名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)のプロフィール

ジェームズ・ワット。イギリスの起業家。クラフトビール会社「ブリュードッグ」共同創業者。スコットランド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー、グレート・ブリティッシュ・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の名言 一覧

会社は失敗する。会社は死ぬ。会社は忘れられる。だが、革命が死ぬことはない。だったら会社ではなく、革命を始めればいい。


ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の経歴・略歴

ジェームズ・ワット。イギリスの起業家。クラフトビール会社「ブリュードッグ」共同創業者。スコットランド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー、グレート・ブリティッシュ・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

他の記事も読んでみる

トマス・J・スタンリー

炭鉱業者の中には、少数とはいえ、業界の趨勢に左右されず、辛抱強く努力を重ねてきたおかげで報われた人がいる。「短期間、業界が苦しい時期に入ってくれたからこそ成功できた」というセリフを、成功成功した人からよく聞かされる。厳しい時期には、競争相手が自発的に戦線離脱していってくれる。


宗次徳二

会長時代の私が店におもむいて接客を見るとき、まずは働いているスタッフの数を見ました。私は「ゆとりシフト」を組めと指導していたのです。お客様が店に入ったとき、その瞬間に、いらっしゃいませと言えないような従業員の配置では駄目だからです。値下げをしたり、こだわりの味を出すよりも、飲食店は基本的なサービスをきちんと守らなくてはなりません。


木川理二郎

私は建設機械産業は、成長産業だと言い続けています。どの国も豊かになろうと道路、鉄道、港湾などのインフラを整えて、経済を活性化させています。世界を見渡せば、これから豊かになろうという国はたくさんあります。今日の日本を作り上げるのに、戦後だけで60年かかっています。ということは、これから発展する国も数十年かけて豊かになっていくのであって、その間、我々にチャンスがあるのです。


安田善次郎

何を志すにしろ、順序正しく進むことが一番である。これを無視すると、いわゆる豪傑肌に陥り、大言壮語をこととし、日常の些事をかえりみなくなる。


室伏広治

ロンドン五輪の時の目標は金メダルの獲得、そのモチベーションとなる目的は、東日本大震災の被災地で知り合った子供たちに少しでも勇気を与えたいということでした。そのためには年齢的な肉体の衰えをいかに補って勝つかが鍵になる。合理的かつ効果的なムダのないトレーニングを実践し、試合では失敗を恐れずに全力を出し切ることが重要になります。


川村益之

モチベーションは、「適職感」を始め「期待評価」や「人間関係」「昇進昇級」など人それぞれの要因(モチベーター)が違いますが、特に自分の仕事が好きだとか、夢中になれるといった「適職感」を持つことで生まれます。


中村勇吾

ひとつのプロジェクトを完成させるまでには、結構ウンザリするほど試行錯誤を繰り返すタイプです。だいたいひとつのサイトをつくるのに2ヶ月ぐらいかけています。まずは誰でもやれるところから時間をかけてつくり込みます。そういう単純な努力でやれることって、やられているようでやられていないですから、そこで人より時間をかければ、まずベーシックな部分での質の高さは確保できるわけです。


内田和成

いきなり経営者の立場で全体を俯瞰しようとしても、肌感覚がつかめなくて、ピンとこないと思います。そこで、係長なら課長、課長なら部長というふうに、ひとつ上の立場の上司になったつもりで、意思決定のシミュレーションをしてみるといいでしょう。


横田英毅

会社をよくするために何を大切にしないといけないか、頭では分かっていても、そのためにこの一カ月、この一年何をしたか、これからの一年に新たに何をするか、仮に聞かれたとしたら、なかなか答えられないのではないでしょうか。分かっていてもやらなかったら、望ましい結果は手に入りません。


ビル・トッテン

昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


清宮克幸

努力は大嫌いです。いつも、「どうすればもっとラクができるか」ばかり考えています。ラグビーの練習も同じです。僕の頭には、「できるだけ少ない努力=練習量で強くなるためにはどうすればいいか」ということが常にあります。


山口真導

売上げが入金されないときは、入金を確認することが重要。これは、代金を支払わなくても何も言ってこない取引先と、代金の支払いが1日でも遅れたら、「何時支払うんだ!」と確認してくる会社があったら、どちらの会社に優先的に支払うのかということを考えたら明かなこと。