名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジミー・コナーズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジミー・コナーズのプロフィール

ジミー・コナーズ。米国生まれのプロテニスプレーヤー。世界ランキング1位に5年間君臨し史上最長記録を打ち立てる。圧倒的な強さで数々の勝利を手にし、70年代から80年代までのアメリカテニスブームを牽引した

ジミー・コナーズの名言 一覧

1試合の間ずっと集中力を持続させるには、適度にリラックスすることが必要だと思う。
【覚書き|コナーズ選手は試合中のプレーとプレーの間のほんの十数秒の時間に集中を解き、観客席の家族を探したり、周りを観察したりなどして頭を休めた。そしてまた集中し試合に臨んだ】


ジミー・コナーズの経歴・略歴

ジミー・コナーズ。米国生まれのプロテニスプレーヤー。世界ランキング1位に5年間君臨し史上最長記録を打ち立てる。圧倒的な強さで数々の勝利を手にし、70年代から80年代までのアメリカテニスブームを牽引した

他の記事も読んでみる

棚橋弘至

これ以上落ちられないというところまで落ちれば、あとは勝手に気持ちが切り替わる。


林文子

相手先の会社に行ったら雰囲気や社員の方の態度を褒めるといいでしょう。「清潔なオフィスで感心しました」「皆さんの挨拶がさわやかで、うちでも取り入れたいと思います」と。こうした褒め言葉は相手の心を開くカギなのです。


貞松成

今回の上場もそうなんですが、それまで私個人の資本でやってきたのが、株主が増えると外部の資本が入るわけですから、一気に責任感が出ました。しかも億単位というお金を捻出してもらったわけで、こうした方々に報いるためにも頑張らなきゃいけないと強く思いました。まだまだ当社の活動は小さなものですが、支えてくれる全ての方々に感謝を忘れず、地域の生活インフラとして無くてはならない存在になりたいと考えています。


アルフレッド・アドラー

あらゆる行動には目的がある。


松本洋(コンサルタント)

管理帳票は各部署や個人の仕事の実態を管理者が把握し、無駄をなくして効率を上げたり、問題の原因を調べて再発予防に役立てたりするためのものです。さらには、業績のアップへとつなげられなければ帳票の意味がありません。


竹田陽一

利益に対する目標の定め方は何通りもあります。資金をそれほど多く使えない中小企業の場合、従業員一人当たりの純利益で見るのが一番わかりやすい。そして、利益目標としては、業界平均の何倍にするというのがいいでしょう。もう一つの目安は、会社が支払っている総人件費に対する純利益の割合です。このデータは従業員の立場からはとてもわかりやすいのでいい指標になります。


後藤忠治

基本的には、ラジオ体操は基礎体力を付けることが最大の目的。基礎体力を付けるということは病気にならないことにもつながりますし、病気にならずに健康でいられることは自分自身の幸せになる。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

10年後にありたい姿としては、現状の4倍、つまり1兆円を想定しています。ただ1兆円自体が目的というわけではありません。規模として、それぐらいないと、消費者と関係をつくっていく上でも、存在感がなくなり、難しいだろうなと思っているのです。


秋山進

仕事の権限は狡猾に、時間をかけて奪い取るものなのです。大切なのはくれぐれも急がないことです。


豊田昌洋

契約では往々にして「決める」と言われた後でも、会社に戻ったら「駄目だった」と言われることが多い。だから、「決める」と言われた時に一札取っておく必要がある。例えば、印字した契約書に肉筆で「仮」と書いて、それにサインをしてもらう。相手が「私にはそこまでの権限がないから嫌だ」と言われた時には、「そうおっしゃらずに、私もサインをしますから」と言うと、大抵サインしていただける。私がサインをしますということにどういう意味があるかというと言葉の綾ですね。


堀威夫

実は、こういうこと(会社の電話が鳴ったらすぐに取るようなこと)は言わなくてもわかることだと思って、これまで研修項目から外していました。でも、最近、考え方を変えました。家庭や学校でのしつけが崩壊している現在、社会人としての基本的マナーも、企業がきちんと教育する必要があると思うからです。ほんの少しの努力で、マナーは大幅に改善されるのですから、手間を惜しまずに根気よく教えるしかないと覚悟を決めています。


永野毅

仕事は何のためにあるのかをまず自分が考える。そして、自分が受け止めて、自分の気持ちとして仕事がやれるかどうかが大事。人にやらされることぐらい、つまらないことはない。私の若い頃を振り返っても、それは一番嫌いなことだった。本部から言われて、何から何まで指示命令で動くというのがね。まず自分がどうしたいのか、自助の心にどれたけ火をつけられるか。また、そういう人をつくっていくのが人材育成だと思う。