名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・ヘプルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ヘプルマンのプロフィール

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

ジム・ヘプルマンの名言 一覧

当社が目指すのは、お客様の成功であるということです。だからこそ私たちは「チームワーク」「イノベーション」「業務の効率化」の質をさらに高めていきたいと考えています。


当社の顧客には有名な自動車会社や医療機器メーカー、航空機会社など世界的な企業も少なくありません。これは当社がお客様とともに、競争優位性を得るための価値をつくり出しているためで、また重要な戦略パートナーとして認知されている結果でもあると考えています。


日本は「ものづくり大国」と呼ばれ、その洗練された生産方式は世界のお手本となりました。また「摺り合わせ」という独自の手法が優れた製品を生み出したことも、よく承知しています。しかし、グローバル化で環境は一変しました。これからは遠く離れた海外の企業や人々と連携しながら、製品開発プロセスを共有していくことが強く求められます。


ジム・ヘプルマンの経歴・略歴

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

中西宏明

リーマンショック前の日立は、経営者を含めて外を向いていなかったのかもしれません。やはり、小宇宙をつくるとダメです。でも、小宇宙から完全に出られたかというと、そうじゃない。自分たちがどこへ行くのか、何を考えなきゃいけないかという捉え方が現場の若い人たちから上がってくるようにしないといけないでしょう。


吉野佳秀

リーマンショックで赤字に陥ったとき、会社のためには良かったと思いました。少し上手く行き過ぎていて、社員たちも調子づいていました。このまま行ってしまったら、会社が危ないと思っていた矢先のことでしたから。


オダギリ展子

片づけてもすぐに散らかってしまうという声をよく聞きますが、それはおそらくキレイにすることだけにこだわっているからではないでしょうか。見た目には片付いていても、実際には作業がやりにくい状態になっているのです。ミス防止、業務の効率化という視点で片づければ、必然的に作業がやりやすい状態が生まれますから、いつまでもキレイが継続します。


石井純二

トップの立場でいえば、繰り返し伝え、議論する風土をつくるために各分野にそうした挑戦の心を持った人材を配置していくことが大事だと考えます。


細谷英二

店内での顧客の待ち時間をゼロにして、営業時間も午後5時まで拡大しました。すると顧客に褒められるようになりました。理屈だけで組織は変わりません。顧客から評価されるにつれて、社員の意識も次第に変わっていきました。


野田一夫

企業であろうと役所であろうと、およそ社会生活に影響を与える組織なら、そのリーダーの地位にある人々にまず求められるものは、構成員すべてに各自の業務に誇りと責任を感じるような理念を抱かせることです。


平田雄一郎

顧客が喜ぶことは何かを真剣に考え続けてきただけ。宣伝したことは一度もない。


岡本太郎

夢を見ることは青春の特権だ。これはなにも暦の上の年齢とは関係ない。10代でも、どうしようもない年寄りもいるし、70、80になってもハツラツとして夢を見続けている若者もいる。だから年齢の問題ではないが、青年の心には夢が燃えている。


中井政嗣

学歴もお金も才能もない私がここまで歩んでこられたのは、さまざまな人の支えがあったからにほかならない。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

良質な眠りを取れていない人は多い。睡眠に対する誤解がその原因かもしれない。その誤解とは、睡眠を「量」で考えていること。長く寝ればベストだと捉えがち。でも、睡眠では「質」も大切。自分に合った良質な睡眠をとらないと、疲れは取れず頭はさえない。仕事にも支障をきたしてしまう。


野地彦旬

ブランドを維持しながら、さらに上を目指す。ニーズの変化を逃さない正統進化こそ、メーカーが追求すべきものだと思います。


岡倉天心

自己中心的な虚栄というものは、芸術家、鑑賞者いずれの側であっても、共感を育むうえで致命的な障害となるのである。