ジミー・ウェールズの名言

ジミー・ウェールズのプロフィール

ジミー・ドナル・ウェールズ。アメリカの起業家。インターネット百科事典のウィキペディアの創設者。アラバマ州出身。アラバマ州オーバーン大学卒業後、シカゴの先物オプション企業にディーラーとして勤務。その後、ティム・シェルとともに検索エンジン会社Bomisの創業、wikipediaの前身であるインターネット百科事典Nupediaを創設。Nupediaは博士号取得者のみしか記事を投稿できなかったり、情報精度を高めるため厳しい審査制をとっていたため振るわず閉鎖された。その後、誰でも参加できるウィキペディアプロジェクトが開始され、膨大な情報量の人気サイトとなった。

ジミー・ウェールズの名言 一覧

ボランティアによって書かれた無料の百科事典のコンセプトは口コミによって広まった。私達がウィキペディアを運営し始めると、検索エンジンに引っ掛かるようなコンテンツを生産することができた。私達は、質の高いコンテンツを作れば、人が集まるということに気がついていたので、ただそのことに焦点を合わせ続けた。


人々には無償で働く意思があると言ったら、あなたは困惑するだろう。しかし、人々が無償ですることは楽しいことなのだ。それを面白いと思うからするのだ。それは知的に面白いことだったり、コミュニティに暖かい気持ちを感じることだったり、友人と一緒に活動することだったりする。人々が無償で働く理由はたくさんある。


私の夢は、無料の百科事典が地球上のすべての人のために、それぞれの言語で存在するようになることだ。だから私は、ウィキペディアが発展途上国の世界で成長することに力を入れている。それを宣伝し、サポートし、どうすれば広めることができるのか考えている。


マーケットのニーズなどについて考えることは悪いことではない。ただ、それが最優先事項になるべきではないと言っているだけだ。もしマーケットのニーズが最優先事項ならそのビジネスは、どうしようもない、退屈で、パッとしないビジネスで終わることになる。


最高のビジネスは、大量の知識とビジネスプランを持ったMBA取得者によって作られているわけではない。そんなことがあったためしはない。最高のビジネスは、革新的な方法で顧客のニーズに応え、チャンスとアイディアを見い出し、やる必要があると知っている人がいることで機能すると私は考えている。


私はこのコンセプト(ボランティアによって書かれたインターネット上の無料の百科事典を作ること)にものすごく情熱を持っていた。みんなのための無料の百科事典を作るというアイディアは、人道主義的な目標として、インターネットの存在意義というコンセプトとして、私の心をつかんだ。私は、なんとかして成功させることに人生を費やすことを決めた。心配もあったが、やめようと思うような大きな問題はなかったし、これを実現させるために私達は何を変えるべきなのかというのが一番の問題だった。


ジミー・ウェールズの経歴・略歴

ジミー・ドナル・ウェールズ。アメリカの起業家。インターネット百科事典のウィキペディアの創設者。アラバマ州出身。アラバマ州オーバーン大学卒業後、シカゴの先物オプション企業にディーラーとして勤務。その後、ティム・シェルとともに検索エンジン会社Bomisの創業、wikipediaの前身であるインターネット百科事典Nupediaを創設。Nupediaは博士号取得者のみしか記事を投稿できなかったり、情報精度を高めるため厳しい審査制をとっていたため振るわず閉鎖された。その後、誰でも参加できるウィキペディアプロジェクトが開始され、膨大な情報量の人気サイトとなった。

他の記事も読んでみる

上田準二

コンビニは365日、24時間営業です。一日として平穏無事な日はありません。事件や事故、トラブルは時間と場所を選ばずに発生します。顧客が見えない世界では、その場その場で結論を出していかざるをえません。問題が発生したら即解決することを加盟店は求めます。加盟店はFC(フランチャイズ)本部にロイヤリティを払っていますから、なおさらです。


