名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジム・クリフトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・クリフトンのプロフィール

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ジム・クリフトンの名言 一覧

成長には、誰かが強みを見いだし、コーチングをする必要がある。サッカーでもテニスでも同じだ。上司がチームのメンバーの成長機会を与えられていないのであれば、それは、無くてはならないものが欠けている状態ということだ。


従業員の熱意が下がる理由は、チームのマネジャー、上司がメンバーと適切な関係を持っていないからに他ならない。我々の調査によると、熱意がない従業員の不満要因の70%が、組織全体ではなく、上司のみに起因していた。さらに、上司から離れるために職場を去る従業員の割合は50%にも上る。


日本の問題は、従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。我々の長年の調査研究によると、熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因。


「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。


ジム・クリフトンの経歴・略歴

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

木村皓一

他のメーカーは、どこもそれなりにいいものを作って、それをできるだけ安く売っていました。私はいいものを安く売ることに抵抗がありました。「いいものをできるだけ高く売れるようにしたい」、そう思っていました。価格競争になったらやっていけなくなる。たとえば、他のメーカーは刺繍を減らして価格を下げようとする。うちの場合はデザインに合った刺繍をする。それで値段が上がってもいい。とにかくきちんとした、安心できる商品を作ることだけを考えていました。


岡本太郎

あっちを見たりこっちを見たりして、まわりに気を使いながら、カッコよくイージーに生きようとすると、人生を貫く芯がなくなる。そうじゃなく、これをやったら駄目になるんじゃないかということ、まったく自信がなくってもいい、なければなおのこと、死に物狂いでとにかくぶつかっていけば、情熱や意志が湧き起こってくる。


樋口武男

会社は大中小といった規模にかかわらず、トップで決まる。


海老根智仁

自分の仕事人としての目標が何なのかを考え、それを達成するためにやるべきことを決めれば、時間に流されるという感覚は減るのではないでしょうか。私も社員に、「自分の目標を持ちなさい。そのためにはまず、1週間に30分でもいいから自分を見つめる時間をつくりなさい」と口酸っぱくしています。


デービッド・アトキンソン

外国人からすれば、この「おもてなし」は上から目線で自己満足のサービスを押し付けているようにしか映っていません。というのも、「客」である外国人が本来望んでいるようなサービスがなされていない一方で、「おもてなし」の名のもとに必要とされていない過剰なサービスが行われていることが多々あるからです。


佐々木常夫

ともに幾多の試練をくぐり抜けてきた私の家族は固い絆で結ばれ、今はとても仲がいいのです。困難は家族を不幸にしないものです。


亀田啓一郎

中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


木村政雄

大阪には「お笑い100万票」があるといわれていたことがありますが、それは大阪の人たちがお笑いタレントが好きなのではなくて、庶民の気持ちを代弁する人を選びたいということの表れなのです。


木村清

売り上げが落ちたり、来店客数が減少するのは、何よりも、お客さまの支持が得られていない証拠。


大川順子

乗務員時代は、ずっと自分だけの「フライト日誌」をつけていました。行き先、お客様の人数、運航状況、サービス内容、うまくいったこと、失敗したこと……などを、逐一記録することが習慣になっていました。30年間、どんなに疲れて帰った日でも、そのノートだけは書くように心がけてきました。どんな出来事も、ひと晩寝るとぼやけてしまうものです。貴重な経験を忘れてしまうなんて、あまりにももったいないことです。記録することは、成功と失敗のセオリーを作ることにつながりますし、何よりも自信の源になります。記録した後に同じルートで乗務するときには、必ずその部分を読み返すようにしていました。すると、同じ場面で前より冷静でいられる、的確な判断ができるようになるのです。


濱川智

経済成長期は、均質なサービスで不特定多数の新規顧客を獲得し、シェアを拡大すればよかった。しかし、市場が縮小しているいまは、ターゲットを絞ってロイヤルカスタマーを増やし、収益を高めることが求められる。


リンダ・グラットン

すでに、国籍に関係なく優秀な人材がどんどん発掘され、活躍する時代に入っています。先日のダポス会議では、ビル・ゲイツの横に、パキスタンから来た11歳の少女が座っていました。スタンフォード大学の物理学教授が自分の講義をオンラインで公開し、世界中に受講生を募ったところ、彼女が応募してきて、全受講生のなかで最も優秀な成績を収めたそうです。わずか5年前であれば、パキスタンの少女が世界最先端の物理学の講義を受けたり、国際会議でビル・ゲイツの隣に座ったりするような機会が与えられることはまったく考えられませんでした。