名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジダンの名言

twitter Facebook はてブ

ジダンのプロフィール

ジネディーヌ・ジダン。フランス生まれのサッカー選手。ワールドカップ・フランス大会で司令塔として活躍し優勝の立役者になった。2000年の欧州選手権でもフランス代表の優勝に大きな貢献をした。

ジダンの名言 一覧

プライドのあるチームは、プライドのないチームよりも良いプレーをする。
【覚書き:ワールドカップ・フランス大会でクロアチア代表の印象について尋ねられたときの言葉。選手の技術や能力だけでなく自国を代表して戦うというチームとして誇りをクロアチアは持っていると評した】


ジダンの経歴・略歴

ジネディーヌ・ジダン。フランス生まれのサッカー選手。ワールドカップ・フランス大会で司令塔として活躍し優勝の立役者になった。2000年の欧州選手権でもフランス代表の優勝に大きな貢献をした。

他の記事も読んでみる

捧賢一

ウチには日本一の販売シェアを持つ商品がざっと1000ある。たとえば、年間115万足を販売する長靴。工事現場の足場に使う単管パイプは1万トン。セメントは20キログラム入りが100万袋。灯油は31万2000キロリットル売れています。当たり前なんですよ。店数が圧倒的に多いハード&グリーンは、一般のホームセンターに比べて小型なので、一店に1万8000アイテムしか置けない。その分、一単品の扱いが増えます。


鵜飼裕司

当社はサービスも手掛けていますが、他社ができない分野や今後、研究開発として新たな知見やノウハウが見込める分野に絞っています。


米山公啓

スピーチが上手な人は冒頭にジョークを盛り込み、笑いを誘います。そうすることで聞き手がリラックスして、緊張した空気がなごやかなムードに一変することを知っているのです。「笑う」行為は、いわば脳を強制的にリラックスさせる最強の手段です。


広瀬淡窓

わがことのほかは少しもせぬ者は学問をしても使いようなし。


河合滉二

サラリーマン人生を面白くしたいなら、与えられた持ち場ごとに、ひとつでもいいから、「あれは私がやったんだ」と言える仕事をやるように努力することだ。先例に従って、そつなく仕事をこなすだけでは後に何も残らない。振り返ったとき、さびしいと思うよ。


鈴木宗男

自分の手柄を人のために回すだけの腹が据わっていれば、政治家の中で存在感が増し、子分も増え、政治基盤の強化にもつながってきます。私は竹下登先生のこの生き様から、権力をとるためには並々ならぬ奥深さや忍耐をもって臨まなければならないという厳しさを学びました。


澤田道隆

インバウンド人口を年間3000万と考えると、その半分強の1500万から2000万人が女性です。子供は少ないと考えると、ほとんどが化粧品の購入層です。一方、日本の人口をざっと1億人と考えて、その半分の女性のうち、子供などを除いた化粧をする層は2000万から3000万人。つまり、インバウンドの旅行客と日本にいる人とが、同規模になっていて、その差は小さくなっています。となると、メーカーは日本だけをイメージしたブランドを作る必然性がないんです。それよりも日本以外、たとえばアジアの方々にも好んで使ってもらえるような発想で考えた時、ブランドの目指す価値観は変わるはずです。他社はこうした意識変革でも先行しているので、花王も追いつかないといけません。


森川亮

初めから「失敗してもいいや」と思っていると絶対に成功しないので、そうした考え方はやめた方がいい。成功するまで続けて、それでも失敗したら、次の挑戦のテストになるような「いい失敗」をすること。そして結果は早く出す。「1勝9敗」では会社が傾くので、「1勝3敗」くらいで収めたいですね。


植松努

私は「どうせ無理」という言葉が大嫌いです。小学生の頃、「将来はロケットを創りたい」と夢を語ったら「どうせ無理。叶えられる夢を言え」と先生に叱られました。くやしくってね。僕は自ら証明したいんですよ「どうせ無理」はウソだよって。


岡野雅行(サッカー選手)

最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


三田聖二

利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


マイケル・ポーター

事業が成功するのは、ある特定のことに対して強い情熱を持つ人物が、「自分たちなら変えられる」「影響を及ぼすことができる」「もっとうまくできる」と思って事業を生んだ場合です。そして、エネルギーにあふれる創業者が事業を通じて得られる喜びを仲間に伝え、彼らも喜びを感じるようにする必要があります。


小泉英一

人が育っていない状況や基盤が弱い段階でチャレンジしてもうまくいきません。AI事業も強いところと組んで、お互いの強みを出し合ってやっていきたい。


荒蒔康一郎

トップは、社員が「大変です」と言ってきたら、「そうか、じゃあ、まず情報をくれ」というくらいの冷静さがないといけません。トップが冷静なら、「僕たちは僕たちで、できることをやろう」という話になるけれど、一緒になって慌てふためいたり、青くなっていたら、「船長は諦めたらしい。早いところ、救命ボートを確保しよう」という話になってしまいます。


桐山一憲

自分たちの身をきれいにして取引を透明化し、得意先のビジネスを応援することで活路を切り開く。その考え方は、いま振り返っても間違っていませんでした。