名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・ローンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ローンのプロフィール

ジム・ローン。アメリカの起業家、コンサルタント、セールスマン、講演者、能力開発の権威。40年以上能力開発のセミナーを行い、多くの成功者を輩出した人物。ジョン・アール・ショアフのサプリメント会社のセールスマンとして活躍し、31歳で億万長者となる。その後、自らの体験を人々に教える活動を開始。世界一のメンターと称された人物。コカ・コーラ、IBMなどの企業のコンサルタントとしても活躍した

ジム・ローンの名言 一覧

自分自身の計画で空白を埋めなければ、他の誰かの計画に組み込まれるしかない。成功できない唯一の理由は、学ぶべき情報を取り入れ、それをただちに実践しないからなんだ。もちろん、一晩ですべてを変えることができない。だが、考え方や哲学を変えることで、それは可能なんだ。


人生には無尽蔵に時間が供給されているわけではないんだ。90年の間に、90回の春を迎えることが出来る。ある人がこんなふうに言ったとしよう「あと20年もある」そんな人にはこういってやらなければならない。「違うよ、君にはあと20回しかチャンスがないんだ」


自尊心をおおいに高めていくためには、何か小さなことをはじめるだけでいい。一度にすべてのことを改革する必要はない。新しい規律を持ち、いますぐ守り始めて欲しい。いまから1年後、あなたはこれまでの平凡な人間とは似ても似つかない人物になっているだろう。自分に関するあらゆる部分を変えることが可能だ。


自分にこう問いかけてみるといい。「私はいまの2倍、3倍、4倍、5倍の収入に値する人間だろうか?」成功とは、自分がそれにふさわしい人間になることで引き寄せるものだ。まず、自分を磨くことが重要だ。自分の態度、人格、性質、評判といったものをね。


その日の計画を終える前に、その日を始めてはいけない。なぜなら、一日一日が人生を形作るからだ。


安易さは怠惰をもたらし、怠惰は人を1年後、あるいは5年後に不幸な目的地へ連れて行く。


どんな分野でも、大成功を収めている人をじっくりと眺めてみたら、きっと『あの人があんなに上手く行っているのも不思議ではないな。あの人のやっていることすべてを見てごらんよ』とつぶやくことになると思うよ。


ジム・ローンの経歴・略歴

ジム・ローン。アメリカの起業家、コンサルタント、セールスマン、講演者、能力開発の権威。40年以上能力開発のセミナーを行い、多くの成功者を輩出した人物。ジョン・アール・ショアフのサプリメント会社のセールスマンとして活躍し、31歳で億万長者となる。その後、自らの体験を人々に教える活動を開始。世界一のメンターと称された人物。コカ・コーラ、IBMなどの企業のコンサルタントとしても活躍した

他の記事も読んでみる

渡邊剛

手の能力がさらにすごく向上したのは金沢大学の医局から横浜の病院への出向を経て、ドイツの病院に留学した頃でした。ここでの仕事の量は半端じゃなかった。そもそも、病院に着いた日からさっそく手術に参加していましたから。その前にいた日本の病院での心臓外科手術は年に100例ぐらいだったけれど、ドイツでは年に1500例でしたね。しかも働きはじめて3ヶ月ほど経ったら「前立ち」と言って教授の前で補助をやる第一助手を務めることになりました。その量と状況が今の自分を作りあげるきっかけになったのだろうとは思います。


井上公造

情報や噂話には、流して得をするものと損をするものがあります。意図的に誰かを陥れるためにつく嘘は論外。自分の評判を落とすだけ。積極的に流すべきなのは、提供することによって自分の評価が上がる内容のもの。情報を流す際には、誰に評価されたいかも意識しましょう。


福嶋康博

事業成功のポイントは企画にあります。業界の固定観念に囚われない発想で自らのビジョンを考え、具体的な事業企画を立てたのち、即行動に移すことが重要です。


田口佳史

国でも企業でも、トップの運が弱いと大変です。運が強いかどうかは経営の根幹に影響するといえます。運を強くするためには、自己の最善を他者に尽くしきること。感謝の人間関係を成立させていくこと。会社で日々の業務をするということも、そういうことなのです。


山内雅喜

理想のリーダー像は、ひと言で言うと、「この人と一緒にいたい、この人についていきたい」と思わせる人だと思いますね。そういう人はどんな人かというと、「志」のある人だと思います。その志に共感でき、リーダーが人としても魅力的であれば、その人と共に挑戦しようと思うでしょうね。


辻野晃一郎

僕はシーンとしている職場は嫌いです。オフィスがあんまり静かだと、意識的に「なんでみんなもっと話さないの?」と文句を言います。職場で皆が仕事に集中してサイレントな状態であるならわかりますが、それも何日も続くのは異常です。


猪瀬直樹

プロジェクトの実行中は、「自分なら何でもできる」と考えるべき。最初から自分にはムリなこともあると割り切ると、テンションが下がって実行力が鈍ったり、本当は自分が努力すべきことをしない原因になります。結果的にそれが失敗を招き、挫折感をますます深めるハメになる。まずは「自分は必ずできる」と信じて全力を注ぐ。検証は、その後でも間に合います。


坂本孝

面接でのコミュニケーションの第一歩は、自分の言葉を使って、わが社の方向性を理解してもらうこと。面接する側ではあるけれど、面接されているのはこちらじゃないかと思いますね。


野路國夫(野路国夫)

初めての海外出張で、まずアラバマ州のお客さんのところへ行きました。英語がきちんとしゃべれなくても、建機というモノがあれば何とかなりました。あそこが壊れたとか、ここがおかしいとか、技術屋同士の会話は難しくありません。


堀紘一(コンサルタント)

私が接することの多い40~60代の方は、話の中に知らないこと、わからないことが出てきても、類推して理解することができます。しかし、大学生だと、類推する力が弱い。これは学力の問題ではなく、単純に人生経験の差によるものです。ですから、40~60十代の方と大学生とでは、当然、話し方を変えなければならない。


松本晃(経営者)

とにかく面白そうな本を買ってきて、手当たり次第に読んでみる。面白くなければ、捨てればいいのです。ただ、私の場合は面白くても読み終わったら本は捨ててしまいます。捨てるからこそ、真剣に読むのです。


田中宏司

企業が誠実に事業活動を行なうには、経営トップのリーダーシップとコミットメント(公約)のもとでの経営理念・価値観を共有化することが重要。