ジム・ウォルトンの名言

ジム・ウォルトンのプロフィール

ジム・ウォルトン、米国、実業家、ウォルマート創業者サム・ウォルトンの三男。米国経済誌フォーブス世界長者番付23位、同姓同名にCNN会長がいるが別人。アーベスト銀行CEO

ジム・ウォルトンの名言 一覧

遺物はそのままでは資源ではない。古くから存在したがらくたと同じものであり、イラク人の誰もそれを所有することができないでいる。イラク人が豊かになれば、彼らはそれを(買い取った米国人から)買い戻すことができる。


われわれはイラク人民に自由を与えると同時に、財宝をも自由化しなければならない。


ジム・ウォルトンの経歴・略歴

ジム・ウォルトン、米国、実業家、ウォルマート創業者サム・ウォルトンの三男。米国経済誌フォーブス世界長者番付23位、同姓同名にCNN会長がいるが別人。アーベスト銀行CEO

他の記事も読んでみる

田久保善彦

すぐに、簡単に学べるものなどありません。どんな学びも繰り返しが大事。「早いうちから、ずっと学んでいる人には勝てない」と考え、学びたいことがあったら、今すぐ始めてください。


吉松徹郎

ユーザーから「これこそまさに自分が欲しいものだ」と思われるような選択肢を提供できる会社が強くなる。


高橋克実

「ここが勝負どころだ」とまでは意識しませんでしたが(笑)、ただただ嬉しくて本気でした。

【覚え書き|テレビドラマ『ショムニ』出演時を振り返って】


永田雅一

喜怒哀楽をもって人を楽しませるというのは素晴らしいことだと考えます。
【覚書き|日活に飛び込んだ当時の発言】


高島宏平(髙島宏平)

今後は、発想力より「目利き力」が必要になると思います。ネットに転がる大量のアイデアの中から、自分の課題を解くのに最も参考になるアイデアはどれか、探し当てる力ですね。この能力が高いほど、解決策を的確に導き出すことができ、速やかに課題を解決できます。


小池直己

お勧めしたいのが、「中学英語」のやり直しです。というのも、英語の基礎は中学の時点でほとんど学んでいるからです。高校英語は、その知識を応用するだけと言っても過言ではありません。英会話に限って言えば、中学英語の文法ですら、すべてをおさらいする必要はないのです。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その11】1,000ドル投資すれば失う金額は最高で1,000ドルである。もし辛抱強く持てるなら10,000ドルあるいは50,000ドルにまで増やすことは可能である。投資を実りあるものにするためにも、よい企業を数社見つけることが重要である。


安中千絵

20代よりも30代、30代よりも40代のほうが、同じことをしていても消費エネルギー量は減少します。20代と同じような感覚でお腹いっぱい食べてしまっては、明らかに食べ過ぎなのです。学生時代から10キロ以上太ってしまったという人はとくに要注意。そろそろ、量から質を重視するという意識転換をすべきでしょう。


片岸茂

ノート事業に参入したとき、当社は倒産の危機に瀕しました。最後はなけなしの金でテレビCMを打つしか手がなくなりました。しかし、当社の希望であったテレビアニメ「みなしごハッチ」の枠は既に押さえられており、空いているのは昼のメロドラマ。番組名は「女のうず潮」です。あまりに親和性がなかったのですが、これが大当たり。ドラマを見ていた母親の目に留まり、当社の学習帳の指名買いが一気に広まったのです。私の主観ですが、文具店の方々の気を惹きつけることにも成功したのではないかと思っています。


内藤忍

どの程度までリスクを背負えるかは各人の事情によって違いますから、資産デザインに万人共通の正解はありません。自分に適した資産デザインを探すことができれば、投資の成功に大きく近付きます。


栗山英樹

監督一年目の最初の日に僕が行なったのが、「監督としてこれだけは守る」という自分との約束をまとめることでした。一例を挙げると、「絶対に選手たちに嘘はつかない」「言ったことはすべてやり尽くす」といったものがあります。これをシーズン中に何回も読み直しました。一年間、何とかブレずにやることができたとしたら、この「自分との約束」の存在は大きいですね。


岸見一郎

僕は学生のころから古代ギリシア哲学、とくにプラトンを研究してきたのですが、紀元前から続く哲学のテーマは「よりよく生きるにはどうしたらいいのか」です。「人生が思うようにいかない」と悩むすべての人に幸せになれる道筋を教えるアドラー心理学も、「どう生きたらいいのか」「どうすれば幸福になれるのか」というギリシア以来のテーマを扱いますから、並行してアドラー心理学を学ぶことには何ら違和感もありませんでした。


石見浩一

当社が大事にしているのが、当たり前のマネジメントサイクルをしっかりと回すこと。具体的には、毎日朝礼を開いて経営の理念とビジョン、サービスマインドを唱和する。終礼もその日の反省と次の日の対応のために実施する。これをすべての現場で実行しています。さらに、週次、月次の会議、クォーターレビューなどでの表彰、年次の戦略ミーティングも欠かせません。こうしたごく当たり前のマネジメントサイクルをしつこく回す。これが、みんなの意識を一つにする唯一のマネジメント手法ではないかと思います。


村尾信尚

三重県知事選投票日まで、まだ2か月もあるのに、「ああ、これでは勝てないな」と感じた瞬間、はじめて「心が渇いていく」というのを覚えましたね。「お前、いったい何のために選挙に出たんだ?」という声が自分の中から聞こえてきたんですよ。「知事になりたいからか? ちがうだろう。世の中を変えたいからだろう」って。「知事になるのは『世の中を変えるため』の手段であって、目的じゃないんだから。仮に選挙に負けても、その志を貫けば、明日に道がつながっていくんじゃないか」という内なる声を聞いたら、もの凄い元気が出てきたんです。


出口治明

理不尽なクレームはとにかく丁寧に相手の話を聞く。よく聞いたうえで、できないものはできないとハッキリ言う。それでもダメなら上司に相談する。これが基本です。


ページの先頭へ