ジェームズ・ヴァンフリートの名言

ジェームズ・ヴァンフリートのプロフィール

ジェームズ・ヴァンフリート。アメリカの軍人。中将。朝鮮戦争に従軍。一進一退する防衛線を廃し、ヴァンフリート弾薬量と呼ばれるほど大量に弾薬を消費し前進のみを行った。

ジェームズ・ヴァンフリートの名言 一覧

戦争ほど尊い人命を無駄にするものはない。たったこれだけの弾薬を使っただけで、一人の戦死者も出さずにすんだのだ。なんと安上がりなことか。
【覚書き:朝鮮戦争時に防衛のため大量の弾薬を使ったことについてアメリカ議会から使いすぎではないかと問われていった言葉。部下を死なせずに済むなら弾薬を大量に使っても安いものだという趣旨の発言】


ジェームズ・ヴァンフリートの経歴・略歴

ジェームズ・ヴァンフリート。アメリカの軍人。中将。朝鮮戦争に従軍。一進一退する防衛線を廃し、ヴァンフリート弾薬量と呼ばれるほど大量に弾薬を消費し前進のみを行った。

他の記事も読んでみる

ジョン・カビラ

いま自分があがっているなと思ったら、そういう自分を心のなかで実況してみる。「さあ、ジョン・力ビラ、緊張しています。いま、ドアノブに手がかかった。どうする? 笑顔で切り込め!」みたいな。自分を客観視することで、緊張や不安は意外と取れるものです。


城島健司

年上の投手のほうがラクですね。プライドをくすぐればいいですから(笑)。年下の投手をリードするほうが大変ですよ。気を遣います。このとき大事なのが上からモノを言わないということ。僕の意見が通ってしまいますからね。なるべくコーチを含めて3人で話すように心がけてます。


藤田晋

07年にこのままではダメだということで、僕が直接アメーバの事業をやることにしました。僕が社長で、一番重要な事業はアメーバだと言っていたのですが、それまではアメーバを人に任せていました。当社はもともと広告代理店で、アメーバはメディア事業。会社としてメディアにシフトすると言っているのに、人任せでは何も変わらないことに気がついて、自分でやることにしたんです。


冨安徳久

子供は親の言動をよく見ていますから、そこから多大な影響を受けて育ちます。例えば、仕事の愚痴ばかり言っていては、子供は「大人になりたくない」と思うに決まっています。そうではなくて、業務の中で学んだことや、仕事のやりがいについて話をする。子供の心の器を広げることこそ親の務めだと考えています。


バートランド・ラッセル

幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である。


竹田陽一

市場規模が小さな商品や市場規模が小さな地域でも、実際に一位になるには5から7年と長い間努力を続けなければなりません。どこの地域にも必ず競争相手がいます。しかもその中に手ごわい競争相手がいればもっと長い年月がかかるでしょう。


正垣泰彦

世の中の出来事は不連続なもので、まさかということが現実に起きる。そんな窮地に立たされたときこそ、平時ではありえない次元の思考が生み出されるんです。むしろものごとの本質なんて、そんな非常時でもなければ、簡単に向き合えるものではないですよ。


おかざき真里

どんなに近づいても自分と他人が完全に混ざり合うことはないと思ってはいるけれど、境界線を溶かすことはできる。境界線はときに自分の限界を示すものかもしれないし、あるいは生と死の区別かもしれない。あらゆる境界線にとらわれず、しなやかに自由に人生を泳ぐこと。その象徴として魚を描くことも多いです。


J・P・モルガン

私の鼻のことは周知の事実だ。これなくしてニューヨークの街を歩き回ることはできない。私の大きな鼻はアメリカ実業界の一部だ。
【覚書き|モルガンの鼻は病気のため膨れ上がり、彼のコンプレックスとなっていた。写真を撮られることを嫌い、撮っても鼻部分を修正させた】


前川知大

必要に迫られて書き直すことで、結果的に物語がよくなることもあるのが面白い。


小田禎彦

世間を知らないで加賀屋の中にだけいると、いつしかお客様の立場で考えずに料理をつくってしまい、それでいてこれが一番いいんだと思いこんでしまう。これはこれでいいんだという自己満足にもなりかねないわけですね。加賀屋の常識と世間の常識とが乖離してしまい、オーナーをはじめとして社員の誰もがそういう認識ができなくなれば、いずれは廃業につながる。


中尾浩治

私は会長に就任して以来、企業風土改革を訴え、進めてきました。社内の雰囲気をもっと自由闊達に、いろんな議論ができる風土に変えたい。


林恵子(経営者)

カタログ通販では、思わぬ形で競合が現れ、成長が鈍化した。いつかはビジネスモデルをまねされるだろうと思っていたが、徹底的に同じようなビジュアルで、あそこまで低価格の商品が出てくるとは思わなかった。


西尾太

自分は「何屋」か、胸を張っていえるかどうかが重要。営業マンなら営業屋といえるほどの専門性があるか。では、何の営業屋かと。


青葉哲郎

仕事は相手あってのものですが、上手くいかない時、大抵は自分に原因があります。


ページの先頭へ