名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジム・クリフトンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジム・クリフトンのプロフィール

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ジム・クリフトンの名言 一覧

成長には、誰かが強みを見いだし、コーチングをする必要がある。サッカーでもテニスでも同じだ。上司がチームのメンバーの成長機会を与えられていないのであれば、それは、無くてはならないものが欠けている状態ということだ。


従業員の熱意が下がる理由は、チームのマネジャー、上司がメンバーと適切な関係を持っていないからに他ならない。我々の調査によると、熱意がない従業員の不満要因の70%が、組織全体ではなく、上司のみに起因していた。さらに、上司から離れるために職場を去る従業員の割合は50%にも上る。


日本の問題は、従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。我々の長年の調査研究によると、熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因。


「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。


ジム・クリフトンの経歴・略歴

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

飯村久美

節約するときにまずお小遣いを増やすことで、お金に対する価値基準がハッキリします。自分が主導権を持って使えるお金なので、何に使ったら満足できるか真剣に考えるでしょう。そんなに欲しくないものを買ったり、気が乗らない飲み会に行ったり、何となくお金を使うことは確実に減るはずです。


水野明人

選手たちと話をすると、ここは残しながら、ここはこうしてほしいとかそういう話はしょっちゅうです。無理難題を克服すると、他との差別化できる一段階上の商品ができる。それは難しいことだけれど、いい商品を作るためには必要な部分です。


水野哲也(経営者)

戦争が起きるのは人や物や情報の交流が不足しているから。


山田政弘

売上や対前年比などの数字はあくまで現状を把握する材料にすぎません。その数字を起点に原因を検証し仮説を立て、対策を考えて初めて数字の意味が出てきます。その作業こそが、数字を使ってビジネスパーソンがするべき仕事なのです。


柳田泰山

「守破離」という言葉は、今でも焼印を付けられたかのように離れません。いかに守り、破り、離れるかが問われますが、柳田流の書家としてそこに抵抗しています。徹底的に親父の真似をして、柳田流を守り抜いてやろうと。その努力があれば、自分の世界が開けるでしょうし、開けなければ努力不足だと。歳を重ねるごとに「守破離とは」という思いが胸を去来しますが、80歳を超えれば自然と分かるのかもしれません。


鈴木喬(経営者)

大事なのは、まず小さく賭けること。新製品の開発は賭けですが、失敗したときに取り返しがつかなくなるような賭けには出ません。たとえば、まず地区限定で売ってみる。あるいはバリエーションの数を絞る。「5種類もつくるな。3種類にしておけ」と言ってやっています。


及川智正

私が大切にしているのは「持たない経営」です。最初50万円で創業したのでお金がなく、持たなくて良い方法を考えた結果、現在のような形になったのですが、これからも「持たない」ことを強みにして、農業をより良くするための本質的な部分を真剣に考えられる会社にしたいと思います。


田中義信(田中誠文堂)

どこよりも安くは無理です。どこよりも早くも無理です。でも、どこよりも深くお客様に入り込む。これが当社の基本姿勢です。


角田太郎(経営者)

恵まれたポジションを手放すからには、アマゾンでは絶対できないことをしたい。そう思った時部屋のなかを見渡したら約1万本のカセットが並んでいたわけです。僕はおそらく世界的なカセットコレクター。市場らしい市場がないのでカセットの入手は困難。でも入手困難だからこその「ありがたみ」があります。それこそ定額で音楽聴き放題の時代になって失われてしまったもの。


岩瀬大輔

ものごとが上手く進んでいるときは、いつか転げ落ちることだってあります。逆に大変なときは、この苦労がいつか自分の力になって返ってくると思えばいいのです。以前、上司に「失意泰然、得意淡然(失意のときには泰然と構え焦らず、上手くいっているときは淡々と構え驕らない)」と教えられました。私自身、失意のときこそ慌てずどっしりと構え、上手くいっているときは調子に乗らず、謙虚に努力したいと思っています。


岡野雅行(岡野工業)

工場で一緒に働く先代の親父や、先輩の職人がやっていることをひたすら盗み見した。「そうか、あんなふうにやるんだ」と。「盗む」というと聞こえは悪いけれど、利点は大きい。大体のやり方を短時間でつかめるから。


二村ヒトシ

女性に警戒されてしまう男性への一番の処方箋は「一回負けてみる」ということです。女性の理屈は自分とは違う。そもそも自分にはわからないんなら、あっさり白旗を揚げちゃうぐらいのことをしたほうが、相手との距離も縮まるんです。負けたってどうということはありません。男と男の闘いは負けたらマウンティングされておしまいですが、相手が女性の場合は、負けることで相手も気がすんで、かえってうまくいくことが多い。