名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジム・クリフトンの名言

twitter Facebook はてブ

ジム・クリフトンのプロフィール

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ジム・クリフトンの名言 一覧

成長には、誰かが強みを見いだし、コーチングをする必要がある。サッカーでもテニスでも同じだ。上司がチームのメンバーの成長機会を与えられていないのであれば、それは、無くてはならないものが欠けている状態ということだ。


従業員の熱意が下がる理由は、チームのマネジャー、上司がメンバーと適切な関係を持っていないからに他ならない。我々の調査によると、熱意がない従業員の不満要因の70%が、組織全体ではなく、上司のみに起因していた。さらに、上司から離れるために職場を去る従業員の割合は50%にも上る。


日本の問題は、従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。我々の長年の調査研究によると、熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因。


「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。


ジム・クリフトンの経歴・略歴

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

武田邦彦

経営者は議論なしに主張の強い人に迎合したり、集団の空気だけで物事を決めているようではダメ。


ゆうきゆう

ストレスの受け方は個人差が大きく、同じ刺激を受けても、それがストレスになる人とならない人がいます。ストレスを受けやすいのは、真面目、問題を大きく捉えやすい、自己主張が弱い、自己犠牲心が強いタイプに多いといわれています。ストレスを受けにくいのは、穏やかで他人の評価を気にしないタイプです。


吉野佳秀

ビジネスの世界では生き残るのではなく、勝ち残らなければいけない。自分が決めた目標に向かって、誰にも負けない努力をしなければならない。人知れぬ所で努力し続けてこそ、最後に神様が背中を押してくれて、初めて成功できる。


小林佳雄

右肩上がりの状態を何十年も続けていると、結構疲れます。しかし、その緊張感が切れ、逃げたくなることがあれば、その時こそ私がトップの座を降りる時でしょう。少なくとも今は、まだ右肩上がりの状況を維持するための戦略づくりやアイデアが浮かんでくるので、そのタイミングではありません。


福沢諭吉

孔子の時代というのは、明治を去ること二千年以上も昔、野蛮未開の世の中でしたから、教え方も、その時代の風俗人情に従わなければならず、一般の人心の水準を保つためには、よい方法ではないと知りつつも、人心を束縛するという便宜的な手段を取らなければなりませんでした。ですから、後世、孔子の教えを学ぶ人は、時代の思潮を考慮して取捨選択しなければなりません。二千年前の教えを、そのまま明治の時代にあてはめようとする者は、物事の価値を共に語り合うのにふさわしい人ではありません。


今敏

「いま作ってるのがこうだから、次はこういうところに行きたい」というのがあるんです。流れと関係なく、突発的に何かを考えるって、できないと思うし、そういう風に作ったものはうまくいかないと思います。無理やりに何かを出すんじゃなくて、自分の中にある流れみたいなものを作品に反映させるべきだと思います。


遠藤憲一

じつは、読むだけの仕事は得意ではありません。でも、CMのナレーションをやっていたら、ある時期から映画の予告の仕事にもお呼びがかかったんです。「マトリックス」シリーズの予告は話題になりました。映画予告もテレビCMも、センスのいい一流の方たちと出会えて、勉強にも刺激にもなりました。自分が得意なものじゃなくても、一生懸命にやっていれば評価されることがあるものです。


毛利輝元

人がたとえ無遠慮なことを言ってきたとしても、それをよく聞きいて、事を取りきめねばならぬ。人の言うことにやたら腹を立ててはならない。


高島宏平(髙島宏平)

人は誰しも、聞き手に回ると油断する。会議や面談の場でも、自分の中で納得できていないと、無意識のうちに首を傾げたり不安げな表情をしたりします。私はこうしたものをキャッチすると、その場で、あるいは会議の後に相手の席まで行って、「何か分からないことがあった?」と話しかけ、納得していない理由を聞き出し、対処法を話し合うようにしています。たったの5分、そうした時間を取るだけで、ほとんどの人は納得し、確実に仕事を前に進めてくれます。


田原総一朗

若いことはむしろ武器なのだから、コンプレックスに感じる必要はない。アメリカの伸びている会社は、社長がだいたい20~30代。対して日本の大企業は50~60代がほとんど。だから日本の大企業は発想力や展開のスピードで負けてしまうんです。何か言われたら、「若いからすごいんです!」と言い返すくらいでいいんじゃないかな。


長嶋茂雄

自分の一挙手一投足、どういうプレーをすればスタンドのファンが喜んでくれるか、そればっかり考えていたよ。

【覚え書き|現役時代を振り返って】


浦沢直樹

おばあちゃんにお小遣いをもらうんですよ、100円。で、その100円玉で普通おもちゃとかお菓子とか買うじゃないですか。僕、それで大学ノート買うんですよ。「これで漫画描き放題だ」って言って。僕は、子供のときからずっと暮らしていて生きている時間、全部漫画にならないかなって生きているような人だから。「これ使える」とか、そんなことばっかり考えていますよね。


松本利明(コンサルタント)

一般的なメンバーは「理想のリーダー像」に期待し、その理想と現実のギャップからリーダーに対して物足りなさを感じているが、スーパーメンバー(リーダーを動かすメンバー)は最初からリーダーに理想のリーダー像を期待していない。リーダーは完璧ではないということを理解しつつ、プロジェクトを成功に導くために、リーダーがどのように判断し動けば関係者全員がWin-Winになるかを考え、リーダーを活用するというスタンスで事にあたっている。


松重豊

年齢と共に、俳優に求められるものは演技だけではないだろうと思うようにもなってきた。若いミュージシャンと僕が話している姿とか今ここで話していることを、若い俳優や表現者が見たら、ちょっとした刺激を受けるかもしれない。どんな方向でどんな矢が刺さるかわからないですからね。人の前に出る仕事をしている限り考えなければいけないことだと思うし、この仕事をする覚悟をした時から、どういうふうに生きればいいのかをずっと考えてきました。


出口治明

歴史、経済・金融、この知識なくして、社会状況を正しく把握することはできません。例えば、金融緩和をさらに進めた方がいいのかどうかすら、判断できないはずです。そんな人が、仕事上の判断を正しく行えるわけがありません。