ジェームズ・ラシュトンの名言

ジェームズ・ラシュトンのプロフィール

ジェームズ・ラシュトン。スポーツ中継サービス「DAZN(ダゾーン)」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学でMBAを取得。バーミンガムシティフットボールクラブ コマーシャルディレクターを経て英動画配信大手パフォームグループに入社。その後、同グループの「DAZN」CEOに就任。

ジェームズ・ラシュトンの名言 一覧

ユーザーの声をオープンに聞き、機敏にリクエストを実現するように努めていきます。ユーザーと一緒にサービスを進化させていくことが、当社にとって非常に重要だと考えています。


当社のビジネスモデルは、ビッグデータを分析し、調査をした結果に基づいて展開しています。ビッグデータを活用したモデリングなどの分析結果が証明された結果になりました。


ダゾーンの契約会員数は100万人を超えました。この数は予想していたところに着地したという印象です。堅調に進んでいます。でも登山に例えると、やっとベースキャンプに到着できたという位置で、登頂するにはまだまだ先は長いです。


コンテンツの拡充だけでなく、サービスの改善にも力を入れています。利用者の声を聞き、どこに製品の改善が必要か、投資を強化すべきかを考えています。既に取り組んでいることの一つは、画質の改善です。インターネットで必要とする帯域を少なくしつつ、画質を向上させました。映像の立ち上げにかかる時間が早くなり、ユーザーにメリットを提供できています。


当社のようなスポーツ放映サービスは、映画のようなエンターテインメント業界に比べて、放映権を独占的に購入することができます。買ってきたコンテンツを、何百万人というユーザーに独占的に提供することができるわけです。それをお手ごろ価格で、アクセスしやすく、そして通常のテレビよりも見やすい形で提供できれば、スポーツを見たいと思う人は、当社のサービスに加入してくれると思います。


問題が起きないことが一番よかったのですが、きちんと対応できてよかったと思っています。今回の問題からは、技術的な点だけでなく、トラブルにどのようにして対応していくかなど、非常に多くのことを学べましたから。もちろん同じような問題は二度と体験したくありませんが。

【覚え書き|2017年の大規模な配信トラブルについて】


ジェームズ・ラシュトンの経歴・略歴

ジェームズ・ラシュトン。スポーツ中継サービス「DAZN(ダゾーン)」CEO(最高経営責任者)。バーミンガム大学でMBAを取得。バーミンガムシティフットボールクラブ コマーシャルディレクターを経て英動画配信大手パフォームグループに入社。その後、同グループの「DAZN」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

徳重徹

自らの行動を振り返らないかぎり、成長はできません。


渡邉美樹

失敗してもいいんです。若い頃は、失敗しないとわからないことの方が多いんですから。「ああ、そうだったのか」とか「ああすればよかった」ということが多いほど人間として成長できるチャンスが多いと思いませんか?


松村寧雄

紙に書いた目標は、手帳に貼り付けるなどして、常に見える状態にしておくべきです。目に触れる回数が多いほど、目標が脳に刷り込まれやすくなります。


伊藤洋之輔

管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


山本博(アーチェリー)

20代以上の運動能力と、若い選手に勝る経験があるのだから、きっと天下を取れると信じて疑いませんでした。「30代で絶対に金メダルを獲る」と堅く心に決めていました。しかし、結果はその意気込みとはまったく逆でした。シドニー・オリンピックに至っては国内予選で敗退し、出場さえできなかった。まさに奈落の底に突き落とされた気持でした。それでも引退を考えたことはまったくなかったです。


小池龍之介(小池龍照)

「若々しく元気でいたい」との願望は、突き詰めれば「死にたくない」ということです。あらゆる生命体はいずれ死んでいきますが、「死にたくない、死ぬのは嫌だ」と思うほどに死がつらいものとなります。誰もが免れようのない老いや死を拒絶することは、老後の苦しみを増やすことになるのです。仏道の根本は、事実を事実として「受け容れること」ですが、年齢による衰えを受け容れ、老いを受け容れることは、この先の人生を穏やかにします。そうして老後が「安らか」になるという意味で「安心」といえるでしょう。


神谷一雄

脳は使わなくてはやはり衰えます。使っているから活性化されるのです。脳は指令を出して体も動かしています。だからまず、頭を使うことが健康の基本だと思います。


南場智子

DeNAを立ち上げたばかりのときのことです。あろうことかサービス開始が迫った時点でシステムが全くできていなかったという大事件がありました。ほうほうのていで帰宅し、寝ている夫に「詐欺に遭った」とつぶやくと、夫はガバッと起きて、冷静に対処法を指南してくれました。そして「『詐欺に遭った』なんて間抜けなことは言うな。社長は最大の責任者、加害者だ。なのに被害者のような言い方をしたら誰もついてこなくなるぞ」と檄を飛ばしたのです。


植木義晴

パイロットを辞めて経営に加わることになったとき、私は自分の仕事人生に区切りをつけました。新たなステージに進んでいくのだから、過去の経験を引きずるのはやめようと思ったのです。私は写真など思い出の品をすべて捨てました。これからは経営をやっていくんだ、と気持ちを新たにするためです。


喜多恒雄

一昔前には「わかる人にわかればいい」という書き方も許されていたが、いまは違います。重要なのはわかりやすい紙面づくりでしょう。わかりやすい紙面づくりを愚直に徹底したい。


陰山英男

自分にとって必要だと自覚できることでないと、学び続けるのは難しい。教養や学力というものが、自分の仕事や生活とは別の次元にあるかのように捉えている人もいますが、私は「すべての知性は実用性を伴っていないと本物にならない」と考えます。


和田毅

アメリカでの4年間は思うようにはいかなかったですけど、自分にとってはすごく勉強になった日々でした。マイナー時代には、若い選手に交じってバスで12時間、15時間っていう移動も経験したしね。それまで全く知らなかった、マイナーでくすぶっていて「なんとしてもメジャーに上がってやる」っていう闘志をもった選手の気持ちや、一生懸命リハビリして復帰を目指している人の気持ちもわかるようになりましたから。


三村庸平

これは俺が苦労して育てたんだと言える仕事を、一つは残してもらいたい。
【覚書き:三菱商事会長時の発言】


菅井敏之

銀行に勤めていた頃、多くの資産家の方と接する機会がありましたが、たとえ何千万円もの預貯金を持っていても、それだけではなかなか幸せや安心を得られない。どうしても、預貯金が目減りしていくことに目が向いてしまうのです。一方で、毎月数十万円が入ってくる仕組みを持っている人は、明るい顔で楽しい毎日を送っていらっしゃいました。


植山周一郎

知らないことを謙虚に学ぼうとすることが、教養を身につける節一歩。


ページの先頭へ