名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・マッケイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・マッケイのプロフィール

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

ジェームズ・マッケイの名言 一覧

頭の中にあるイメージが、人の行動を支配する。もしイメージがなければ、つまり、もし何が起きているのかが理解できなければ、行動はできない。イメージがぼんやりしていたり、混乱しているときは、ためらいながら行動することになるだろう。イメージがはっきりした精確な者であれば、心も決まり、効果のある行動を取ることができる。


あなたの能力がどの程度であろうと、これからいくらでも伸ばすことができる。


ジェームズ・マッケイの経歴・略歴

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

永守重信

もう世界を見据えないと会社の将来はありません。そして、やるからには世界トップを目指します。国体やアジア大会でなく、目標はオリンピックの金メダルですよ。


新井紀子(数学者)

コンピューターが何でもやってくれる時代、人間に必要なのは「ブレないロジック」です。言葉の定義からスタートして「AならばB、BならばC」と、シンプルな論理だけで結論を導く。そのスキルがなければ、コンピューターに指示を出せないし、人間相手の交渉でも負けてしまいます。


マーク・ザッカーバーグ

最大のリスクは、一切のリスクをとらないこと。非常に変化の早い世界で、唯一失敗が保証されている戦略はリスクをとらないことだ。


柳井正

私は決して奇抜なことを考え、言っているわけではないが、他人様からは過激なことを言っているように見えるらしい。本人は真面目に考え、正論を吐いているだけなのだ。物事を真正面から考え、解決策を考えているにすぎない。真っ当に生きたいと考えているだけなのである。


松本大

(ゴールドマンサックスを)辞める時の思い? あれはですね、きわめてつらい決断でした(笑)。パートナーで、そのポジションは、世界的大企業の中でもかなりのものでした。 パートナーというのは所有者でもあり、普通の会社の役員とかに比べても、ちょっと違っていて、ジョブセキュリティみたいなものは高いんです。力もあるし。 あとは、「日本人」で「若い」という、稀少価値もあって、ゴールドマンでは、順風満帆とは言わないまでも、かなりいい位置にいたんですね。インテレクシュ アル(intellectual:理知的)な面でも、そういうところでしっかりと、やりたいことをやっていけるというのは、とてもすばらしいことだし。そ れに加えて(笑)、半年後には株式公開することがわかっていたんですが。


岡崎慎司

頑張るだけの選手はどこにでもいるけど、そこから先のプラスアルファ。体を張ったゴールという結果が、オレの最大のアピールです。


大西賢

いまJALの社内では「トレードオフ(同時に成立しない二律背反の関係)」という言葉は禁句になっています。「AとBはトレードオフだから」と言った瞬間に、思考停止になってしまいますから。


綾辻行人

父親が急逝し、父の商売の後始末に奔走しないといけなくなりました。お金のこととか法律とか、ぜんぜん詳しくなかったから。ひどく苦労しました。大人になるというのは、社会的成功や財産を築くのではなく、こういった現実を背負うことなんだと、身を持って知ることができました。楽しい気分だけで、人生はやっていけるものじゃないなと。


大平浩二

不祥事の再発防止策で考慮すべき4つのポイント。

  1. 百点満点の解決はないと考える。少しずつよりよい改善策にしていくという考え方が大切。
  2. 人間の問題(精神的な弱さ)を原点に考える。
  3. 制度的な対応策を講じる。不断のチェックが行なえるガバナンス制度を構築する。
  4. よき組織文化を構築する。

大井川和彦

茨城県には最高級というより、そこそこの品質のものを大量に売るというビジネスモデルに安住しているところがあった。それは今後の人口減少社会では通用しません。まず高級ブランドという「高い山」をつくり、そこから裾野を広げていくという考え方に切り替えていかなければならない。


古森重隆

やるべきことをやるしかない。


柴田励司

40歳くらいになったら「理と情のバランス」を重視すべきです。「理」とは、合理的なスキルや知識の勉強。一方、「情」とは、人の心がわかるということです。勉強が好きな人はどんどん理を高めていきます。それはそれでいいのですが、それだけだと最後にどうなるか。「頭でっかち」といわれたり、「人の気持ちがわからない」といわれたりしてしまいます。すると、人に仕事をお願いしたり、人を使って仕事をしたりということが苦手になり、大きな仕事はできません。40歳から成長したいならば、意識して、理と情のバランスを取っていくことが大切です。