名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・ヘプルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ヘプルマンのプロフィール

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

ジム・ヘプルマンの名言 一覧

当社が目指すのは、お客様の成功であるということです。だからこそ私たちは「チームワーク」「イノベーション」「業務の効率化」の質をさらに高めていきたいと考えています。


当社の顧客には有名な自動車会社や医療機器メーカー、航空機会社など世界的な企業も少なくありません。これは当社がお客様とともに、競争優位性を得るための価値をつくり出しているためで、また重要な戦略パートナーとして認知されている結果でもあると考えています。


日本は「ものづくり大国」と呼ばれ、その洗練された生産方式は世界のお手本となりました。また「摺り合わせ」という独自の手法が優れた製品を生み出したことも、よく承知しています。しかし、グローバル化で環境は一変しました。これからは遠く離れた海外の企業や人々と連携しながら、製品開発プロセスを共有していくことが強く求められます。


ジム・ヘプルマンの経歴・略歴

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

文野直樹

マラソンは、加盟店のオーナーさんに誘われて始めたので、その人と一緒に練習をしていました。そうなると、自分から「やめる」とは言い出しにくいですよね(笑)。そういう仲間を見つける意味でも、なんらかのコミュニティに属したほうがいい。今はネットでいくらでも見つかるはずです。


尾崎元規

製品に関して生活者コミュニケーションセンターにお問い合わせやクレーム、ご提案など年間10万件以上のご連絡があります。そのデータをコミュニケーションセンターが整理して、事業部門や研究部門に流していきます。新製品を発売したら、翌日からどのような消費者反応があるのかをリアルタイムで見られるようになっています。売上の数字と消費者の反応が毎日見られるようになっているのです。


矢部輝夫

いかなる職業であっても、その職業に誇りを持ち、一生懸命にやっている人は素晴らしい。


金子勝(経済学者)

オレはね、自慢じゃないけど中高一貫の国立進学校も、東大でも、大学院の試験も、助手の試験も、人生において試験はすべて一発でパスしてきた。当時は頭でっかちの、本当にイヤなヤツだったね。自分の先輩や先生たちが信望する考え方をみんな批判し、言い負かすような若造だった。そして気がつけば、助手の任期を終えると東大から追い出されていた。要するに「ほされた」んだよね。その後はしばらく、池袋の職安に通いながら、家計は妻に頼る日々。そんな状態だから、妻と娘が実家に帰ってしまうこともあった。しょうがないからオレも彼女の実家に行くとね、うちの食卓には決してあがらないマツタケごはんなんかが出ているわけだ。娘なんて、「おばあちゃん、またマツタケごはん?」なんて言うわけだよ。その時の屈辱感ときたらなくてね。30歳にして味わった最初の挫折だったけど、そこでなにかがふっきれた。ただ相手を負かすために声を張り上げるんじゃない、自分の知識を信じて、自信を持って自分にとっての「正論」を説いていこうと決めた。


田中文雄

派遣した人材は困難に挑んできて苦労し、腕も人物も一層磨いて帰ってくる。こうして利他が自分の利益となって結実していくのを見るのは楽しいものだ。【覚書き:中越パルプ工業、東洋パルプなどの業界他社再編のために自社の優秀な人材を派遣したことを振り返った発言】


似鳥昭雄

同僚には「社長のために命をかける」というヤツもいました。でも、僕はそんな気はぜんぜんありませんでした。だから、最初から何もしなかったんです。契約が取れなくてクビになりましたが(笑)。そのときに、もし「お客さんのために」とか、「社会のために」と言ってくれたらヤル気も出たと思うけど、「社長のため」では、全然気合が入りませんでした。
【覚書き|大学卒業後に就職した看板広告会社の営業時代を振り返っての発言】


亀井忠夫

日建設計は近年、「ライフサイクルデザイン」という戦略を掲げています。設計だけでなく、川上である事業計画の立案や、建築後のメンテナンス、改修計画まで仕事の範囲を広ける取り組みです。


山口範雄

味の素グループでは、いま全社的にグローバルで生産革新に取り組んでいますが、じつはそのスタートは九州工場でした。近年、メーカーが生産拠点を海外へシフトさせる動きが続きましたが、これに九州の工場の人たちが危機感を持ったのです。「いまの半分の固定費で稼働できれば海外に太刀打ちできる」という目標を掲げ、必死で知恵と工夫を出し合った結果、奇跡的になんと3年で本当に目標を実現してしまいました。


鶴岡秀子

夢の実現に動き、周囲に夢を語ると応援してくれる人が現れます。


張本邦雄

紙の手帳はもう10年以上使っていません。完全にIT頼りです。紙からITに切り替えたころ、私は営業本部の企画部長だったのですが、当時の役員の指令で、日々のスケジュールが腹が立つくらいコロコロ変わっていました。そこで、携帯情報端末でスケジュール管理をすることにしたのです。


遠藤功

中国という市場にはとても大きな可能性があります。しかし、中国の企業と真正面から戦うべきではありません。日本企業が考えるべきことは、自分たちにしか提供できない価値とは何なのかを見極めることだと思います。中国企業がやっていることを後追いしても絶対に勝てません。


松本洋(コンサルタント)

個人がそれぞれ独自のペースで動いたら、全体としては成果は上がらない。しかし、誰もが成功できる仕組み、常に進歩が分かる見える化された仕組みを作っておけば、組織全体のパフォーマンスを上げることができる。