樋口宏江

どんな分野でも、上を目指すには好奇心が必要。これは何だろう、どう料理をするのだろう。その気持ちを忘れないでほしい。


田島貴男

自分を隠しながら、それらしく、小手先で格好の良い曲を作るというほうが簡単。でもやっぱり、痛みの部分から曲ができると一番強い。


経沢香保子

自分の得意分野で勝負するには、まず自分を知ることです。私の場合は、他人より優れているのではと感じていたコミュニケーション能力を活かして、営業職からスタートしました。得意な分野である程度のポジションを築いてから、それを次のキャリアに活かしていこうと考えたのです。


塚越寛

考えてみれば、およそ人間の営みというのは、すべて人間が幸せになるためのものであることが分かります。ありとあらゆる仕事は、本来は人々の幸せを実現するために行うものなのです。代金は、幸せを得た人が支払う正当な対価と言えます。


古森重隆

航海に例えるのなら、社長の役割は会社がこれから進むべき航路図を引くこと。航海には嵐がつきもの。船長は絶えず船外に目を配り、雨は降ってこないか、行く手に氷山はないか、積み荷は崩れていないかと監視しなければならない。


有川真由美

数日にわたってバラバラにアポを入れると、毎日会う準備が必要になります。できるだけアポを集中させたほうが、効率が高いです。


橋本孝之

仕事のスキルは勉強した時間に比例して直線状に上がっていくものではないと考えています。勉強を継続していると、ある日突然グッと抜け出してステップが上がるのです。


玉川長雄

ものづくりの楽しさ、満足は会社員時代と同じ。それをずっと当たり前に続けているだけで、苦労などありません。考え続けるというのが、健康長寿にも一番いいと思いますよ。


檜谷芳彦

飲み会の席で有効なのが、ゴルフなり釣りなりの趣味の話を興味深く聞くこと。趣味人は、話を面白がって聞いてくれる人には心を開くものです。興味深く関心を示せば、気持ち良く話をしてくれます。


山田勝次

ハードが基礎にあって、それでソフトができる。ソフトだけやってればいいとなると、何か危ない感じがする。


和田裕美

今回、初めて「日めくり」という商品を作りました。メッセージを1つずつ記した紙を31日分綴じたものです。1日1枚ずつめくって、メッセージを読んでいただけたらいいなと思っています。出版社さんにこの企画を打診した時は、「日めくりはあまり売れないんですよね」と渋いお返事でした。けれど、どうしても作りたいという思いがあって、何度も何度も説得して実現に漕ぎ着けました。実は私の回りに、今年、いくつかの大変なことに見舞われて、心を前に向けることができなくなってしまった人がいました。その人を見て、「人は本当に辛い時は、字がたくさん詰まっている本を読む気にはならないかもしれない。ならば、短い言葉で元気が与えられるものを作れないだろうか。日めくりにすれば、毎日1つずつメッセージが目に飛び込んでくるから、きっと読んでもらえるはずだ」と考えたのです。世の中には素晴らしい格言がたくさんありますから、私の言葉を読んで元気になるきっかけに……なんて厚かましいとは思います。でも、私には、話すことと書くことしかできない。だから、思いを込めて作りました。


森下篤史

去年、お客さんにおいしいねと喜んでいただいたとしても、今年はどうなるか分からない。ほかにいいお店があれば、お客さんはそこへ行く。我々のビジネスには、常にゴールがない。終わりなんてない。


心屋仁之助

会社員時代、当時の年収約1200万円を捨てるのは恐怖でした。だから、自分のやりたいことに気づかぬようにし、諦めていたのです。ただ、定年まで死んだような毎日を過ごすのも嫌でした。そこに気づいてから恐怖と諦めを徹底的に排除したんです。すると、天秤が反対側に乗っていたやりたいことの側に自然と傾きました。


ジム・ロジャーズ

どんな国でも、戦争が起きると「国のために戦うべきだ」と政府は嘘をつく。でも、私は娘たちにこう言う。「政府の言うことを聞いてはいけない。君たちは生きるべきだ。誰かのために戦う必要はない。ウルグアイでも南アフリカでも、どこへでも行き、生き延びるんだ。良い戦争なんて、ありはしない。国のために死ぬのも、大統領のために死ぬのもバカげている。もし、戦争になったら、君たちは逃げて、生き残れ」と。


ページの先頭へ