ジェーン・オースティンの名言

ジェーン・オースティンのプロフィール

ジェーン・オースティン。イギリスの女性小説家。近代イギリス文学の代表的な作家。『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』などの名作を残す。日常生活の中での心理描写を得意とし、フランスの文豪サマセット・モームに「大した事件が起こらないのに、ページを繰らずにはいられない」と絶賛された

ジェーン・オースティンの名言 一覧

君の心の庭に忍耐を植えよ。その根はにがくとも、その実は甘い。


ジェーン・オースティンの経歴・略歴

ジェーン・オースティン。イギリスの女性小説家。近代イギリス文学の代表的な作家。『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』などの名作を残す。日常生活の中での心理描写を得意とし、フランスの文豪サマセット・モームに「大した事件が起こらないのに、ページを繰らずにはいられない」と絶賛された

他の記事も読んでみる

大西洋

百貨店にとって重要なのは「お客様の生活にどれだけかかわっていけるか」ということです。お客様の生活に徹底的に関わり合いを持たせていただくために、三越、伊勢丹それぞれのよさを店頭でどのように活かしていくか。それが、今後の課題になると思っています。


ジョセフ・スティグリッツ

イノベーションがもたらす効果をGDP(国内総生産)の統計に見いだすことは難しい。


相澤賢二

値引きをまったくしないわけではありません。必要な利益が出る範囲なら、いくらでも値引きしていいんですよ。要は、無条件の大幅な値引きはしないということです。当社が販売する一台一台の裏に、店頭での女性事務員の笑顔や心遣いがあり、サービスマンのアフターサービスがある。一台売れるというのは、社員全員のバックアップのおかげなんです。営業マン一人の利益ではないから、簡単に値引くわけにはいきません。それに、いまどき儲け度外視で販売する店なんて、お客様にも信用されませんよ。


市江正彦

当たり前のことを、当たり前のようにできる会社にしたい。


山本大介(経営者)

お客さんの話に耳を傾けると、例えば、今の時代はシンプルな器が求められていることが分かります。我々はもっとお客さんの要望を熟知し、有田焼の本質を学び、シンプルな器なら器でワンポイントでもいいから我々にしか描けないデザインを提供できるようなスキルを磨かなければいけないと考えています。


石井知祥

わかりやすいサービスと私たちならではのアイデアで、お客様を幸せへといざなう旅の扉になりたい。


五月女圭一

20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。


辻野晃一郎

コミュニケーションはどんなに取っても取りすぎることはありません。たとえば、マネジャーは週に一回は部下と一対一で話すことが義務付けられています。上司が部下を放っておくことはまずありません。業績評価も必ず本人と面談して伝えます。


ミゲル・マッケルビー

ある夜のこと、本社のオフィスの何もない壁にメンバーの一人が、よく私たちが話していた「DO What You LOVE(好きなことをしよう)」という文字を書いた。

【覚え書き|同社のキャッチコピーが生まれた経緯について】


マザー・テレサ

貧しい人たちは、もう十分に悲しみを味わっているのだから、その人々を一層みじめな思いに浸らせないことのないように、喜びをもって接しなさい。


岩澤俊典

真の意味のグローバル人材は、昔も今もいると思うのです。ただ、現代の日本企業には少ないでしょう。米国にも実は少なく、アジアには比較的多い。彼らは留学して欧米のものを学び、自らの国のことも学び、自国の発展と自分の成長を希求している。自らのモチベーションの中にグローバリゼーションが存在しています。これは、当社が、アジアでのビジネスを積み重ねてきた経験から実感したものです。


安田正

伝えたい情報が100あるとして、その100の情報をあらかじめ把握せずに、思いつくまま好きなように話すと話の内容がコロコロ変わります。あれもこれもと付け足す積み上げ型の話をしていると、話している本人すら何を話しているのかわからなくなってしまいます。


山田昇(ヤマダ電機)

社員たちが行うさまざまなミーティングに出ていると、半分は基本的な方向性が違っていると感じることがある。そのときは私たち経営陣が軌道修正をする。


加藤諦三

将たる器という言葉があるが、将たるものは明確な意志を持ち、決断のできる人でなければならない。何事につけても「君に任すよ」と言いながらも、何事につけても不満な上役がいる。自分に意見があったうえで「君に任すよ」というのは相手に対する信頼感があるから言えることである。ところが、自分に意見がなくて、どうしていいかわからないから「君に任すよ」という上役がいる。こういう上役は要注意だ。上の人が自分に意見がなくて君に任すよというくらいなら、下の者としては隅々まで指図された方がずっとやりやすい。


平尾喜昭

これまで、ビジネスにおいては、物事の判断はベテラン社員の経験や勘に頼る面が多分にありました。だから経験豊富な社員の発言力が大きく、若手はそれに従わざるを得なかった。でも、データ分析で物事の原因と結果を自分で確かめられるようになれば、自由度も説得力も大幅に高まります。仕事の強力な武器になることは間違いありません。


ページの先頭へ