名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジム・クレイマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・クレイマーのプロフィール

ジム・クレイマー、米国、元ゴールドマンサックスのトレーダー、ヘッジファンドマネージャー、テレビ・ラジオの投資情報番組パーソナリティー、2001年のITバブル崩壊で多くの破産者が出た時期にリターン36%という好成績をあげた

ジム・クレイマーの名言 一覧

頭の中に整ったイメージを描くと、それが磁石のような作用を起こす。そのイメージが、人、出来事、それにともなう状況を引きつけてくれるのだ。別の味方をするなら、イメージを描くことは予言であり、そのとおり実現される。起こると信じれば、それと気づかないうちに、本当に起こるものなのだ。


株式を売買する意思決定に際しては、いくら買ったかではなく、これから先どうなるかだけを考えて決めること。


ジム・クレイマーの経歴・略歴

ジム・クレイマー、米国、元ゴールドマンサックスのトレーダー、ヘッジファンドマネージャー、テレビ・ラジオの投資情報番組パーソナリティー、2001年のITバブル崩壊で多くの破産者が出た時期にリターン36%という好成績をあげた

他の記事も読んでみる

丸山晴美

やりくりする単位を1か月から1週間にすることでお金の管理がラクになり、結果が見えやすい。急な出費は予備費から捻出して赤字を防ぎます。ゆとりを持たせているため、予算内でやりくりするだけでラクにお金が貯まる。週末、月末にお金の使い方を振り返れば万全です。


星野佳路

何とか時間を捻出して、旅に出て欲しい。感性を磨くには「仕事以外の時間」がとても大事。そこで磨かれた感性が、仕事で大きな成果を生む。


岩田松雄

ビジネススクールでは、ファイナンス、マーケティング、ヒューマンリソースなどを勉強します。しかし、数字がすべてという授業に、私は疑問を感じていました。人を動かすためには、「情」も大事なのではと。このときに、東洋哲学をはじめ、孟子や孔子の中国古典、司馬遼太郎さんの歴史小説などを読みあさり、自分なりに心のバランスを取っていました。


峰岸真澄

海外で迅速に事業基盤を整えるためには、既存の資産を獲得するM&A(企業の買収・合併)が主軸にならざるを得ません。国内では法人顧客約30万社、ネット事業で数千万人というユーザーを抱えるまでになりました。しかし、海外ですべてを自前で展開した場合、50年かけても日本で築き上げたもの以上は得られないでしょう。


菅原洋平

私たちは子供の頃から「早寝早起き」と習ってきたため、「就寝時間をそろえれば、朝起きられるようになる」と思いがちですが、それは正しくありません。脳は、起床して光を浴びた時を「朝」と認識し、そこから16時間後に眠くなる仕組みです。最初は就寝時間がバラバラでも、起床時間をそろえることで、夜にしっかりと眠れるようになります。


いぬかいはづき

今は働き方に多様なモデルが生まれている時代です。40代でも資格を取ってキャリアに活かすことは十分できますし、年齢的に遅すぎることはないでしょう。ただし、資格を持っているからといって転職や副業が必ずうまくいく保証がないことも現実です。とくに副業の場合、資格不要の業務が大半ですし、「この資格を取ったから副業がうまくいく」ということはあまりないように思います。転職や副業に資格を活かすのであれば、キャリア形成を同時に考えるべきです。


澤田秀雄

私も人間なので、ストレスや悩みはたくさんあります。毎回、新たな事業に着手するときは、プレッシャーで押しつぶされそうです。でも、私の場合は開き直ってしまうため、強いと見えるのかもしれません。


新井健一

責任転嫁をする部下に、「責任転嫁をするな」と説いても効果はない。その人が「失敗を認めると、よくないことが起こる」と考えていれば、行動は変わらないからだ。「失敗しても大丈夫」と思える職場環境づくりと、上司・同僚との信頼関係の構築が必要だ。こちらの思いを一方的に伝えるのではなく、聞き役に徹し、相手が抱える不安や不信感をじっくり聞く。失敗しても責めず、チャレンジしたことを評価する。仕事を与える際には、「私もここまでやってみるから、半分やってみよう」と伴走する。こうして関係の質を変えて、失敗しても安全な環境であることを丁寧に伝えるのだ。


日高大介(日髙大介)

無関心な情報は頭の中を左から右へ流れていくだけですが、「悔しかった」「嬉しかった」など、感情を伴った記憶は引っかかりがあるため定着しやすい。


下田進

会社経営とはフルマラソンではなくリレーだと私は思います。人の人生は、生を得てから死んでいくまでフルマラソンだと言えるでしょう。しかし、会社というのは、人を育て、バトンタッチして行かなければならないリレーなのです。


久保田裕也

当社は本を音で聴く「オーディオブック」を配信する「FeBe」や、新刊書籍を紹介する「新刊JP」を運営しています。今は電車に乗って周りを見ると、皆さんスマートフォンでゲーム、SNS閲覧、動画視聴などをしており、いわば「目」の取り合いといった状況になっています。一方、多くの方が「学習したい」、「エンターテインメントを消費したい」と思った時に、「耳」は比較的空いている状態です。そこにチャンスがあります。


和才博美

本はよく読む方ですが、乱読ではなく、どちらかといえば好きな本を何回も読み直すタイプです。時代が変われば自分の置かれた環境や経験の量も変わるので、同じ文章でもまた違った受け止め方ができます。そのため気に入った本は1、2年おきに繰り返し読んでいます。