名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・マクリディの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・マクリディのプロフィール

ジェームズ・マクリディ。アメリカのプロ野球選手、経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。マサチューセッツ州出身。ベントリー大学卒業。ニューヨークメッツで投手としてプレー。引退後、米EMC(のちのデルEMC)副社長、EMCジャパンCOO(最高執行責任者)などを経て「アドビシステムズ日本法人」社長。

ジェームズ・マクリディの名言 一覧

日本人が求めるサービス品質はとても高いことは知っています。経営者としてチームを率い、1人では決して到達できない目標に向かいます。


兄の影響で野球を始めてからは、チームメートから頼られる存在になることが目標となりました。現在もこの価値観は失っていません。仕事では仲間から頼られる存在でありたいと願い、仲間にも大切な人たちと一緒に働いていると感じてほしいと思います。この感覚があれば、互いに助け合ってゴールを目指せます。


祖父母の代にアイルランドから移民した労働者階級の家庭に生まれ、米ボストンで育ちました。人生の喜びは家族や友人との交流からもたらされるとの価値観が息づいていたのでしょう、大切な人たちと一緒にいることを重視するようになりました。


アドビは過去5年、クラウドビジネスの展開を急ピッチで進めてきました。成長に勢いがある状況で、経営を引き継げたのは幸運だと思っています。この流れを堅持することが私の使命です。4月に着任して早々、社内でゴルフコンペやビールパーティーを開催し、チームとしての一体感を高めています。


プロ選手の道を断たれた私を拾ってくれたのはストレージ大手、米EMC。これが日本との縁になりました。数年前まで私はEMC日本法人の幹部として東京に住んでいました。息子が所属するアメフトチームのコーチに、当時のアドビシステムズ日本法人社長の佐分利ユージンさんがいたのです。ユージンさんを通じてアドビで働く素晴らしい人たちや企業文化を知り、身を投じる決断をしました。


ジェームズ・マクリディの経歴・略歴

ジェームズ・マクリディ。アメリカのプロ野球選手、経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。マサチューセッツ州出身。ベントリー大学卒業。ニューヨークメッツで投手としてプレー。引退後、米EMC(のちのデルEMC)副社長、EMCジャパンCOO(最高執行責任者)などを経て「アドビシステムズ日本法人」社長。

他の記事も読んでみる

フォルクマル・デナー

1日19件。これは、私たちが申請している特許の数です。ロバート・ボッシュのDNAであるイノベーションのために、我々は年間48億ユーロ(約6720億円)をR&D(研究開発)に投じています。


和田裕美

「苦手」は「自分の伸びしろ」だと考えた方がいい。弱点を改善すれば、無限の可能性が生まれる。


宮本亜門

常に新しいことに挑戦したいという気持ちはありますが、オリジナリティそのものを目的にすることはない。


中村知哉

「私はサラリーマンだから会社のために収益を上げたい」と言っても誰もついてきません。例えば、海外で現地の小売業界に貢献したいとか、日本と現地の問で技術移転を行いたいといった理由なら協力者が増えていきます。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

日本は官僚主導の統制・規制が好きな社会で、自由競争社会でも市場経済でもない。


梅田修平

お客さまと接する機会が多いことは、他のカード会社との大きな違いであり、当社の最大の強みです。


宋文洲

私が尊敬する経営者というのは、その会社のトップである以前に「経営のプロ」なんですよね。本人もその意識を強く持っているし、だからこそ結果最優先でものを考える。


斎藤英明(経営者)

アナロジー(類推)から生まれた商品の一例が仏BICの使い捨てカミソリです。かつて、BICは3本1ドルほどの使い捨てボールペンを発売。高価だったボールペンを安く身近なものとして提供したことで大ヒット商品となりました。普通に考えれば、次も同じ筆記用具のシャープペンシルなどを発売するところですが、BICはそうはしませんでした。使い捨てボールペンのメカニズムを考え、「使い捨て」と「プラスチック」の構成要素に分解。同じ要素からなる使い捨てカミソリを発売したのです。結果、やはり大ヒットしました。


井上礼之

ダイキンの場合、まず1990年代後半以降、ドイツやスペイン、イタリア、英国など欧州13カ国で現地の販売代理店を買収し、100%子会社化しました。販売特権を与えて当社製品を扱ってもらう、それまでの「ソウルエージェント方式」では、こちらが挑戦的な目標を立てて促しても、代理店がある程度の実績で満足してしまい、戦略の徹底が難しかったからです。このM&Aで得た優秀な人材は2000年代に急成長した欧州市場で中核的な担い手として活躍し、欧州で断トツのシェアを取ることができました。


海老一宏

恐らくこれから人材の流動化はますます進みます。中高年に限らず、またリストラに遭うかどうかにかかわらず、転職について考えて備えることは20代や30代にとっても大切です。転職ができない人は「今いる会社にとっても要らない人」になりかねません。


鶴岡公二

交渉というと、駆け引きを思い浮かべる人も多いだろう。例えば、最後は「50」で手を打つつもりで、最初は「500」くらいからふっかける。相手の腹を探り何度か交渉を重ねて妥協案を見いだすのだ。しかし本当に交渉をまとめようと思ったら、こうした駆け引きは百害あって一利なしだ。実際の交渉現場では相手も準備しているから、法外な要求だとわかり、こちらには真面目に交渉を行う考えがないのではないかと不審を抱かれてしまう。次にこちらが「100」に下げても、相手はまだ何か裏があるのではないかと疑い、結局、交渉はまとまらず、「50」もとれなくなってしまう。


田中良和(GREE)

この業界は新しい産業ですから、これまでは既存のやり方を単に当てはめていくだけでは会社は成長しないと考えていました。新しい時代に合った仕組みを作り、風土を作ることにこだわってきました。