名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジム・ヘプルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ヘプルマンのプロフィール

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

ジム・ヘプルマンの名言 一覧

当社が目指すのは、お客様の成功であるということです。だからこそ私たちは「チームワーク」「イノベーション」「業務の効率化」の質をさらに高めていきたいと考えています。


当社の顧客には有名な自動車会社や医療機器メーカー、航空機会社など世界的な企業も少なくありません。これは当社がお客様とともに、競争優位性を得るための価値をつくり出しているためで、また重要な戦略パートナーとして認知されている結果でもあると考えています。


日本は「ものづくり大国」と呼ばれ、その洗練された生産方式は世界のお手本となりました。また「摺り合わせ」という独自の手法が優れた製品を生み出したことも、よく承知しています。しかし、グローバル化で環境は一変しました。これからは遠く離れた海外の企業や人々と連携しながら、製品開発プロセスを共有していくことが強く求められます。


ジム・ヘプルマンの経歴・略歴

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

木下弘貴(経営者)

英文を覚えたら、その英文を使ってメールでもいいので文章をつくってみる。ネットを開けばオンライン辞書がありますし、グーグルに自分の文章を入れてみて似たようなものが返ってくれば、こういう使い方があるのかとわかります。


マハトマ・ガンジー

非暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではない。暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである。


杉本勇次

口を酸っぱくして言っているのが、とにかく現場に行けということ。投資先や投資候補になりそうな会社の現場を見ないと、ビジネスの改善につながりそうな仮説は立てられない。消費者のインタビューも含め、ありとあらゆるデータも分析する。


飯伏幸太

いま一人でやっていることが、何に、いつ役立つのかはわからないけれど、絶対に役に立つということだけは、わかっている。


大山健太郎

アイリスは自社工場で製造しているため、繁忙期にも柔軟に製造ラインを切り替えて増産体制を取ることができます。売り場で欠品を出さなかったことで小売店の信頼も勝ち取りました。


八幡滋行

10年以上、ガバナンスにこだわってきて分かったことは、執行側が取締役会に説明するのは、代表者が1人いれば十分だということ。そのため、7人の取締役のうち、私以外は全員が社外です。取締役会は監督に徹し、それ以上は口を出さない。


南部靖之

私は事業を社会貢献事業、文化創造事業、社会福祉事業の3つに分けてそれぞれやってきましたが、いずれも「先義後利(せんぎこうり)」、つまり先に義によってすべきことをして、後から利益がついてくればよいという考え方です。それゆえ、事業によっていろいろな評価をされているようです。


大江英樹

投機に向いている人の特徴。

  1. 人の心理を読むのが得意。人の動きを読んだ上で、その逆をしないとバクチは儲かりません。
  2. 決断が早い。売り時、買い時を逃がさない。
  3. 諦めも早い。駄目だと思ったらすぐに撤退、損切りをする。
  4. 勘が鋭い。なんとなく嫌だと感じられる人がバクチに強い。

船津康次

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」。リクルートの元会長・江副浩正さんの言葉です。私は仕事の中でこの言葉をとても大事にしてきました。振り返ると、自ら機会を創り出すことによって自分自身が変わってきたと実感しています。


藤原大

感覚を主体とした創造だけに頼っていくオーガニックは、一人のデザイナーの感覚が鈍くなると行き詰まってしまい、デザイナーを変えることになります。そして、その繰り返しの悪循環から抜け出せないのです。一方、ファッションがこれだけ速いスピードで変化していくなかでは、感覚だけでなく、モノをつくる方法論においても新しいものをつくり上げていかないといけない。すなわちデジタル的な要素は必須になっていくということです。


大田友昭

人生は100メートル走ではなくマラソン。私は、五里霧中で頑張ってきた中で自分のペースを見つけることができた。


畑村洋太郎

世の中には頭のいい人がたくさんいます。ただ、彼らが見な創造的な仕事をしているとは限りません。それは、一度解いたことのある問題を解くことは得意でも、何を解けば新しい価値を生み出せるかという課題設定を苦手としている人が少なくないからです。