名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・バグノーラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・バグノーラのプロフィール

ジム・バグノーラ。アメリカのエグゼクティブコーチ。「リーダーシップ・グループ・インターナショナル」会長。そのほか、ウエスタン・マネジメント・ディベロップメント・センター客員教授、ルーマニア・リーダーズ会議議長、オリーブ・ブランチ財団理事などを務めた。

ジム・バグノーラの名言 一覧

社員1人ひとりがリーダーになることがビジネスの永続性を生み、会社の成長へとつながっていく。


ストレスに満ちた職場では最高のパフォーマンスは生まれません。心と体の健康を取り戻すことが自分の能力に目覚める第一歩になる。


人として当たり前の習慣を維持することが仕事の質を高めることにつながる。


マーケティング、販売、ファイナンス、技術といった各分野の担当者がリーダーシップの精神を持つことで組織は成長する。


日本の経営者に足りない要素は何かと聞かれたら、私は率直にこう答えます。(1)ビジネス英語の能力、(2)個人を重視する視点、(3)ダイバーシティ(人材の多様性)と。


社員が最大限の創造性とエネルギーを発揮し、最高の結果を挙げるような環境をどうすれば作り出せるのでしょうか。私はその解答の1つが「社員の健康」だと思います。社員が健康であれば労働生産性は上がります。具体的に私が勧めるのが「瞑想」です。日本の禅にもあるこの瞑想にはストレスを解消する働きがあります。ストレスが解消されると、睡眠もしっかりとることができるのです。加えて、適度な運動と適切な食事も大事です。


ジム・バグノーラの経歴・略歴

ジム・バグノーラ。アメリカのエグゼクティブコーチ。「リーダーシップ・グループ・インターナショナル」会長。そのほか、ウエスタン・マネジメント・ディベロップメント・センター客員教授、ルーマニア・リーダーズ会議議長、オリーブ・ブランチ財団理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中稔哉

チーム内でメンバー同士が関心を持ち、「この仕事は君が得意だよね」と認め合うような雰囲気が作れればベスト。上司がいないところでも部下が互いにモチベーションを高め合ってくれるので、マネジメントの負担も軽減されます。


宮本恒靖

忙しいという意味では学生時代も同様です。プロを目指してユースに所属していたころは、学校から練習場へ、そして練習を終えて自宅へ帰宅する移動時間を学校の宿題をする時間に充てていましたから。そんな時間の使い方がクセになったのか、選手時代は車を運転する時間を英会話の練習に充てていました。


小松万希子

公差(こうさ。図面上の数値と測定値の間で許容される誤差の範囲)も、より小さい値を求められます。人の命にかかわる分野ですから厳しいのは当然ですが、これをクリアするのは大変でした。でも、この難題のおかげで、当社の技術がまた一段階進化しました。

【覚え書き|血管内治療器具に使う超精密ばね開発・製造に挑戦したことを振り返って】


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


大垣尚司

営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。


田村潤

38年間キリンビールで働いている中で、「ラッキーだったな」、そう思うことは何度もありました。が、中でも最も大きな幸運は「上司に恵まれた」ことです。私のサラリーマン人生において、上司の存在は大きかった。だから、自分が上司になったら、尊敬する上司の振る舞いを自分なりにマネしてきました。


鈴木みゆき(経営者)

年齢に関係なく好奇心旺盛な人が伸び続けるのだと思います。新しいチャレンジに立ち向かって、それを生きがいに感じることができれば、常に若さを保つことができると思います。


高橋新

「アーレスティなら信頼できる」といわれる会社になる。それが、当社の持続的な成長にもつながっていく。


永守重信

死ぬ気でやれば、そこそこの人間でも相当の人材になれる。


小宮山宏

これからの教育の目的は人間力と学力の向上だと思っています。人間力は、やはり少子化や都市化の影響でどんどん落ちてくる。これはもう避けようがない現実です。でも、インターネットが、人と人との脳みそが連結するツールとなってくれるのなら、それはひとつの救いですね。


飯伏幸太

いま一人でやっていることが、何に、いつ役立つのかはわからないけれど、絶対に役に立つということだけは、わかっている。


玉塚元一

ファーストリテイリングは社長を3年務めて去りましたが、思い返せば私の力不足、未熟な部分が多々ありました。今度は自分が出資し、オーナーとして会社を起こし、リスクを負い、苦しみながら新しいビジネスを創造していく経験をしてみたかったし、自分をそのような環境の中に置きたかったのです。
【覚書き|リヴァンプ創業に至った経緯について語った言葉】