名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジム・ヘプルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ヘプルマンのプロフィール

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

ジム・ヘプルマンの名言 一覧

当社が目指すのは、お客様の成功であるということです。だからこそ私たちは「チームワーク」「イノベーション」「業務の効率化」の質をさらに高めていきたいと考えています。


当社の顧客には有名な自動車会社や医療機器メーカー、航空機会社など世界的な企業も少なくありません。これは当社がお客様とともに、競争優位性を得るための価値をつくり出しているためで、また重要な戦略パートナーとして認知されている結果でもあると考えています。


日本は「ものづくり大国」と呼ばれ、その洗練された生産方式は世界のお手本となりました。また「摺り合わせ」という独自の手法が優れた製品を生み出したことも、よく承知しています。しかし、グローバル化で環境は一変しました。これからは遠く離れた海外の企業や人々と連携しながら、製品開発プロセスを共有していくことが強く求められます。


ジム・ヘプルマンの経歴・略歴

ジム・E・ヘプルマン、ジェームス・ヘプルマン。米国の経営者、技術者。製造業ソリューション企業のPTC社長。ミネソタ州出身。米国ミネソタ大学工学部卒業後、コントロール・データ・コーポレーション(のちのシンテグラ)に入社。その後、Metaphase Technology、Windchill Technologyを設立。PTCと合併したのち、Windchill事業部責任者、PTCのCTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

石川康晴

定期的に組織をテコ入れするのは、戦略を遂行する目的に加えて、狙いがもうひとつあります。組織や人の「不活化」を防ぐためです。


高原豪久

取り返しのつかない「時間」というものを社員に浪費させることは、企業による最悪の収奪です。


楠木建

ミドル世代が部下を巻き込んで仕事をしていくには、自分の意思決定を部下に説明し、納得してもらう必要があります。そのためには自分の価値基準を持ち、言語化することが不可欠。部下にとっても、上司の価値基準への共感や尊敬があるから、「この上司について行こう」と思うのではないでしょうか。


矢野龍

我が社には「2時間ルール」というものがあります。工場での事故、台風や地震によるお客様の住宅被災、コンプライアンスに反する事態の発生……マイナス情報は必ず2時間以内に社長に直接入る態勢になっています。何か起きたとき、大切なのは初期動作です。放置せずに、すぐ動く。すぐ動けば、すぐ済む。だからお客様相手の24時間相談受け付け体制も、我が社が業界で初めて作りました。お客様相談室長は社長直轄で、全権限をもって問題に対応しています。


諸戸清六(初代)

商取引をなすには先方の掛引を見分けるが肝腎なり、これが出来ぬものは商売をするな。


鎌田恭幸

社長さん達の講演では、株価や業績の話でなく、それぞれの思いを伝えていただきたいとお願いしています。そうした堅実で誠実な経営者に会って話を聞くと、投資家は襟を正し、株価ではなく事業そのものの価値で投資する大切さと誇りを感じてくれます。それは企業にとっても同じですよね。信頼は信頼で返そうと、お互いに思えるようになるのです。


高橋名人(高橋利幸)

1986年半ばからは、各ゲームメーカーが「名人」を作ってきました。しかし、彼らと私の決定的な違いは、ゲームの攻略だけをするのか、それともゲームの攻略はもちろんだけども、それ以外の子どもが体験するべく遊びや運動なども勧めていたかの違いだと思います。対象相手が子どもだけであれば、ゲームの攻略法を直伝するだけで正しいと思います。しかし、それだけでは、家計の番人とも言える母親の賛同を得ることはできませんからね。


御手洗冨士夫

うちはこれまで1回もストライキがないんです。盤石の労使の信頼関係ですよ。ボーナスは年2回、約1000人の幹部全員と握手して渡しています。手が腫れてしまいますが、私はうちの社員が好きなんです。経営は合理主義の追求ですよ。キヤノンの合理主義、人間尊重主義の思想は今も脈々と流れていると私は思っています。


津田秀樹

人をわざと怒らせるような行動の裏には、大きな不満があります。それは、仕事や会社、またもっと別のところに憤りを感じているのかもしれません。受動的攻撃性を取る人は、話を聞いてあげることが対策になります。「何に不満があるのか?」と、聞き出してあげましょう。その不満の内容はあなたに解決しようがないものでも構いません。ただ聞いてあげるだけでいいのです。本音を引き出してあげると態度が落ち着いてきます。


中村邦夫

松下幸之助創業者は、「利は元にあり」という言葉で事業の妙味は仕入れにあることを説いています。ところが、かつての松下は製品を仕入れる販売部門が在庫責任を負わず、つくる側の事業部が在庫責任を負っていた時代がありました。こうなると責任のなすり合いが始まってしまいます。


和田裕美

上司になった人は、未熟な分だけ育てがいがあると思って受け入れる方がいい。


井植歳男

どんなときでも、相手の立場をまず考えよう。相手の便利、経済、楽しみ、喜び、そして繁栄が第一だ。それを自分の事業に結び付けてこそ自分の幸福が得られるのだ。