名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)のプロフィール

ジェームズ・ワット。イギリスの起業家。クラフトビール会社「ブリュードッグ」共同創業者。スコットランド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー、グレート・ブリティッシュ・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の名言 一覧

会社は失敗する。会社は死ぬ。会社は忘れられる。だが、革命が死ぬことはない。だったら会社ではなく、革命を始めればいい。


ジェームズ・ワット(ブリュードッグ)の経歴・略歴

ジェームズ・ワット。イギリスの起業家。クラフトビール会社「ブリュードッグ」共同創業者。スコットランド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー、グレート・ブリティッシュ・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

他の記事も読んでみる

堤清二

最近はメールの発達など、ものごとを伝える手段自体は多様化しています。ところが言葉の方は紋切り型の表現が目立ち多様性を失っている印象があります。多様性がないところには独創性もありません。まずは紋切り型の表現をやめて、自分の言葉を探すところから始めてみると、人の心に響く文章が書けるようになるのではないでしょうか。


是枝裕和

いろいろな制約はあるけれど、その制約を通して何ができるか考えることで、自分も育つ。そうしてようやく、個性が見えてくる。


大久保恒夫

よく完璧な指示書を作成する人がいます。ただ、現場の人がその指示書どおりに動くかどうかは、まったく別の話です。誰にでもすぐにできるよう簡単で、しかも数少ない指示でなければ、現場の人はなかなか動きません。


野村克也

「監督をしてもらえないか?」。現役をやめ野球解説者になった頃、突然、ヤクルトの当時の相馬(和夫)球団社長が家を訪れ、そう言われたんだ。耳を疑った。南海から西武まで俺は一貫して現役をパ・リーグで過ごした。セ・リーグには縁もゆかりもなかったからな。しかし、相馬さんは続けた。「野村さんの解説を聞き、サンケイスポーツの連載を読んで、これぞ本物の野球だ! と感心していた。ぜひ、うちのバカどもに本物の野球を教えてやってほしい。そう思って、お願いにきたんです」。見ている人は見ている。仕事は一生懸命やるもんだと、強く感じたよ。


高橋俊介

世の中には、業界が違うから、会社が違うからといって、人の話に聞く耳を持たない人もいる。しかも、このような人たちの多くは、ひとつの具体例にすぎない事象を、具体例のまま過度に普遍化し、歪んだ持論をつくってしまう。間違った固定観念を持ってしまうわけだ。そのような考え方や態度では、自己の体験だけではなく、せっかくの人脈や外部から得た刺激を学びに変えることができない。


マイケル・ポーター

仕事に情熱を持つだけでは、事業を成功に導くことはできません。情熱があっても失敗する人は大勢います。情熱や体内から湧き起こるエネルギーと、明確な選択の組み合わせが大切です。


小杉俊哉

自分が関わっていたプロジェクトが失敗した場合、受動的な姿勢だと、「たまたまこんな仕事を任されて運が悪かっただけで、自分のせいではない」となります。この場合、「運」は、「会社」や「上司」といった言葉にも置き換えることができるでしょう。つまり、受け身の姿勢でいることは、他律意識につながりやすく、不平や不満を多く生み出しやすいのです。しかし、能動的な姿勢でいるならば、たとえ失敗したプロジェクトであっても、自らの意思で選んでやったことですから、愚痴よりも先に「自分のやり方のどこが悪かったか」と反省するはずです。同じ現象を前にしても、姿勢の違いによって、その解釈はまったく異なってくるわけです。


小松健次

製造業の経営に長年携わった経験から、現場の従業員らと直接対話することに多くの時間を割いています。製品やサービスの品質を高めたり、コストをコントロールしたりするには、まず現場を理解することが欠かせません。それは製造業ばかりでなく、コールセンターのようなサービス業においても全く同じだと考えています。


佐藤優

語学というのはメンテナンスしてないと、いくらでも錆びちゃうんです。いまは、プラハのカレル大学出身の先生についてチェコ語の、モスクワのバウマン工科大学を卒業した先生についてロシア語のメンテナンスをしています。


高田明(ジャパネットたかた)

理念とミッションなくして企業の継続・成長なし。パッションなくして夢は語れない。売上げの先には人の幸せが無くてはなりません。それこそが企業のミッションであり、不可能を可能にする力なのです。


神岡真司

早口でたたみかけられたら、「少々お待ちいただけますでしょうか」と答えて勢いを止めましょう。脅すような態度に出られたら、「なぜお怒りなのですか?」と冷静に聞くのも良い方法です。うなずくだけで、いっさい返事をしないのもお勧め。相手は沈黙に不安を覚え、強く要求できなくなります。


壺阪龍哉

いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。