ジム・クリフトンの名言

ジム・クリフトンのプロフィール

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

ジム・クリフトンの名言 一覧

成長には、誰かが強みを見いだし、コーチングをする必要がある。サッカーでもテニスでも同じだ。上司がチームのメンバーの成長機会を与えられていないのであれば、それは、無くてはならないものが欠けている状態ということだ。


従業員の熱意が下がる理由は、チームのマネジャー、上司がメンバーと適切な関係を持っていないからに他ならない。我々の調査によると、熱意がない従業員の不満要因の70%が、組織全体ではなく、上司のみに起因していた。さらに、上司から離れるために職場を去る従業員の割合は50%にも上る。


日本の問題は、従業員の熱意が世界に比べて低いことにある。我々の長年の調査研究によると、熱意ある従業員の割合はわずか6%。これは米国の32%、世界平均の15%を大きく下回る。逆に周囲に不満をまき散らすような極めて熱意が低い無気力な従業員の割合は、24%と高水準。これは組織をむしばむ従業員であり、生産性の向上を阻害している要因。


「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


上司と従業員の関係を向上させる唯一の方法は、上司がメンバーの個々人の強みに基づくマネジメント手法に変えること。そして、それぞれのマネジャーが抱えるメンバーの熱意の状態に責任を持たせることだ。そのためには、従業員の熱意の状態と、個々人の強みを知るところから始める必要がある。その上で、例えば「あなたのチームの熱意スコアを期末までに何%まで上げなければ、マネジャーを外れてもらう」と伝えれば、スコアは上がるはずだ。


ジム・クリフトンの経歴・略歴

ジム・クリフトン。アメリカの経営者。「米ギャラップ」会長CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

佐藤尚之

心の底から好きな女性がいたら、好きになってもらえるよう努力するだろう。それと同じで、消費者に好きになってもらうには、企画を考えている自分自身が消費者の好みを知ることが重要です。そうすれば、相手は元からこちらを注目してくれます。そして、商品のメッセージも喜んで受け入れ、実際に購入してくれるでしょう。


山下和美

考え事をするとき、頭の中で二人の自分が会話していませんか? それと私、4人姉妹の末っ子で姉が3人いるんです。子供の頃は姉からめちゃめちゃいじめられて(笑)、どうすれば彼女たちと対等になれるんだろうとずっと考えていました。だから、私の中に自分ではない3タイプの人格が刷り込まれているんです。それが、多面性という視点につながっているのかもしれません。


平井伯昌

調子が悪い時には絶対に焦らず、ひと休みする。長く休めないサラリーマンなら、ひと呼吸おく。感情は肉体に強く影響しますから、マイナスの感情に引っ張られて本来の力が発揮できなくなるのを防ぐわけです。


ダニエル・カーネマン

ストレスはGDPの低い国より高い国の方が大きい。うつ、怒り、悲しみ、肉体的苦痛は貧困国の方が多いが、悩みが少ないという点は興味深い。貧しい人々は、豊かな人々より悩まないということだ。


上村光弼

ある仕事を与えられたら、とにかく楽しんでやりきる。そのために、自分が期待されているレベルを上回る一段高い視点から「もっと改善できる点はないか」を常に考え、いいアイデアが浮かんだら即実行するのです。ひとつの仕事をここまでやりきると周囲が放っておきません。


赤塚保正

自分たちの給与はお客様から頂いているんだよ。お客様は神様ですから、お客様が喜んでくれることを常に心がけなさい。


成瀬まゆみ

部下の悩みや本音を聞き出したいなら、外回りの移動時間を利用するのも手です。人は横並びに座ったり、体を動かしているときには話しやすくなることがあるからです。


安田顕

よく「お若いですね」と言われるのは、表情筋を使っているからですかね。喜怒哀楽を表現する役者の仕事で良かったです。


柵山正樹

「頑張ります」ではダメ。その理由を瞬時に計算して説明できる人は、やはり仕事もできます。数字力は、個人としての根っこといってもいい。


苅谷道郎

会議や決裁だけしていても経営はできません。考える時間を強制的にでもとらないと、マンネリ化し、やがて競争から置いていかれるでしょう。


寺町彰博

大手IT企業が自動車メーカーのライバルとなるなど、予想もしなかった競争相手が出現する時代です。そこで生き残るには、常に備えておかなければなりません。そのためにも、幅広く知識を学び情報を集め、未来を予測する。学ぶことはいくらでもあります。


井上愛一郎

やはり、「世界一を目指している」ということが大きかったと思うんです。私も含めて、プロジェクトに参加したエンジニアの多くは長らくコンピュータ業界に関わってきた人間です。生き残りというと変な表現ですが、過去から技術を継承し、磨き上げてきたエンジニアばかりでした。彼らはコンピュータ屋として力いっぱいやりたい、自分の力を思い切り発揮したいという思いをずっと持ち続けていました。私自身だってそうです。


小山昇

つまるところ人間は、自分と関係のあること、自分にメリット・デメリットをもたらすものでなければ真剣には対処しません。であれば「やらない」こと、あるいは「やらない社員を見逃すこと」を、自身のデメリットとして反映させる仕組みをつくる必要があります。それがつまり賞与評価に反映させることです。しかも、こうすることで、サボる社員がいなくなるという文化が次第に醸成され、部門に一体感が生まれます。すると、より良いお客様サービスができるようになります。


佐々木譲

若い頃の後悔がひとつあります。退職する直前の34歳のとき、仕事でニューヨークに行けるチャンスがあったんだけど、尻込みして行けませんでした。いまでもあの臆病な自分が悔しい。もし行ってたら、後に作家になることができなくても、人生の素晴らしい財産になっていたでしょう。若いうちは、飛べるチャンスがあったら飛ぶべきです。


ピーター・ベインズ

戦略的価値を生み出すためには、有能な人材と有望なチームによるチームワークが非常に重要。私の役割は、彼らと一緒にその実現をサポートすること。


ページの先頭へ