名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジム・ウォリスの名言

twitter Facebook はてブ

ジム・ウォリスのプロフィール

ジム・ウォリス。アメリカのキリスト教牧師(福音派左派)、作家、社会運動家。ミシガン州出身。ミシガン州立大学卒業。ベトナム戦争反戦運動に参加し反戦を訴えた。雑誌『Sojourners』の編集者。

ジム・ウォリスの名言 一覧

この危機はいつ終わるのか。そう問いかける人が多い。しかし、我々が真に問うべきは、この危機が我々をどう変えるのか。その問いであろう。この危機はいずれ終わる。しかし、この危機によって我々が何も変わらないのであれば、多くの人々が味わった苦しみは、すべて無駄になってしまう。


ジム・ウォリスの経歴・略歴

ジム・ウォリス。アメリカのキリスト教牧師(福音派左派)、作家、社会運動家。ミシガン州出身。ミシガン州立大学卒業。ベトナム戦争反戦運動に参加し反戦を訴えた。雑誌『Sojourners』の編集者。

他の記事も読んでみる

鈴木修

実は82年に国民車構想を掲げるインドの調査団が日本に来た時、僕はGM(当時提携していた米ゼネラルモーターズ)に呼び出されていて、調査団に会えそうになかったんだ。でも、ちょっと朝早く家を出て、帝国ホテルに泊まっている調査団を訪ねたんです。ホテルで黒板を借りて、出国ぎりぎりまで話をした。それで帰国したら、一行が待っていた。「ミスタースズキの興味深い話を聞いたから」と言って。あの時、帝国ホテルに行かなかったら、インド進出はなかった。


藤井隆太

音楽は私にとってコミュニケーション手段の1つです。言葉が通じなくても音楽は共通。幸いフルートは携行しやすく、現地の音楽や歌謡曲などを覚えて披露すれば、喜んでくれる。よく「藤井さんはフルートが吹けるからいいですよね」と言われますが、別にフルートである必要はない。現地の言葉でカラオケを歌ってもいいと思う。


鈴木喬(経営者)

儲けることより、損しないことのほうが、会社の存続にとっては重要。私も、「絶対売るぞ」と思う一方で、もう一人の自分は売れなかったとき逃げる(撤退する)算段をいつもしています。


茂木健一郎

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。


深田晶恵

貯金ができる「タメ期」は一生のうちに3度来ます。1度目は独身時代から結婚して子供が生まれるまで、2度目は子供が小学生の時期で、3度側は子供が大学を卒業してから自分が定年を迎えるまで。「タメ期」を知っているか知らないかで貯蓄額に大きな差が生じます。だから、人生の流れをイメージすることはとても大切なのです。


平田静子

世論に強く問いたいことがあるとする。そうしたとき、直裁的な表現を離れることは有効な手段だ。俯瞰で全体像が見え、それによって詳細が見える。背景にあるものが理解できる。それが本質をくっきりと浮かび上がらせるのだと思う。


山崎武也

包容力とは「優しい」と同義語ではない。何でもかんでも許容するのは、信念がないか、ただ単に気弱でノーといえないだけ。本当に包容力がある人は、その人のためにならないと思ったら、耳の痛いことでもはっきりと言うもの。


島井宗室

親しくすべきは、商売好きな人、出しゃばらない人。
親しくすべきでないのは、争い好きな人、人を中傷する人、権力者に取り入る人。


ゲオルギイ・グルジェフ

我々の出発点は「人間は自分自身を知らない」「自分自身ではない」ということ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

機能はすべての商品が持っているものです。それを少し変えたり、加えたりするだけで売れるようになるんです。


後藤孝洋

当社が求めているのは、経営理念に共感できる、ベクトルが合う人ですね。お客様の満足のために、社会に役立つために、一緒に汗をかいていけるかどうか、そこは大切にします。


岡崎富夢

社長に直訴し、特販チームを任せてもらったとき、30代、40代、50代の3人の部下をつけてもらいました。当時僕は20代でした。使いやすい後輩を連れてきてもダメです。会社のためになる特販チームなので、やっぱり年齢に関係なく優秀な人間にきてもらわないと。その結果、2年間で、大手からの売上が10倍ぐらいになりました。


樋口廣太郎

私の持論の一つに「メーカー大根役者論」というのがあります。メーカーというのは役者でなくてはならない、役者でも、二枚目でわがままが通るような役者ではなく、大根役者でなくてはならない、というわけです。監督はお客様です。演出は流通のみなさん、小売店さんです。こういう味、こういう商品があればいいということを言ってもらい、いただいた役柄を忠実にやるのがメーカーです。そういう感覚でお客様の求めておられるものを敏感にキャッチし、それを演じる、こういった姿勢にならなければいけないということです。


高橋がなり

僕は「日本の農業」という名のでっかい城を攻め落とすつもりです。何年かかけて穴を掘り、城の下まで行って、奇襲をかける予定。一緒に戦う気のある人は僕の会社に来てください。


岡田元也

どんどん変化に対応することを強調するのは、社員の心のエネルギーを膨らませてやる必要があるからです。ポジティブなエネルギーを奪われれば、現実に対応できなくなり、気がついたらお客様は離れて、組織のダイナミズムも失われる。