ジム・ステンゲルの名言

ジム・ステンゲルのプロフィール

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

ジム・ステンゲルの名言 一覧

強いブランドは、企業を成長させるうえでの重要な推進力になる。


ブランドの構築で最も重要なことは一貫性を保つことだ。成功するブランドは、しっかりしたブレない理念を基盤にして、消費者との絆と収益を一緒に成長させている。


素蜻らしいブランドになり得るビジネスは、優れた製品やサービスを持つだけではなく、人々の生活を変える力を持っている。


素晴らしいビジネスではアーティストがリーダーを務めている。


ブランドの理解には人間の認識を理解しなければならないが、人は必ずしも本音を語ってくれない。人は聞き手が聞きたいと思うことを言ってしまう傾向がある。


経営者は効率化を好む傾向が強いが、審美眼を持つことなど「アーティスト」のような頭の使い方を意識すべきだ。


創造性を育むためには、時間の過ごし方を変える必要がある。じっくり考える時間、自省する時間がなければ、アイデアは生まれはしない。


今の企業経営は効率を重視しすぎだ。数年トップを務め、効率化を進めて株価を高めればそれでまずまず、と評価される。だが力強く新しいアイデアを生む洞察や情熱は、あらゆる角度から世界を見なければ得られない。


リーダーにも得意、不得意がある。業務遂行に長けたリーダーは左脳の働きが優れており、分析的で、プロセスを重んじる傾向がある。時間通りに適切なコストで業務を遂行することを重視する。一方、芸術家肌のリーダーは、脳全体を使い、美的で、驚きを求める。美しい、新しいものを作り、消費者とつながりを持ちたいと考える。


女性というのは他人が思うイメージに比べ、自己イメージの方が悪いことが明らかになっている。しかし女性はそのような本音をなかなか明かさない。マーケットリサーチの世界では、顧客の潜在意識を読み解く競争がすでに始まっている。


ジム・ステンゲルの経歴・略歴

ジム・ステンゲル。アメリカのマーケティングコンサルタント。アメリカ日用品メーカー大手のP&Gでグローバル・マーケティング責任者を務めた人物。P&Gに25年間在籍し、パンパース、オレイなどのブランド再生を成功させた。同社退社後はコンサルティングを行う傍ら、UCLAアンダーソン経営大学院で教鞭をとった。フォーチュン誌「ドリーム・マネジメント・チーム」のCMO(最高マーケティング責任者)に選ばれた。著書に『本当のブランド理念について語ろう 「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50』ほか。

他の記事も読んでみる

神田昌典

本当にいいアイデアは、従来の視点からは思いつかない。視点を変えることがまず必要。


藤原和博

ずっと4択問題ばかり何千問も解いてきた子は、たぶん選択肢は必ず誰かから与えられるものだという態度を身につけることになる。ところがいまの実社会で求められているのは、4つの仮説を全部自分でひねり出して試すこと。でも、いまは与えられた4つの選択肢の中に必ず正解があると信じる子を育てているようなもの。


森川亮

リーダーにとって最も大事な仕事は、意思決定し、答えを出すこと。チームのメンバーがやる気のない時や、もめている時にも決定を下し、みんなを引っ張っていく。そのためには自分がその決断に確信を持っていないといけない。


吉田穂波

仕事で忙しくしている人が「定年後は好きな釣りをして過ごしたい」と言っていたのに、いざ定年を迎えたらすっかり興味を失ってしまう、という話を聞きます。いろいろなものを同時並行でやるからこそ、時間が少ないからこそ、時間のありがたみを感じて有効に使えるのです。


松坂敬太郎

消費者には欲求があります。しかしその欲求は本人たちには言葉でも形でも説明ができません。でも、気持ちの中では必ず何かを欲しいと思っている。それを形にするのが、モノづくりの会社の使命なんです。


加藤諦三

なぜ、職場でトラブルを起こす人は、またトラブルを起こしてしまうのでしょうか。その人が抱える「心のトラブル」が、人間関係を通じて表れているからです。


バラク・オバマ

アメリカは、あらゆることが可能な国です。それを未だに疑う人がいるなら、今夜がその人たちへの答えです。建国の父たちの夢がこの時代にまだ生き続けているかを疑い、この国の民主主義の力を未だに疑う人がいるなら、今晩こそがその人たちへの答えです。


中村天風

本人が幸福化している以上は、不幸はありやしない。幸福というものは主観的断定だもの。


豊田達郎

日本の自動車産業はまだ前途洋々だと確信しております。最近、「自動車産業も衰退期に入ってきた」と書かれる方が多いのですが、私はそうじゃないとデータを挙げて申しております。


岡田斗司夫

太っている人は自分が太るための行動をとっていることを自覚していないんです。そういう現実を直視しないと、本気でダイエットする決心がつかないのです。


元谷芙美子

今のようなネット時代は、スピードこそが価値を生みます。時間がとにかく大切。「タイム・イズ・マネー」じゃなくて、「タイム・イズ・ライフ」「時は命なり」と号令をかけています。


出口汪

話題、結論を最初にはっきりと示した上で、その理由を話す。すると聞き手は、話し手が何のテーマにどんな意見を持っていて、その根拠は何なのかをすんなりと受け止めることができます。逆に本題に入るまでの前振りが長いと、聞き手は「この人は何の話がしたいのだろう」と戸惑い、次第に集中力を失ってしまいます。


富田直美(経営者)

とにかくやることが大事。それが次につながるからです。


佐藤康博

私は金融は情報産業だと思っています。持ち株会社の社長就任記者会見の際、私は「お客様と会う時間は1分たりとも削らない」と言いましたが、それはお客様からお聞きする話の中にこそ、ビジネスや銀行経営にとっての多くの示唆があると考えるからです。


伊藤一郎(経営者)

日本の競争力は、これまで同様、知恵と粘り強さによるモノづくりだと思います。そのためには、常に技術力を磨いて一歩先を行かないと、グローバルな競争には勝てません。モノづくりの拠点として、国内に残せるものは残さないといけません。


ページの先頭へ