名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジェームズ・ポンソルトの名言

twitter Facebook はてブ

ジェームズ・ポンソルトのプロフィール

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

ジェームズ・ポンソルトの名言 一覧

私は人間の善性を信じていますし、あらゆるテクノロジーも基本的には善のためにデザインされていると考えています。もちろん、それを悪用しようとする人は存在しますから、テクノロジーの巨大な力を利用するためには公的なチェック機能と説明責任は不可欠でしょう。


現実の世界でもシリコンバレーのハイテク企業を動かしている人びとが共有している理想的な世界像があるわけですが、それは必ずしもすべての人にとっての理想とは限りません。この映画(『ザ・サークル』)についても世代や属するコミュニティ、テクノロジーに対する関心度などによって感じ方は違ってくると思うし、感情移入するキャラクターも変わってくるでしょう。ぜひ多くの人に観てもらいたいですね。


ソーシャルメディアも含めて、あらゆるテクノロジーはすべて人間の延長線上にあって人間の善いところも悪いところも表現するものです。問題は道徳や倫理的な境界線を引く前にテクノロジーがどんどん進化していってしまうことです。ですから、人間が立ち止まって「これは本当にやっていいことなのか」と考えなくてはいけない。テクノロジーの進化によって完全なユートピアが訪れることもないし、その逆も同様です。すべてはテクノロジーを使う人間にかかっています。


ジェームズ・ポンソルトの経歴・略歴

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

他の記事も読んでみる

休山昭

マーケットがシュリンク(縮小)していくなかで、量販型のビジネスはシェアの獲得が大命題ですから、必然的につぶし合いになります。しかし、我々はライフスタイルを切り口に付加価値型のビジネスを展開することで共存共栄を目指したい。


シェリル・サンドバーグ

今も朝、子供たちを学校に送ってから出勤し、夕方は帰宅して子供と食事をして、彼らを寝かしたら、その後働きます。出勤時間こそ違いますが、相変わらず毎日12時間は働いています。オフィスにいないだけで、かなりハードワークを続けています。


深田和範

高度経済成長期は人口が増え続けていたため、物を作りさえすれば売れた時代です。その状況は、無尽蔵に水がわき出る井戸があるようなものです。企業は効率的に水を汲み、社員に回せばよかった。しかし、現在の状況は、この井戸の水が枯渇しはじめているにも関わらず、あいかわらず同じ井戸にみんなが集まって、限られた水の奪い合いをしているようなものです。若い人にアドバイスをするとしたら、その競争に加わるのではなく、自分たちで新たな水脈を探すくらいの発想を持った方がいいということを言いたい。


香藤繁常

ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


井上高志

感覚に訴えるアプローチと同時に、データによる裏付けも重要。数字や実例などの客観的データは納得感につながる。写真や図を添えて可視化することも効果的。


一瀬邦夫

我が社も組織が充実し人材が育ってきましたが、現在はペッパー大学というものも設立して研修により力を入れています。ペッパー大学では「人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある」と伝えています。今後は株式を公開したことで、さらに多くの優秀な人材が増えていくと思います。


和泉秀俊

当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


プラユキ・ナラテボー

人間誰しも老病死は避けられない。日々、思うようにならない多くの出来事にも遭遇する。そうした現象に翻弄され、悩み苦しんだりすることができる一方、同じ現象にも苦悩することなく、楽しく人生の滋養分にしていくこともできる。


中野信子

脳科学の観点だと、知能の高さは、ひとつの物事に対して複数の見方ができるかで決まる。


小熊英二

自分で考え、自分で行動する習慣がつけば、それが社会を変える第一歩になる。これまで、社長や政治家に「お任せ」だった人々が、流動性の高まりや経済の低迷などで不満や不安を持つようになった。ところが、そこで「お任せ」の姿勢が変わらないと、「お前が偉い人なのだから何とかしろ」というクレーマーにしかなりません。自分で情報を集めて考え、自分で行動することで、新しく「社会をつくる」ことができるのです。