名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ジミー・ウェールズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジミー・ウェールズのプロフィール

ジミー・ドナル・ウェールズ。アメリカの起業家。インターネット百科事典のウィキペディアの創設者。アラバマ州出身。アラバマ州オーバーン大学卒業後、シカゴの先物オプション企業にディーラーとして勤務。その後、ティム・シェルとともに検索エンジン会社Bomisの創業、wikipediaの前身であるインターネット百科事典Nupediaを創設。Nupediaは博士号取得者のみしか記事を投稿できなかったり、情報精度を高めるため厳しい審査制をとっていたため振るわず閉鎖された。その後、誰でも参加できるウィキペディアプロジェクトが開始され、膨大な情報量の人気サイトとなった。

ジミー・ウェールズの名言 一覧

ボランティアによって書かれた無料の百科事典のコンセプトは口コミによって広まった。私達がウィキペディアを運営し始めると、検索エンジンに引っ掛かるようなコンテンツを生産することができた。私達は、質の高いコンテンツを作れば、人が集まるということに気がついていたので、ただそのことに焦点を合わせ続けた。


人々には無償で働く意思があると言ったら、あなたは困惑するだろう。しかし、人々が無償ですることは楽しいことなのだ。それを面白いと思うからするのだ。それは知的に面白いことだったり、コミュニティに暖かい気持ちを感じることだったり、友人と一緒に活動することだったりする。人々が無償で働く理由はたくさんある。


私の夢は、無料の百科事典が地球上のすべての人のために、それぞれの言語で存在するようになることだ。だから私は、ウィキペディアが発展途上国の世界で成長することに力を入れている。それを宣伝し、サポートし、どうすれば広めることができるのか考えている。


マーケットのニーズなどについて考えることは悪いことではない。ただ、それが最優先事項になるべきではないと言っているだけだ。もしマーケットのニーズが最優先事項ならそのビジネスは、どうしようもない、退屈で、パッとしないビジネスで終わることになる。


最高のビジネスは、大量の知識とビジネスプランを持ったMBA取得者によって作られているわけではない。そんなことがあったためしはない。最高のビジネスは、革新的な方法で顧客のニーズに応え、チャンスとアイディアを見い出し、やる必要があると知っている人がいることで機能すると私は考えている。


私はこのコンセプト(ボランティアによって書かれたインターネット上の無料の百科事典を作ること)にものすごく情熱を持っていた。みんなのための無料の百科事典を作るというアイディアは、人道主義的な目標として、インターネットの存在意義というコンセプトとして、私の心をつかんだ。私は、なんとかして成功させることに人生を費やすことを決めた。心配もあったが、やめようと思うような大きな問題はなかったし、これを実現させるために私達は何を変えるべきなのかというのが一番の問題だった。


ジミー・ウェールズの経歴・略歴

ジミー・ドナル・ウェールズ。アメリカの起業家。インターネット百科事典のウィキペディアの創設者。アラバマ州出身。アラバマ州オーバーン大学卒業後、シカゴの先物オプション企業にディーラーとして勤務。その後、ティム・シェルとともに検索エンジン会社Bomisの創業、wikipediaの前身であるインターネット百科事典Nupediaを創設。Nupediaは博士号取得者のみしか記事を投稿できなかったり、情報精度を高めるため厳しい審査制をとっていたため振るわず閉鎖された。その後、誰でも参加できるウィキペディアプロジェクトが開始され、膨大な情報量の人気サイトとなった。

他の記事も読んでみる

中野信子

私は現場に生かされてこその学問だと思っています。誰もが英語の論文をやすやすと読みこなせるわけではありませんし、その時間もビジネスパーソンにはないかもしれません。ですから、学問的な基礎をきちんと踏まえたうえで、それをわかりやすく一般読者に伝えるスポークスマン的な活動をする人を育てていくべきだと思います。


瀬戸健

トレーナーと一対一の、個室でのトレーニングというサービス自体は、他にもあります。ただ、結果が出るかどうかはケースバイケースなのではないでしょうか。つまり、決して再現性のあるメソッドではなかったと思います。それを「必ず結果が出る」メソッドにまで落とし込んだのが、ライザップなのです。


高橋俊介

ピラミッド型分業組織が生み出したネガティブな部分のひとつに、自分の生み出している価値を意識しなくても食べていけるという状況がある。そのためビジネスマンには価値提供意識のない人が少なからずいる。人を巻き込むうえでは、相手に対して常に、自分との関係性において価値を感じてくれるかどうかを意識することが重要だ。


八田進二

昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


本田健

日本の資産1億円以上の富裕層は、全体のわずか2%だといわれています。多くの人が、「もっとお金が欲しい」と思いつつ、毎月の生活費やローンに追われるなど、お金の苦労を味わっているのです。なぜ、98%の人はお金持ちになれないのでしょう。その最大の理由は、ほとんどの人が、これまでお金に関する知識や智恵を学んだことがないからではないでしょうか。多くの人にとって、お金に関する知識といえば、子供の頃から親に言われ続けてきた「無駄使いするな」「貯金しろ」「連帯保証人にはなるな」の三原則くらいで、これが無意識のうちにインプットされているせいもあるでしょう。


屋代浩子

皆に見向きもされなくても、誰かにとっては素晴らしい商品かもしれないから、捨ててはいけません。


山本一成

やりたいことを探すのって本当に大変。それを見つけられて、自分は幸運です。


植木義晴

目標に向かって全員で協力して進んでいくためには、この会社が自分たちの会社であるという認識が不可欠です。経営破綻する前のJALは、優秀な人材は揃っていましたが、一人一人が傍観者だったり、評論家だったりして、何事にもどこか他人事のような空気があったように思います。


澤上篤人

成熟経済となって久しいのに、いまだに日本では国があれこれ関与しすぎである。いつの時代でも、新しいビジネスを創出して事業を拡大するのは、民間の仕事と決まっている。事業意欲の強い人たちには儲けようというインセンティブがあるからこそ、誰も手を出していない分野にリスクを取って踏み込んでいけるのだ。


義家弘介(ヤンキー先生)

自分は「子供たちを真に自由な人間へ成長させること」が教育の目的だと考えています。真の自由とは、自分自身の人生を責任を持って選択していく自由のことです。不良だったころの自分のように、好き勝手をやって自由を謳歌したつもりでいても、高校を追い出され家から勘当されてしまえば、職に就くにしても何にしても、ちゃんとした選択肢なんかどこにもありません。それに気が付いたからこそ、自分は本当の自由を得るために、高校へ通い直し、大学でも勉強に打ち込みました。それを教えるためには、愛情に裏打ちされた強制が必要なのです。


瀧本哲史

自分の「仮説」が不確かなものでも、自分と似たリソースの人に相談すると、同じようなロジックから、同じような結論に至り、賛同ばかりを集めてしまう恐れがあります。年齢、性別、学歴、業種、趣味……。強度のある「仮説」とは、このようなリソースの異なる人々に意見を求めていくなかで、進化して最終的に導かれるものなのです。


岩澤俊典

当社の業務は、日本企業をいかに世界で戦える企業にしていくかということ。最後は結局、日本企業の進出先のローカルの人たちが、どれだけモチベーション高く動くか。そこに尽きます。