ジミー大西の名言

ジミー大西のプロフィール

ジミー大西、じみー・おおにし。日本の芸人、画家。大阪出身。成績が悪く就職先が見つからなかったことから、担任教師に紹介され、高校在学中から吉本興業の裏方の仕事に就く。当初芸人としてまったく売れなかったが、明石家さんまの付き人として活動したのちブレイク。人気芸人となった。その後、絵の才能が開花し、画家となる。その作品は国内外で高い評価を得た。

ジミー大西の名言 一覧

みんなからは「お前、生き方下手やな」言われますよ。生き方下手やって言われますけどね、自分の生き方に後悔はないですね。好きなことを仕事にして生きてこれたわけですから。


もともと「絵で儲けたる」とか、そんな野望もなく、ただ好きなように描いてきただけですから。もちろん、評価され、褒められれば嬉しいですけど、先のことを考えても「なるようにしかならへんやろう」と思うて生きてきましたから。


いきなり画家に転身してスペインへ渡って、不安はなかったかって? 不安もなけりゃ、先のことも考えてなかったですし、まあ、なるようにしかなれへんやろ、と。


海外っていうとみんな言葉の心配するでしょ。みんな堅く考えすぎ! どこへ行っても挨拶とHow much? だけ聞ければなんとかなっちゃうんだから。


絵を描くときには必ずヘッドフォンで爆音で音楽を聴くんです。そうすると集中できて周りのことが気にならなくなる。


街を歩いていて楽しいのは、思いがけない風景に出会えること。だから海外で生活しているときは朝ご飯を食べたらすぐに散歩に出るんですよ。


「やってる! やってる!」で売れ始めた29歳の頃、調子に乗りすぎて自分の身の丈以上の生活をして400万円の借金をつくってしまったんです。急に売れるとダメですね(笑)。


追いかけているテーマはずっと変わってません。岡本太郎先生からいただいた「キャンバスからはみ出せ」という言葉を追って、大好きなピカソを追って、いろんなものを見て、描く。


エジソンの言葉で、「99%の努力と1%のひらめき」やって、いうのがあるんですけど、あれは誰かが英訳間違えてるんと違いますか? 僕は「99%の遊び心と1%のひらめき」やと思うんですよ。僕は楽しんだと思いますよ。失敗して、失敗することを楽しんでいたと思いますよ。


ほんま人生なんていつ変わるかわかりません。番組の企画で絵を描いたのが28歳の時で。それまで5分とじっとしていられなかった僕が、音楽を聴きながら絵筆を持ったら4時間でも8時間でも描いていられた。それから上野で開催されていた展覧会で初めてピカソの絵を見たのが29歳。興味を持って、ピカソの生まれた国に行こうとバルセロナに着いた時、ガウディを知った。そっからは本当に自分の好きな場所や好きな人に会いに行き、絵を描いているだけなんですからね。


マルタでは友達とルームシェアしてました。みんな安く済ませたいから3人で住むといいながら最高6人で暮らしたりとか。仲間は日本人や韓国人の留学生、いろんなことを目指している子ばっかり。絵描きで40代なのは僕だけでした。でも、僕とおったら周りは歳を気にしないみたいで、年上なのにみんなから「ジミー」「ジミー」と呼ばれているし。僕も歳の差を気にしないし。「外国やから、ええわ」ってなもんで。もうずっと青春しっぱなしですわ(笑)。


ボクの場合、1枚の絵を描くのに5か月も、6か月もかかるんですよ。ほかの人みたいに描き方、習ってないでしょう? そうするとこう描きたいのにどうすれば描けるんだろうってわからなくなって、筆がストップしてしまう。その時期は、つらいですね。で、すごく時間がかかるし、体力も使うんです。でも、習って描いたらそれは自分の絵じゃなくなるし、仕方ないです。


ジミー大西の経歴・略歴

ジミー大西、じみー・おおにし。日本の芸人、画家。大阪出身。成績が悪く就職先が見つからなかったことから、担任教師に紹介され、高校在学中から吉本興業の裏方の仕事に就く。当初芸人としてまったく売れなかったが、明石家さんまの付き人として活動したのちブレイク。人気芸人となった。その後、絵の才能が開花し、画家となる。その作品は国内外で高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

池田匡弥

サントリーを退職し、自分で事業を起こしたのですが結果的に失敗しました。マンパワーに来たのは、自分が仕事をする上で挫折した経験があったため、求職者の方々の力になれるのではないかと考えたからです。


