名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジム・ステンゲルの名言

twitter Facebook はてブ

ジム・ステンゲルのプロフィール

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

ジム・ステンゲルの名言 一覧

強いブランドは、企業を成長させるうえでの重要な推進力になる。


ブランドの構築で最も重要なことは一貫性を保つことだ。成功するブランドは、しっかりしたブレない理念を基盤にして、消費者との絆と収益を一緒に成長させている。


素蜻らしいブランドになり得るビジネスは、優れた製品やサービスを持つだけではなく、人々の生活を変える力を持っている。


素晴らしいビジネスではアーティストがリーダーを務めている。


ブランドの理解には人間の認識を理解しなければならないが、人は必ずしも本音を語ってくれない。人は聞き手が聞きたいと思うことを言ってしまう傾向がある。


経営者は効率化を好む傾向が強いが、審美眼を持つことなど「アーティスト」のような頭の使い方を意識すべきだ。


創造性を育むためには、時間の過ごし方を変える必要がある。じっくり考える時間、自省する時間がなければ、アイデアは生まれはしない。


今の企業経営は効率を重視しすぎだ。数年トップを務め、効率化を進めて株価を高めればそれでまずまず、と評価される。だが力強く新しいアイデアを生む洞察や情熱は、あらゆる角度から世界を見なければ得られない。


リーダーにも得意、不得意がある。業務遂行に長けたリーダーは左脳の働きが優れており、分析的で、プロセスを重んじる傾向がある。時間通りに適切なコストで業務を遂行することを重視する。一方、芸術家肌のリーダーは、脳全体を使い、美的で、驚きを求める。美しい、新しいものを作り、消費者とつながりを持ちたいと考える。


女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


ジム・ステンゲルの経歴・略歴

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

海外では、日本の考え方を相手に理解してもらう必要があるが、それには、自分も相手の文化を理解する姿勢を見せなくてはならない。


山上徹

私が会長を務める日本ホスピタリティ・マネジメント学会では、国内外の企業や団体を対象に研究を行っている。日本の就労人口の7割がサービス業に従事する現在、ホスピタリティは飲食業などの接客業にとどまらず、あらゆる業界で競争力に直結する。また海外においても、日本流のホスピタリティが売上と企業ブランドの向上に資することが証明されつつある。


小宮輝之

子供の頃から動物オタクで、70歳になった現在は、動物に関する講演をしているほか魚拓ならぬ動物の「足跡」を集める「足拓墨師」として活動しています。思い返すと、このような人生を送れたのは、常に「好きなこと」に全力投球だったからかもしれません。すべてにおいて全力だったわけではありません。好きなこと「だけ」していたまでです。ですが世の中には、好きなことなのに全力でやっていない人が意外といる。そんな人には「好きなことくらい全力投球しよう」と言いたいですね。


矢野博丈

会社が大きくなりすぎることは恐ろしいと、ずっと思ってきました。流通業が栄枯盛衰を繰り返してきた歴史からもわかるように、小売業のオーバーストア(店舗数過剰)は非常に恐ろしい。「オーバーストアは地獄じゃけ、あまりたくさん店を出さんでいい」と社員にも繰り返し言ってきました。


大野直竹

思っていてもできないことはいっぱいありますよね。我々もたくさんのことを思いますが、その何分の一が実現できるかわかりません。ですが、思わない人間には絶対に何もできません。


小松易

仕事ができる人は、探す時間の無駄をよく認識していて、日ごろから整理整頓を心がけ、必要なものや情報にいかに早くアクセスできるかに気を配っている。


須田将啓

新しい流れを作ることこそが世界を変えることに繋がっていく。それがベンチャーの世界の変え方。


高山善司(髙山善司)

プラットフォームとして成立するためには、ブランド力や技術力、資金力が必要になる。


為末大

結果がすべての世界で生きていると、自分への要求はどんどん高くなっていきます。すると、満足できるレースがどんどん減っていく。そのなかで頑張るのは苦しい。1、2年もすれば誰でも燃え尽きてしまいます。大切なことは、自分の外側に目標を置くのではなく、自分の「モチベーションのフック」が何かを知ること。そのためには、まずは自分を観察することです。僕の場合、自分で立てた仮説を検証したり、人をビックリさせたりすることが、モチベーションのフックです。


小山昇

多くの人は、スキマ時間を休憩に使う。どうせ細切れに仕事しても進まないから、休憩がてらスマホをいじるわけです。でも、実際はスキマ時間ほど仕事に使える時間はない。私は歩きながらボイスメールを聞いて返信し、電車や車の中で書類の決裁をバンバン出す。だから6時に帰れるんです。