ジェームズ・マックナーニーの名言

ジェームズ・マックナーニーのプロフィール

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

ジェームズ・マックナーニーの名言 一覧

産業の空洞化は大きな問題ではありません。大切なのは教育です。教育によって水準の高い労働者を育成できれば、世界で競争力を維持できます。優秀な従業員を育成できて、彼らはさらに他の人を教育できるなら、すべての仕事を日本で抱え込む必要はありません。教育が行き届かなくなれば、空洞化するしないに関わらず、仕事を失います。その方が問題です。


経営者は前任者に責任を押し付けることはできません。自分の下した決定が次の人に影響することを、謙虚に受け止めるべきです。そうすれば、前任者の決定にも謙虚になれます。私は後任の人をハッピーにしたいです。


文化も価値観も多様な時代にあって、個人の実力と価値を一致させることは非常に重要です。そのために、我々は懸命に働かなくてはなりません。


人が成長すれば、企業も成長していきます。企業は人が中心にあると、私は信じています。


(前職のスリーエム会長と、いまのボーイング会長の仕事は)同じ部分も、異なる部分もあります。しかし、企業が人によって成り立っていることは変わりません。企業のトップに課せられた第一の役割は、優秀な人を見つけ、成長させ、彼ら自身に成長を実感させることです。大企業に取っては挑戦ともいえますが、それが私の最も重要な仕事です。


競争への対策はイノベーションしかありません。新規参入組が機能の航空機を開発しているときに、ボーイングは明日の航空機を開発している。それが勝ち残る道であり、当社が2016年に創業100周年を迎えられる強さの理由です。ボーイングには常に競争相手がいました。今回も競争を楽しみにしています。


イノベーションはすべての基盤ですが、リスクが付き物です。当社はボーイング787で納期が遅れ、一部の顧客から信頼を失い、信頼を回復するのに努力しました。


国内雇用の問題は米国も抱えています。しかし、企業はグローバルに競争していかざるを得ません。アフリカやアジア、中東などの新興国が世界経済に占める割合が大きくなれば、そこで活動しなければ成長できないからです。競争相手がグローバルならば、自分もグローバルにならなければ仕事を失います。


国内で生産して輸出を増やすことと、世界的な競争力を持つことは、相反する命題ではありません。海外と国内のそれぞれを強くすることが、最良の結果につながります。


ジェームズ・マックナーニーの経歴・略歴

ジェームズ・マックナーニー。アメリカの経営者。航空機メーカーの米国ボーイングの会長。米国ロードアイランド州出身。エール大学卒、ハーバード大学でMBA取得。卒業後は、マッキンゼー、P&G、ゼネラル・エレクトリックなどを経て、GEアジア・パシフィック社長、スリーエム会長などを務め、ボーイングの会長となった。そのほか、米国輸出評議会会長なども務めた経営者。社内改革を行い、ボーイング中興の祖と呼ばれる。

他の記事も読んでみる

羽生善治

40代は、自分がこれまで蓄積してきたことを、具現化していくのにとてもいい時期だと思います。


池谷裕二

いいアイデアが思いつくのは、パソコンの画面をにらんでいる時ではありません。仕事の合間に、ちょっと席を立ったり、トイレに行った瞬間、フッとひらめくことが多い。歩く、場所を変える、ということが重要でそういうときには、脳の海馬周辺からシータ波という脳波が出ると考えられます。シータ波が強くなるのは、外部の情報を収集しようという意識的検索モードのときなんです。


秋葉尊

調子の悪い時には絶対に理由がある。それを探し出して、改善して、次につなげる。これを繰り返すことが自己の成長、事業の発展につながっていく。


松本幸夫

締め切りに遅れてしまうという人は、日時を決める際、相手に気をつかって「いつでもご都合に合わせます」と言ってしまっていることが多いものです。しかし、スケジューリングが上手な人は、自分から空いている時間をいくつか提示して、そのなかから相手に選んでもらうという方法で予定を組んでいます。先方にとっても、「いつでもいい」と言われるよりは、選択肢が狭い方が時間を決めやすいものです。


鳥居勝幸

営業で相手へのヒアリングという段階を軽んじて、自社の説明と提案だけに力を入れる営業マンもまま見受けられますが、顧客に一方的な印象を与えるのでやめた方がいいでしょう。また、実際の提案を待つまでもなく、ヒアリングの段階で、すでに相手はこちらの力量を判断しているものです。


勝本竜二

当社の戦略は、保険ショップを運営する同業他社を敵対視するのではなく、共に保険市場の活性化を目指したいという考えです。実際、当社のシステムを導入している同業他社は少なくありません。


池田貴将

社会をよくすることに貢献している確信が持てるなら、その仕事を一生懸命やればいい。ときに上司や同僚と衝突するかもしれませんが、気にする必要はない。たとえ批判されても、自分の誠意を貫き通すことが大事です。批判を恐れて信じることを封じこめてしまうのはもったいないことです。


渡辺康幸

組織を強くするためには、全員で厳しい試練に打ち勝つことが必要です。


森秀明

一筋縄ではいかない課題を解決するためには、立ち向かう情熱が必須になる。失敗は「成功へのプロセスで起こる通過点」と捉える覚悟が大切。


福井正憲

広く使われるとブランドの効果はそれだけ薄くなり、大衆化してしまう。


波頭亮

将校は一兵卒とは違ってノーブレス・オブリージュ(高貴な身分の者に課せられた義務)を発揮しなければなりません。将校は一兵卒より美味しいご飯を食べ、寝心地のいいベッドに寝る。しかし、いったん事が起きたときは、先陣を切って出陣しないといけません。


山名昌衛

いくら戦略が優れていても、現場に即していない机上の空論ではゲームチェンジもできないし、競争に勝てない。やはり現場をハンズオンで見ているから戦略をつくれる。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

今の若い人に多いのですが、楽な道を探そうとする。どの道から登ると一番効率的かという話をする。しかし、その道を探している時間がもったいない。この道を登ると決めたら登れ。何が出てこようが、登ったら辿り着くというのが我々の基本軸。この道を登るという意志と、登り切る覚悟が大事。


宮坂学

不便、不安、不満。そんな「不」のつく課題を解決したい。ヤフーにはユーザーと取引先という2種類の顧客がいる。取引先の課題は集客、販売。ユーザーの課題は情報不足。それらをインターネットを使って解決していく。


杉村貴代

自分をこう見てほしいからと、求められていないキャラを押し出しても周囲にはウザいだけ。求められているキャラを出したほうがすんなり受け入れられます。


ページの先頭へ