ジム・クリフトンの名言

ジム・クリフトンのプロフィール

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ジム・クリフトンの名言 一覧

成長には、誰かが強みを見いだし、コーチングをする必要がある。サッカーでもテニスでも同じだ。上司がチームのメンバーの成長機会を与えられていないのであれば、それは、無くてはならないものが欠けている状態ということだ。

従業員の熱意が下がる理由は、チームのマネジャー、上司がメンバーと適切な関係を持っていないからに他ならない。我々の調査によると、熱意がない従業員の不満要因の70%が、組織全体ではなく、上司のみに起因していた。さらに、上司から離れるために職場を去る従業員の割合は50%にも上る。

日本の問題は、従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。我々の長年の調査研究によると、熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因。

「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。

上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。

ジム・クリフトンの経歴・略歴

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ページの先頭へ