ジェームズ・マッケイの名言

ジェームズ・マッケイのプロフィール

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

ジェームズ・マッケイの名言 一覧

頭の中にあるイメージが、人の行動を支配する。もしイメージがなければ、つまり、もし何が起きているのかが理解できなければ、行動はできない。イメージがぼんやりしていたり、混乱しているときは、ためらいながら行動することになるだろう。イメージがはっきりした精確な者であれば、心も決まり、効果のある行動を取ることができる。


あなたの能力がどの程度であろうと、これからいくらでも伸ばすことができる。


ジェームズ・マッケイの経歴・略歴

ジェームス・T・マッケイ。アメリカのビジネストレーナー、ビジネス作家。仕事の能率向上や時間管理について教えた人物。主な著書に『The Management of Time.』『Beyond Motivation』など。のちの時間管理についての著作に大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

変化はチャンス。変化するからいろいろな仕事が出てくる。


ジェリー・ドリザス

リーダーは言葉だけでカリスマ性を示そうとするのではなく、自分自身が苦境を乗り越える力を持っていることを実際に示すことによって、カリスマ性を発揮する必要があります。たとえば軍隊では、指揮官がこういう作戦でいけと言葉で指示だけ出して、部下だけがバタバタと殺されていくのでは、その指揮官が部下の信頼を得ることはありません。ときには、自ら先陣を切ってみせる必要もあるということです。


竹内敏晃

相次ぐ危機の中で私は感じました。経営はあらゆる危機を想定して備えることだと。その備えが強さを生むもとになるのです。


長友佑都

将来のことばかり考えていたら、眠っていた自分の力に気づかなかったと思う。過去を振り返って、土台を見つめ直したことによって、自分の才能を再発見できた。


西田文郎

経営における三大要素は「知・徳・胆」です。「知」は経営に対する知識、「徳」は人望、「胆」は胆力、メンタルタフネス。トップが「知・徳・胆」のすべてを向上させないと組織は伸びない。


野田順弘(オービック)

社員の提案力や人柄、問題解決能力が重要で、こうした人材は時間をかけてじっくり育てていくしかない。


本田宗一郎

勇気というのは強いからとか、勇ましいから勇気があるというのではない。たとえ、自分にとってどんなに不利な結果になろうとも、自分が真実であり、妥当であると考えたことを認め、それに賛成することこそが勇気である。


桜井正光

私は仕事のあらゆる場面で、社員にファイヤー(構える前に撃て)を求めているわけではありません。工場で実際に製品を組みたてる後工程の作業には、ファイヤーはむしろ害になることがあります。後工程に求められるのは確実さと効率ですから、マニュアルに書かれていないことにみんながチャレンジするとむしろ効果が低下してしまいます。


村上太一

どっちでもいいことを無駄に悩みたくない。仕事でさまざまな意思決定をしなければならないので、それ以外で決めることはできるだけ減らしたい。


葛西紀明

手帳には毎年目標を書き込んでいます。大事なのは、できるだけリアルに書くことです。たとえば、「この大会で何位に入る。すると、これだけの賞金が手に入るので、そのお金で新しいテレビを買う」といったことまで書き込んでいます。実際に先日、賞金でテレビを買いましたよ。書くことによって目標は「計画」に変わり、モチベーションがアップします。すると、ちゃんと思い描いたように叶っていく傾向があるのです。


矢野博丈

ダイソーをご利用下さるお客さんも、買い物のスタイルがずいぶんと変わってきました。以前は、いろいろな商品の中から、宝探しをするように気に入る商品をじっくり選ぶお客さんが多かった。つまり、買い物そのものを楽しむという感覚が強かったと思います。しかしいまは、最初から欲しいものが明確で、それを買ってすぐお店を出たいというお客さんが増えてきました。コンビニと同じような使われ方をするようになってきたんです。


宇佐美進典

当然すべてのことが上手くいくわけはありませんが、転びながらも前に転んで、その転んだことによって少しでも前に進んでいき、当初の志を実現する。そういう人が世の中に大きな影響を残す企業家になっていく。


丹羽宇一郎

9年間にも及ぶアメリカ勤務中と帰国後の数年間、食料畑を歩んでいた私は「アメリカの農業については誰にも負けない」といえるだけの力をつけようと、「アメリカ」と名のつく本は農業関係を中心に片っ端から買い集め、読破しました。駐在中も頼まれて、商品市場の記事を日本の新聞に書き、帰国後は一課長の立場で業界紙に「アメリカ農業小史」などの論文を執筆し、学者相手のディスカッションもこなしました。アメリカ農務省の最新データと現地での経験を持つ私の方が、学者より遥かに詳しく、「伊藤忠に丹羽という男がいる」と認められるようになっていました。


瀬川晶司

悪い流れになってきたら私の場合、一度流れをリセットするために席を立つようにしています。お手洗いで顔を洗ってリフレッシュすることが多いですね。その場を移動して環境を変えるのも手です。


中村邦夫

私たち凡人も、嫌な思いをしても、苦労しているなどと思わず、積極的にその仕事に取り組んでみる。そうしたら、お互いの人生が少しは明るくなるのではないかと思う。


ページの先頭へ