名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジミ・ヘンドリックスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジミ・ヘンドリックスのプロフィール

ジミ・ヘンドリックス(ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス)。アメリカのミュージシャン。ワシントン州出身。15歳でギターを開始。世界的ギタリストとして多方面に影響を与えた。

ジミ・ヘンドリックスの名言 一覧

俺が10時間ギター練習して、ああ頑張ったなと思っても、どっかの誰かさんは11時間練習してる。そういうもんさ。


ジミ・ヘンドリックスの経歴・略歴

ジミ・ヘンドリックス(ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス)。アメリカのミュージシャン。ワシントン州出身。15歳でギターを開始。世界的ギタリストとして多方面に影響を与えた。

他の記事も読んでみる

守島基博

人事上の意思決定には、現在と未来のバランスはつきものだ。例えば、人材育成で重要だとされている「修羅場を経験させて人を伸ばす」というのは、端的に言えば、優秀な人に苦労をさせるということである。本人がどう思うかによるが、直近だけを見れば、ネガティブな処遇だと誤解されるかもしれない。


オグ・マンディーノ

忍耐強く待つということなしに持ちこたえたり、ひとつのことをやり通せる人はいない。忍耐力は力である。あなたの精神を強固にするために忍耐しなさい。あなたの気質を和らげ、あなたの怒りを鎮め、あなたの嫉妬心を葬り去り、あなたの誇りを抑制し、あなたの舌を抑え、あなたの手を慎み深くし、やがて来たるべき時にあなたに値する人生に対してあなたの全身全霊を傾けるために、忍耐を心がけなさい。


川島高之

私自身、妻がフルタイムで働いていたので家事・育児を分担しなければならないイクメンでした。妻の仕事が忙しい時や、出張の時は保育園のお迎えにもよく行っていました。息子の小・中学校のPTA会長、副会長なども計7年務めました。イクメンという言葉すらなかった時代の話です。家族のための時間を増やしている分、時間に制限のない社員と同じ働き方をしていたら、彼らと同じ成果は出せません。だから「仕事時間が非イクメンの60%ならば、成果は彼らと比較して120%は出さなければ差を埋められない」と考えていました。少ない時間で大きな成果を出すにはどうすればいいか、常に自分で試行錯誤してきました。


岩田彰一郎

サッポロビールさんでは「ホワイトベルグコロコロストッカー」という商品を開発しました。商品の箱が補充型のケースになっていて、自宅の冷蔵庫で先入れ先出しのストッカーとして活用できるので、大ヒットしています。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

私は通常、研究テーマは自分からは選びません。逆に研究テーマが私に食らいついてきて、私の頭から離れなくなるという感じなのです。「不確実・カオス的状況下でも躍進する企業が存在するのはなぜか」という研究テーマも、「疑問に答えてくれるまで、苦しくなっても手を離さないぞ」と言いながら、私に飛びついてきました。


似鳥昭雄

「ロマン」「ビジョン」「意欲」「執念」「好奇心」の5つが当社の経営哲学。ロマンとビジョンがあるから、「意欲」が出る。ビジョンは100倍以上のことを発想しますから、当然、意欲や情熱、熱意が出てくる。しかし、時には失敗して、途中で挫折しそうになったりします。だから諦めないで最後までやりぬくと。それが「執念」。そして、物事を進めていくには、知識や技能や経験が必要。ありとあらゆるものを見たり聞いたり、実行したり、経験したり、そういう「好奇心」を持とうということ。


鈴木喬(経営者)

重要なことは、経営トップに会うことです。下の人に会って人脈を作っても、人事異動でどこかに行ってしまい、それまでの苦労が水の泡になります。いかに経営トップに会うか、新人の時から心がける必要があります。


堀之内九一郎

私の考え方は「必要ならいくらでも出す。ただし、そのぶんは必ず儲けろ」です。これからも利益を生まない経費をバンバン削減し、利益を生む経費はバンバン使い、次の成功に向かってバンバン進みます。


宮坂学

社長は答えがないものに答えないといけない。


上垣内猛

現在も店舗を視察する際、将来の幹部候補を探しています。


成毛眞

気づいていないだけで、誰でも異業種の人が聞くと面白い話を持っていると思います。たとえば、ルートセールスの人なら「どこで売れるのか」「どんな工夫をすれば売れるのか」という話を持っているはず。まずは、それをどんどん話してみましょう。自ずと聞いている側も自分の話を始めます。すると、勝手に有益な情報が入ってくるようになるのです。


保木将夫

25歳で起業したときは、何を扱えばいいのかわかりませんでした。金もない、信用もない。となると、人の売れるものをやったら負ける。ニッチで誰も手を出さない製品、しかも将来有望なものは何か。弟の話をヒントに心電計の記録用紙に着目しました。当時は日本のメーカーが心電計を開発中でした。確かにこれは伸びるかもしれない、と。