名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・マクリディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・マクリディのプロフィール

ジェームズ・マクリディ。アメリカのプロ野球選手、経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。マサチューセッツ州出身。ベントリー大学卒業。ニューヨークメッツで投手としてプレー。引退後、米EMC(のちのデルEMC)副社長、EMCジャパンCOO(最高執行責任者)などを経て「アドビシステムズ日本法人」社長。

ジェームズ・マクリディの名言 一覧

日本人が求めるサービス品質はとても高いことは知っています。経営者としてチームを率い、1人では決して到達できない目標に向かいます。


兄の影響で野球を始めてからは、チームメートから頼られる存在になることが目標となりました。現在もこの価値観は失っていません。仕事では仲間から頼られる存在でありたいと願い、仲間にも大切な人たちと一緒に働いていると感じてほしいと思います。この感覚があれば、互いに助け合ってゴールを目指せます。


祖父母の代にアイルランドから移民した労働者階級の家庭に生まれ、米ボストンで育ちました。人生の喜びは家族や友人との交流からもたらされるとの価値観が息づいていたのでしょう、大切な人たちと一緒にいることを重視するようになりました。


アドビは過去5年、クラウドビジネスの展開を急ピッチで進めてきました。成長に勢いがある状況で、経営を引き継げたのは幸運だと思っています。この流れを堅持することが私の使命です。4月に着任して早々、社内でゴルフコンペやビールパーティーを開催し、チームとしての一体感を高めています。


プロ選手の道を断たれた私を拾ってくれたのはストレージ大手、米EMC。これが日本との縁になりました。数年前まで私はEMC日本法人の幹部として東京に住んでいました。息子が所属するアメフトチームのコーチに、当時のアドビシステムズ日本法人社長の佐分利ユージンさんがいたのです。ユージンさんを通じてアドビで働く素晴らしい人たちや企業文化を知り、身を投じる決断をしました。


ジェームズ・マクリディの経歴・略歴

ジェームズ・マクリディ。アメリカのプロ野球選手、経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。マサチューセッツ州出身。ベントリー大学卒業。ニューヨークメッツで投手としてプレー。引退後、米EMC(のちのデルEMC)副社長、EMCジャパンCOO(最高執行責任者)などを経て「アドビシステムズ日本法人」社長。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

土地、労働、資本は制約条件でしかない。それらのものがなければ、知識といえども、何も生み出せない。だが今日では、効果的なマネジメント、すなわち知識の知識に対する適用が行われさえすれば、他の資源はいつでも手に入れられるようになっている。


東平豊三

幼いころからの読書で培った速読を生かし、できるだけ多くの経済情報に目をとおしてトレンドを知り、ビジネスの種を探すようにしています。


高橋フミアキ

「初対面の人にアポを取るならまずは電話。いきなりメールは失礼では?」そう考える人もいるかもしれません。ですが、いまやよほど年配の方でない限り、初対面でのメールに抵抗感を持つ人は少なくなっています。


宮本亜門

金融危機をはじめとするこの変動期に、これまで持っていた価値観が揺らぐことはあると思います。しかし、自分や家族にとって何が本当に幸せかという芯の部分がしっかりしていれば、嵐が吹いても持ちこたえられるはずです。


内藤忍

仕事を続けていくためには、まず目標に向かうパッションが必要です。そして、いまのやり方で本当に目標が実現できるかを客観的に判断する存在があるといいと思います。自分の中に情熱的な部分と、冷静な部分の二面があれば理想的ですが、そうでない人の場合はパートナーを見つける、先輩に教えを請うなどアドバイスをもらえる人を見つけておくとよいでしょう。


佐治信忠

メーカーですので、やはり消費者の嗜好にあったものを作るのが基本です。特に口に入るときに、最高の状態でお届けしたい。いくら工場からいいものが出ても、口に入るときに最高の状態でお飲みいただく、お食べいただくということがメーカーにとって一番大事なことだと思います。


永野毅

保険というビジネスは、各国の規制や法律、あるいは文化に縛られるビジネスであり、極めてローカルなもの。私達が目指すグローバル経営とは、世界中に存在するグループ各社の強みを各ローカル事業が相互活用しながら、それぞれが強くなっていく、それぞれが良くなっていく経営。


竹中平蔵

勉強には天井のあるものと天井のないものがある。試験は天井がある勉強です。ある範囲内を覚えれば合格点が取れます。しかし、社会にでたら甘くない。全て天井がないわけです。どこまで行っても青天井。私も長年経済学者をしておりますが、経済の問題はいつまで勉強しても極められないものです。


山田昇(ヤマダ電機)

ある意味で、我々はゼロから会社をつくってきた。逆に最初から条件が恵まれていたら、あまり考えずに出発して、今はもう会社も潰れていたかもしれません。条件が恵まれていないんだから、自分たちで考えるしかなかったのです。


飯塚真玄

機構を整えただけでは組織は機能しません。そこに必要不可欠なのは理念であり、行動指針です。


永田良一

人は社会のお陰で立派に育ててもらえます。ですから、社会のお役に立てる仕事ができるようになり、豊かな生活ができるようになるのです。自分たちが受けたその恩恵に対して、社会に貢献するという恩返しの考えが基本になければなりません。


秋沢志篤

外の風に吹かれて、未知の世界と出会ったり、異なる言葉、文化に触れたり、考え方の違う人と語り合う中でいろいろと考えさせられることが出てくる。そこから得ることは、お金には換えられない満足感だし、社員の一人一人がそうした満足感を得ることによってジョブ・サティスファクション(職務満足感)にもつながっていく。だから、毎月のお給料の中から、少しずつ積み立てをして、世界のイベントにみんなで行くんです。そして、人と人とが触れ合う中で生まれる熱い思いを共感しているんです。