名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・ローウェンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ローウェンのプロフィール

ジム・ローウェン。イギリスの経営者。「ダイソン」CEO(最高経営責任者)。

ジム・ローウェンの名言 一覧

投資の成果を確実にするためには、優秀な人材の確保から、新しいテクノロジーの獲得、システムやサプライチェーンの効率化、そして顧客との関係強化にいたるまで、5年先を見据えて自社の土台を盤石にしなければならない。


我々の技術と企業文化、ビジョンをもってすれば、成功すると信じている。しかも、我々には今や時代遅れの巨大なディーゼルエンジン工場といった遺産は何もない。それらを維持しようと思ったら、とてつもないコストだ。一方、我々は電池やモーター、そして独自の製品を市場に投入することに完全に専念できる。既にEVの開発に数百人のエンジニアが関わっている。歩みは順調だ。


我々は10年以上前から、デジタルモーター技術の世界的リーダーであり、リチウムイオン電池についても既存製品で深い知見を持つ。機械工学や流体力学、熱力学、音響学、環境制御など、これまで培った技術は全て、EV開発に活用できる。EV開発は我々が得意とするエンジニアリングの巨大プロジェクトだ。解決すべき個別の課題に分解して取り組んでいける。


ジム・ローウェンの経歴・略歴

ジム・ローウェン。イギリスの経営者。「ダイソン」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

内永ゆか子

外国語は流暢である必要はありません。大切なことは、アイデンティティを自覚し、自分自身について、あるいは自国について、意見を相手に伝えることです


桜井章一

私は「負け」にも流儀があると思っています。もし、どうしても勝てそうにないという局面になったとしても、「あきらめる方法」は百も二百もあるはず。その中の一つか二つにもっと「良いあきらめ方」があるかもしれません。単に勝負を投げるのと、最善手を模索した結果、撤退するのとでは、まったく違います。私自身、そんな「センスの良いあきらめ方」をする対戦相手には常に一目置いていました。


兼元謙任

自分がこれをやりたいと思うなら、それが実現できるかどうかは、それほど重要ではありません。なぜなら、どう頑張っても無理なことは、人は最初からやりたいと思わないからです。疾走するダンプカーを、自分の力で止めたいと本気で考える人は、まあいないでしょう。でも、のろのろ近づいてくる軽自動車を身体を張って停車させるというレベルなら、目標に据えている人がいてもおかしくありません。要するに、それをやりたいと思った時点で、実現の可能性はあると、無意識のうちに判断しているのです。


金田一秀穂

考えてみれば、「流行語」なんて呼ばれた途端、使われなくなる言葉は多いもの。なぜなら流行語みたいな新しい言葉は、たいてい「仲間言葉」から生まれるから。仲間言葉とは特定の仲間うちだけで使われる言葉、いわば「隠語」のようなもの。それが流行語になって誰も彼も意味がわかったら隠語の意味がなくなるよね。すると本来その言葉を使っていた集団が、その言葉を使うのをやめてしまうわけ。


岡藤正広

僕が社長就任まで率いていた繊維カンパニーの主力事業のひとつは、海外ブランドを日本に持ってくることなんですが、よく若い社員からこんな提案を受けました。「私は、このブランドが絶対に行けると思います」と。彼らもそれなりに市場調査して、分析したうえで持ってきます。絶対自信があると。しかし、僕が知りたいのは、それをお客さんが本当に欲しがっているかということなんです。


井阪隆一

優れたやり方を見つけた時、すぐに共有し広めれば、加盟店の売り上げにつながり、社内外の関係者全員がハッピーになれる。


出光佐三

僕がいつも楽観的だと評されるのは、ひとえに苦労のたまものだ。恒心を得たのである。
【覚え書き|恒心(こうしん)=常にぐらつかない心】


石村賢一

違うことをやっても必ず成功するとは思いません。ただし、違うことをやらなければ成功しないのは確かです。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


松田充弘(マツダミヒロ)

具体的な質問ができた時点で、もはや問題の半分は解決している。


石川和男(税理士)

朝に覚えたことは、その日のうちにもう一度おさらいしましょう。通勤の時間は、大いに有効活用できそうですね。通勤は、時間のリミットが決まっているのもよいところ。あと10分で電車を降りなくては、というプレッシャーが集中力を高めます。その意味では、勉強の際はいつも「10分」「30分」「1時間」といった時間制限を設けると良いでしょう。


石見浩一

戦略を立てるときには、部門を越えて情報共有・事業連携をうまくとらなければなりません。