名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジェームズ・マックナーニーの名言

twitter Facebook はてブ

ジェームズ・マックナーニーのプロフィール

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

ジェームズ・マックナーニーの名言 一覧

産業の空洞化は大きな問題ではありません。大切なのは教育です。教育によって水準の高い労働者を育成できれば、世界で競争力を維持できます。優秀な従業員を育成できて、彼らはさらに他の人を教育できるなら、すべての仕事を日本で抱え込む必要はありません。教育が行き届かなくなれば、空洞化するしないに関わらず、仕事を失います。その方が問題です。


経営者は前任者に責任を押し付けることはできません。自分の下した決定が次の人に影響することを、謙虚に受け止めるべきです。そうすれば、前任者の決定にも謙虚になれます。私は後任の人をハッピーにしたいです。


文化も価値観も多様な時代にあって、個人の実力と価値を一致させることは非常に重要です。そのために、我々は懸命に働かなくてはなりません。


人が成長すれば、企業も成長していきます。企業は人が中心にあると、私は信じています。


(前職のスリーエム会長と、いまのボーイング会長の仕事は)同じ部分も、異なる部分もあります。しかし、企業が人によって成り立っていることは変わりません。企業のトップに課せられた第一の役割は、優秀な人を見つけ、成長させ、彼ら自身に成長を実感させることです。大企業に取っては挑戦ともいえますが、それが私の最も重要な仕事です。


競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。


イノベーションはすべての基盤ですが、リスクが付き物です。当社はボーイング787で納期が遅れ、一部の顧客から信頼を失い、信頼を回復するのに努力しました。


国内雇用の問題は米国も抱えています。しかし、企業はグローバルに競争していかざるを得ません。アフリカやアジア、中東などの新興国が世界経済に占める割合が大きくなれば、そこで活動しなければ成長できないからです。競争相手がグローバルならば、自分もグローバルにならなければ仕事を失います。


国内で生産して輸出を増やすことと、世界的な競争力を持つことは、相反する命題ではありません。海外と国内のそれぞれを強くすることが、最良の結果につながります。


ジェームズ・マックナーニーの経歴・略歴

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

他の記事も読んでみる

コリン・アングル

アイロボットの研究開発組織は、家庭用、テレビ会議などリモートプレゼンス用、防衛・セキュリティー用という事業分野で区分されています。さらに、各分野は1年以内に製品化する「現在の開発」、1~2年後の実用化を目指す「中期的な開発」、2年を超える「長期的な開発」に分類されています。人材や資金といった経営資源は40~50%を現在の開発、20~30%を中期的な開発、残りの20~30%を長期的な開発に配分しています。


上田研二

大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


藤田志穂

素直であることは、会話をつなぐという点でも、とても大切だと思います。自分の意見を捻じ曲げたり、自分をよく見せようとしたりすれば、どこかに無理が出て、きっと相手に見透かされてしまいます。それでは会話はもちろん、相手と信頼関係を続けることは難しいでしょう。


山本憲明

ちょっと調べ事をするはずが、ダラダラとネットサーフィンをしてしまう。このような「やるべきではないこと」は、エクセルのシートに「やらないことリスト」として列挙し、毎朝、仕事を始める前に目を通すようにしています。これだけのことでも効果があります。


石田衣良

仕事だけをしていたら、仕事自体も貧しくなるでしょう。新しいアイデアを仕事から探すとなると、仕事の中から仕事をつくる繰り返しとなって、どんどん元のオリジナルソースが小さくなる。


高城幸司

目的を明確にし、無駄なお金を使わない。そう切り替えてみたら、案外簡単にできました。習慣を変えるには、とにかく一度やめてみる。これが有効だと思います。


栗原博

先進的な取り組みはまず富士ゼロックス社内で実践し、効果を検証する「言行一致」が効果を生んでいます。顧客の購買部門に課題があれば、我々の購買のプロを派遣し、具体的な提案につなげるのです。


童門冬二

「風度」とは、人格、器量、風格、魅力、カリスマ性などが混合されて発せられる全体的な雰囲気のことで、「この人なら」「あの人らしい」と周囲に思わせるもので、一種のオーラでもある。今のIT社会でもこの「風度」というのは最も必要なリーダーの条件だ。ITが発達すれば人間対人間の触れあいが薄れていく。そのためにかつてあったような、「スキンシップ」による、たとえば後輩や部下に対するリーダーシップはなかなか発揮しにくい。だが、どんなにIT社会が発達しても、人間である限り「風度」には必ず心を動かされる。しかしその「風度」はある日あるとき完成し、それを一生持ち続けて活用できる代物ではない。年齢・立場・職位などによって次々と変わり、その人間にとって生涯追求するものである。


岩崎裕美子

残業をなくすにはまず社員との話し合いですね。残業をやめたいけど、売り上げが落ちたら困る。その時どうするかを社員と話し合う。社員も、売り上げが落ちたら困ると思っているんです。社員は答えを知っているんです。残業して疲れるのは自分たちなんですから。


村田昭治

企業の体質をより強化するときなのだ、という認識を徹底しなければならない。体質強化というのは、自社のもっている独自の価値を磨いてドメインをしっかり築き、確認し、それを着実に堅実に活用すること。