小池百合子

一本の映画を字幕なしに何度も観ることは、英語学習のレベルをグッと高める。生きた英語を音で捉えることと、教科書や参考書を通じて英語を目から学ぶことは、全く違う。


エピクロス

あなたが善人になろうとするならば、まずあなたが悪い部分が持つことを知れ。


高木芳紀(髙木芳紀)

私のような人見知りでも、名刺を見て相手が質問してくれるので会話が続く。そのためにも、自分の強みや相手の役立ちそうなことなど、突っ込まれる要素を名刺に盛り込むことが大事。一方で、「こんなにフォロワーがいるから、こんな実績があるから、私はスゴイ!」という上から目線の名刺は、相手に敬遠される恐れがあるので注意が必要です。


湯澤忠則

今まで職人技術で行ってきたものをFCモデルとして多店舗展開し、結果として客層を広めるための仕組み化は、牛角の経験で培ったものがあります。実際、牛角は客層を広げることで、それまで5000億円だった焼肉の市場を5500億円まで成長させた実績がありますですから当社も独自のビジネスモデルをチェーン化させることで、マーケット規模でいうと300億円程度は広げられるのではないかと思っています。


河野英太郎

部下に仕事を任せるためには密なコミュニケーションが必要です。コミュニケーションのとり方にも、私なりのルールがあります。基本は対面で話す。遠く離れていてどうしても会えない場合には電話で話す。時間が合わず電話ができない場合には、最終手段としてメールを送る。この優先順位を守っています。


佐藤秀樹(経営者)

良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


高島徹治

これから資格勉強を始める人に、これだけは言っておきたいアドバイスがあります。それは「百点満点を目指してはいけない」ということです。資格試験の合否判定はあくまで、点数が一定のラインを超えているかどうか。つまり、満点でもラインギリギリでも、評価としては同じなのです。むしろ、満点を目指してすべてを完璧に覚えようとすると、細かいところでつまずき、結果、モチベーションがダウンしてしまうことも多々あります。勉強に取りかかる前に、受ける試験の合格ラインをまず調べてください。そして、それより「少しだけ上」を目指します。たとえば、多くの試験では「60点」が合格ラインとして設定されていますが、私は万が一の保険の7点をプラスした「67点」を目指すようにしていました。6割を取るための勉強法は、とにかく基礎重視です。基本となる「確かな知識」だけ身につけて、枝葉となる細かな知識は捨てていく。そうすることで、最短で合格を手にすることができるのです。


ジェイ・エイブラハム

低迷している事業のほとんどは、現金の流入ではなく、流出するのを防ぐのに苦労している。ポケットに穴が開いているかのように、すべての儲けが気付かぬうちになくなっている。給与、設備、インフラといった間接費が、乾ききったスポンジのように利益を吸い取ってしまうのだ。そうだとしたら、おそらくマーケティングの投資利益率を測定していないことが大きな穴のひとつだろう。


出雲充

オープンイノベーションの必要性も、リスクを取ることの大切さも、経営トップの多くは、頭では十分に理解していると思う。だが、これからは掛け声だけではなく実行に移して成果を上げていかないと、いよいよ日本は世界の潮流から取り残されかねない。


ニクラス・ゼンストローム

私は世に革新を起こすために、「自分は世の中に何をもたらしたいのか」という問いをブレずに持ち続けました。革新的なプロダクトを世に出すつもりなら、まず自分自身の声を聞き、信じることです。


藤田晋

何事も「考え抜きたい時」は、根本的な問題に立ち戻ることが大切。


工藤公康

能力はあるのに気持ちが弱いために期待通りの働きができない若い選手が少なくありません。ほとんどの場合、具体的な目標を設定せずに、ただ言われた練習メニューを漫然とこなしているだけなのです。「自分は何をすればいいか、そうすることでどうなるのか」という問題意識がないために結果を残せず、どうしていいかわからず悩み、いずれ気力も失せてプロを去っていくのです。


ビル・エモット

西洋の民主主義が繁栄して、多くの国々に広まった原動力は、外からの人材やアイデアといった多様性を受け入れながら、しかも「平等」という理念を貫いたことにあります。あらゆる人々にチャンスが与えられたのです。それによって、西洋社会は信頼され、新たな経済資源が流れ込み、イノベーションが生まれて発展を遂げました。つまり、開放性と平等を失えば、西洋の進化システムが機能しなくなってしまうわけです。


弘兼憲史

「人から得る情報」は、最も個人差が表れます。人からの情報網を持つことは、つまり「人脈」を持つこと。社内の人間だけのつき合いだと情報や視点が限られてくる。様々な業界の人が集まる場に積極的に出て、人脈を広げることは大切。


ページの先頭へ