名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・マックナーニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・マックナーニーのプロフィール

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

ジェームズ・マックナーニーの名言 一覧

産業の空洞化は大きな問題ではありません。大切なのは教育です。教育によって水準の高い労働者を育成できれば、世界で競争力を維持できます。優秀な従業員を育成できて、彼らはさらに他の人を教育できるなら、すべての仕事を日本で抱え込む必要はありません。教育が行き届かなくなれば、空洞化するしないに関わらず、仕事を失います。その方が問題です。


経営者は前任者に責任を押し付けることはできません。自分の下した決定が次の人に影響することを、謙虚に受け止めるべきです。そうすれば、前任者の決定にも謙虚になれます。私は後任の人をハッピーにしたいです。


文化も価値観も多様な時代にあって、個人の実力と価値を一致させることは非常に重要です。そのために、我々は懸命に働かなくてはなりません。


人が成長すれば、企業も成長していきます。企業は人が中心にあると、私は信じています。


(前職のスリーエム会長と、いまのボーイング会長の仕事は)同じ部分も、異なる部分もあります。しかし、企業が人によって成り立っていることは変わりません。企業のトップに課せられた第一の役割は、優秀な人を見つけ、成長させ、彼ら自身に成長を実感させることです。大企業に取っては挑戦ともいえますが、それが私の最も重要な仕事です。


競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。


イノベーションはすべての基盤ですが、リスクが付き物です。当社はボーイング787で納期が遅れ、一部の顧客から信頼を失い、信頼を回復するのに努力しました。


国内雇用の問題は米国も抱えています。しかし、企業はグローバルに競争していかざるを得ません。アフリカやアジア、中東などの新興国が世界経済に占める割合が大きくなれば、そこで活動しなければ成長できないからです。競争相手がグローバルならば、自分もグローバルにならなければ仕事を失います。


国内で生産して輸出を増やすことと、世界的な競争力を持つことは、相反する命題ではありません。海外と国内のそれぞれを強くすることが、最良の結果につながります。


ジェームズ・マックナーニーの経歴・略歴

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

他の記事も読んでみる

小山進

自分なりの「小さな目標」を決めて、頑張って達成する。これを繰り返すことが、一番の近道。


林善博

ひかり味噌は以前から某社の即席みそ汁を製造していました。しかし、国内のみそ需要は減少していくことが予想されたので、みそ以外の柱となる事業を作る必要があると考え、自社でも即席みそ汁の販売を検討しました。ところが当時の営業は加工しないみそそのものを販売することが当然と考えていたため、社内の猛烈な反発にあいました。これを必死に説得し、販売にこぎ着けました。結果的に即席みそ汁を提供していた企業との取引はなくなりましたが、現在即席みそ汁は当社の中核を担う製品になっています。


草場滋

ネットで拾ってきた情報というのは、言い換えれば誰にでも手に入る既存の知識です。それだけで新しい企画や提案、ビジネスにつながるものなんか一つもない。仕事に活用できるアイデアというのは、生きた情報からしか生まれてこない。


北野武(ビートたけし)

映画監督という、昔は思ってもみなかった仕事をするようになっても、やっぱり俺は理科系だなと思う瞬間がある。シナリオを書いていて、因数分解みたいな作業を無意識のうちにやっている自分に気づくのだ。だから理系の学部に入ったことは、間違いではなかった。ただ、そこを卒業して、その先に敷かれているレールに乗って走っていく未来に、魅力を感じられなかった。


内海桂子

今も浅草で都々逸などを披露しています。ゲストの方と漫才をやることもあります。同じネタでも全く違う雰囲気になるし、相手を思う心ひとつで、最高にも、最悪にもなる。それが芸も人生も、面白いところね。


田原総一朗

僕が初対面の相手と雑談をするときによく話すのが、自分の失敗談。若い人を相手に会話をするときにも、やっぱり自分の若いときの失敗談から入ります。


岩田松雄

どんなフィールドで起業するにしても、次の3つを確認してほしいと思っています。(1)自分の好きなこと(2)自分の得意なこと(3)人のためになること。この3つの輪が重なるところに起業のヒントがあるはずです。きっと成功します。あなたなら。


岩崎博之(経営者)

ベンチャー企業の社長に起業の理由を聞くと、ほとんどの場合、カネ儲けが目的です。「これをやれば儲かる」と考えて脱サラし、気の合う人と経営を始めたという話が非常に多い。けれど、実際のところベンチャー企業は簡単には儲かりません。たとえどんなに素晴らしいものを作ったとしても、ブランドの確立されていない商品はなかなか買ってもらえません。特別な事情があれば別ですが、基本的には簡単に儲かるとは考えない方がいい。一方、業界や社会に影響をもたらしたいという目的で始めた起業家は自分が進むべき道が明確なだけに苦しくても経営を継続し、1歩ずつ着実に前進します。童話のウサギとカメのようなものです。


浜矩子

じつは、これまで一度として証券口座を作ったこともなく、一切、投資はやっていません。昔から「紺屋の白袴」というじゃないですか。仮に、わたくしが円ドル相場に投資をし、当事者となってしまったら、やはり客観性を失ってしまうでしょう。自分の我欲に惑わされた発言をしないためにも、投資とは一線を引くことが大切だと考えています。


木部智之

出張のときは「仕事をしない時間」もまた重要です。たとえば私は、同僚や取引先と食事を楽しんだり、観光や街歩きをする時間をなるべく取るようにしています。現地の同僚や取引先と食事をすることで、有益な情報を得やすくなり、商談がまとまりやすくなる。また、街歩きを通じ、現地の様子を知り、知見を深めることもできる。これは、出張先だからこそできる立派な「仕事」です。


嶋津良智

感情的に怒らないコツは間を置くこと。怒りは突発的で一時的な感情です。持続時間は6秒ほどだと言われています。カチンときたら、頭のなかでゆっくり6秒数えてみてください。そして間を置いてから、「あいつにもきっと何か理由があるはずだ」と考えれば、論理的に叱れるようになります。


ルイス・バークスデール

科学というものは好奇心を持つ人が取り組む学問。人間が持っている好奇心を壊さない教育こそが大切。