり、自分を欺いていたりするうちは、人生の勝利に向かうことはできません。


猪子寿之

様々な分野のテクノロジストが集まってチームを作り、全員で1つのものを作っていく。だから、個人には「何でもできる力」なんていらない。深い専門性が1つあれば、それで十分。だからチームラボにはいろんな人がいるよ。仕事内容に合わせて、チームを組む。


安田登

能の世界では師匠からある日突然、自分にはとうていできない演目をやれと告げられることがあります。絶望的な気持ちで必死に稽古をしても、まったく見込みが立たない。この時の「できない」は自分の作った「或(境界を引く、限定すること)」にはまった状態です。イメージとしての「できない」に囚われていてはダメなんです。能では師匠に「できません」ということなどできないので、やるしかないのですが、そうやって能の舞台は成立し、新たなステージが開けるのです。


ジェイ・エイブラハム

熱狂的なファンになってもらえれば、値上げがあったとしても、必ず残ってくれます。


安藤百福

みずからの足で歩き、みずからの目で確認しなさい。そうでなければあなたの話には重みも説得力もない。情報には鮮度がある。すべての人が良いという意見は信用できない。情報は自分の目と耳で集めろ。机の上でいくら思案しても、優れた発想は生まれない。


荒井正昭

当社が目指すのは、一貫して、30代の一次取得者(初めて家を買う人)に良い品質の家を販売すること。決して、抜群の品質の家を高価格で売ることではありません。今どきの30代は家を買うときに「夢を買う」という意識はなく、もっと身の丈にあった家を求めます。大手が供給する物件は確かに素晴らしい品質だとは思いますが、30代のお客様の多くは「高いな」と感じられるはずです。そこに当社のチャンスがあるわけです。


古森重隆

下の話をよく聞くということですね。僕は自分自身、トップダウンの経営者だと思うけども、決めるときは決めるけれども、決める前に十分意見を聞く。自分から動いていってね。下の声を聞くことがものすごく大事です。


坂口健太郎

夢とか目標とかないんです。よく、5年後にはどんな俳優さんになっていたいですか、とか訊かれるんですけど、その姿をあまりにも明確につくりすぎてしまうと、その方向にしか進んでいかないような気がするんですよね。道が一本しかなくなっちゃうというか。


太田光代

「絶対」がないビジネスシーンで、「自信がある」と言い切れる状況は滅多にない。結果が出るまで緊張感を絶えず持つべき。


飯田亮

いまの起業家は私が創業した60年代前半に比べ、一見恵まれています。規制はだいぶ緩和されたし、ベンチャーキャピタルによって資金は得やすくなった。人材流動化で優秀な人を採用しやすくなってもいる。不況も他社に差をつけるチャンスです。でも、規制に邪魔されない起業家は、国から弾圧を受けない非合法組織のようなもので迫力を欠きます。カネ余りは起業家を糖尿病にしてしまう。


岡野雅行(岡野工業)

いろいろな企業と付き合いのある仲間からの情報は貴重だ。なかには運命を決めるような情報だってある。人付き合いをやめたばっかりに、そんな情報が入ってこなかったら、それこそ運命にかかわるんだ。いま仕事が大量に入ってきているからといって、それだけに目を向けていたら、値引きが必至な三年先のダメージは計り知れないってことになる。実際、そんなことで潰れていった会社を、俺はたくさん見ている。