名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・マッケイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・マッケイのプロフィール

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

ジェームズ・マッケイの名言 一覧

頭の中にあるイメージが、人の行動を支配する。もしイメージがなければ、つまり、もし何が起きているのかが理解できなければ、行動はできない。イメージがぼんやりしていたり、混乱しているときは、ためらいながら行動することになるだろう。イメージがはっきりした精確な者であれば、心も決まり、効果のある行動を取ることができる。


あなたの能力がどの程度であろうと、これからいくらでも伸ばすことができる。


ジェームズ・マッケイの経歴・略歴

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

元谷外志雄

海外戦略においても当社は他社のようにアジア地域に進出するのではなく、北米地域を優先して38棟のホテルを構えていますが、これもブランドづくりの一環です。国内のアパホテルにおける海外旅行客の利用者は増え続けていますが、中でも増加率が高いのはアメリカ人やカナダ人です。ホテルに対して要求が多い彼らがアパのサービスに満足し、誇りを感じながら宿泊していただけることを喜ばしく思っています。


大倉忠司

大部屋方式で、オフィスに垣根を設けないことも、経営の考え方を共有する上で非常に大切にしています。当社には社長室がありません。当然、役員も部屋を持っていません。役職を持つと人間、部屋が欲しくなるんですね。偉くなったような気になるからでしょう。そうやって、現場や他の部署の動きが見えなくなっていくんです。


佐藤洋治

地球上にいるすべての人間が同じ立場にあるのだろう、という思いが年々強くなってきました。偉い人も、偉くない人もいないし、交流を進めていくときだと。これは国も、同じだと思います。偉い国も、偉い国もない。


仲代達矢

教育って、とても素晴らしいですね。難しいから今もやっていられるのかもしれませんね。植木鉢にタネを入れて芽が出てくるのを待つようなものです。3年間教えたけれどなかなか成長しない。ところがある瞬間にぱっと芽が出ると、すごくうれしいんです。


西澤敬二

最小単位の組織が一定の権限委譲を受けて機能しないと会社は強くならない。


唐沢寿明

ああしよう、こうしようと演じるよりも、役作りは「第一印象」を大事にする方が自然。


青野慶久

他人に任せる仕事を増やしたら、周囲のモチベーションが上がりました。僕の時短勤務は社内で好評だったんですよ(笑)。細かく口出しするのをやめて、部下に権限を委譲することで、社員の生産性がアップしました。


永野毅

5年後、10年後を見ながら、次にやるべき手をしっかりと打っていく。それが私の仕事。


前川洋一郎

企業は「売上利益」か「社会貢献」かの二者択一を迫られると、ホンネは前者が優先で、後者はタテマエにすぎない場合が多いだろう。しかし企業は、人々の生活を豊かにすることが目的であるなどの社会的使命があれば、本業を通じて社会貢献をしていることにもなりうる。公の心を大きく持って企業経営に臨めば、ホンネとタテマエの二者択一は解消されるのだ。


櫛田健児

町工場の技術のグローバル展開のようなものは、もちろん急速なリターンが得られるわけではないのですが、欧米のメーカーから見ると日本の町工場の技術力に興味がある。一方で町工場の人々にはグローバルな機会についての絵が見えているわけではない。ここをつなげる人が登場すると面白くなるわけです。


高田明(ジャパネットたかた)

私自身、原稿があるだけで途端に話せなくなってしまいます。数十ページの台本を覚えるよりも、「昨日は地震で大変でしたね」というような、自分の言葉と思いをお伝えする方が、テレビの向こう側で聞いていらっしゃるお客様の心と繋がる事ができます。


守島基博

人事上の意思決定には、現在と未来のバランスはつきものだ。例えば、人材育成で重要だとされている「修羅場を経験させて人を伸ばす」というのは、端的に言えば、優秀な人に苦労をさせるということである。本人がどう思うかによるが、直近だけを見れば、ネガティブな処遇だと誤解されるかもしれない。