名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジム・ステンゲルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・ステンゲルのプロフィール

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

ジム・ステンゲルの名言 一覧

強いブランドは、企業を成長させるうえでの重要な推進力になる。


ブランドの構築で最も重要なことは一貫性を保つことだ。成功するブランドは、しっかりしたブレない理念を基盤にして、消費者との絆と収益を一緒に成長させている。


素蜻らしいブランドになり得るビジネスは、優れた製品やサービスを持つだけではなく、人々の生活を変える力を持っている。


素晴らしいビジネスではアーティストがリーダーを務めている。


ブランドの理解には人間の認識を理解しなければならないが、人は必ずしも本音を語ってくれない。人は聞き手が聞きたいと思うことを言ってしまう傾向がある。


経営者は効率化を好む傾向が強いが、審美眼を持つことなど「アーティスト」のような頭の使い方を意識すべきだ。


創造性を育むためには、時間の過ごし方を変える必要がある。じっくり考える時間、自省する時間がなければ、アイデアは生まれはしない。


今の企業経営は効率を重視しすぎだ。数年トップを務め、効率化を進めて株価を高めればそれでまずまず、と評価される。だが力強く新しいアイデアを生む洞察や情熱は、あらゆる角度から世界を見なければ得られない。


リーダーにも得意、不得意がある。業務遂行に長けたリーダーは左脳の働きが優れており、分析的で、プロセスを重んじる傾向がある。時間通りに適切なコストで業務を遂行することを重視する。一方、芸術家肌のリーダーは、脳全体を使い、美的で、驚きを求める。美しい、新しいものを作り、消費者とつながりを持ちたいと考える。


女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


ジム・ステンゲルの経歴・略歴

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

他の記事も読んでみる

三宅裕之

「自分の行動」を目標にするのも有効です。「○○ができるようになる」といった結果にフォーカスするのではなく、「毎朝10分英語の勉強をする」といった行動に焦点を当てた目標を設定するのです。結果はコントロールできませんが、行動はコントロールが利きます。決めた行動ができた自分を褒めて、それを積み重ねていくことで、より安定したやる気につなげていくのです。


渡辺秀一(経営者)

当社はあくまで物を右から左に動かして売買差益を得るトレーディングカンパニー。それに関わる事業領域の中で投資してビジネスの芽を育てていこうと思っています。可能性を持っている会社でも、大きく発展するには資金がいる。それと流通。僕たちはそれを持っています。ならば自分たちで種をまいて商品を育て、発売された暁には、流通を優先的に担わせてもらって果実を得るわけです。


古森重隆

仕事の周りをウロチョロしている程度の働き方では駄目だ。半年でいいから、一度、死ぬほど働いてみろ。そうすればわかる。
【覚書き|部下に人生の目標と仕事をどうすれば両立できるのかと問われての発言】


吉澤和弘

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


前澤友作

叱るときは遠回しな言い方をしないようにしています。駆け引きをするのは嫌ですし、回りくどいと、間違って伝わることもありますから。ただ、多少のフォローはしますよ。あとでネチネチ言わずに、その場で終わらせますし、叱ったあとはそのまま終わらずに、最後にちょっと笑いを入れたりします。


藤田晋

成功を収めている人は、信用が第一なので、小さな約束をきっちり守る。「信頼を築くためには、どんなに小さなことでも、自分の責任をきっちり果たす」と肝に銘じてほしい。


加藤俊徳

記憶には3種類あります。「言語による記憶」「視覚による記憶」「運動記憶」です。どれが得意でどれが苦手かは人によって異なります。脳そのものの特性に加え、自分のタイプを知ることで、効率よく記憶力の鍛錬ができます。


伊藤正裕(起業家)

経営者は常にイノベーションを考えなくてはいけない立場なので、既成概念にとらわれない発想が必須なんです。私は常に学習スイッチをONにして情報を素通りさせないようにしています。


安河内哲也

日本人は、相手がぽかんとしていると自分の発音が悪いために通じていないと思う。しかし、通じないのは、聞こえていないからということも多い。


大塚寿

「誰の担当分野でもないけれど、やらないわけにもいかない、そこそこ時間がかかる急ぎの仕事」は、上司の悩みの種になりやすい。そんなとき「自分がやります!」と手を挙げると、「使える部下」として認知され、重要な仕事も任せてもらいやすくなる。普段からとにかく腰を軽くし、上司が困っていたらすぐに動けるようにしておくことが大切。


柴田励司

私はこれまでの経験から、勉強などの頭を使う作業をするには朝が最適だと思っています。ですからいまでも私は、朝5時に起きて、大事なことほど朝食前に片づけてしまうことにしているのです。


橘フクシマ咲江

よく「目標を設定して、それに向かって努力せよ」といわれます。もちろん、目標がある人はそれでいいと思うんです。ただ最近は、みんな目標を「見つけなきゃ、見つけなきゃ」って、私が「青い鳥症候群」って言うんですが、「これかな?これかな?」と、焦りながら会社を移ってしまう人が多いように思います。でも、ゴールが見えないと努力できないというのも、どこかおかしいと思うんです。