名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジェームズ・ポンソルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・ポンソルトのプロフィール

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

ジェームズ・ポンソルトの名言 一覧

私は人間の善性を信じていますし、あらゆるテクノロジーも基本的には善のためにデザインされていると考えています。もちろん、それを悪用しようとする人は存在しますから、テクノロジーの巨大な力を利用するためには公的なチェック機能と説明責任は不可欠でしょう。


現実の世界でもシリコンバレーのハイテク企業を動かしている人びとが共有している理想的な世界像があるわけですが、それは必ずしもすべての人にとっての理想とは限りません。この映画(『ザ・サークル』)についても世代や属するコミュニティ、テクノロジーに対する関心度などによって感じ方は違ってくると思うし、感情移入するキャラクターも変わってくるでしょう。ぜひ多くの人に観てもらいたいですね。


ソーシャルメディアも含めて、あらゆるテクノロジーはすべて人間の延長線上にあって人間の善いところも悪いところも表現するものです。問題は道徳や倫理的な境界線を引く前にテクノロジーがどんどん進化していってしまうことです。ですから、人間が立ち止まって「これは本当にやっていいことなのか」と考えなくてはいけない。テクノロジーの進化によって完全なユートピアが訪れることもないし、その逆も同様です。すべてはテクノロジーを使う人間にかかっています。


ジェームズ・ポンソルトの経歴・略歴

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

他の記事も読んでみる

樋口泰行

さまざまなことに目を向けていないと、知らないうちに新しいビジネスモデルが出てきて、世の中のスタンダードが変わってしまう。まして日本は言語的にも文化的にも隔絶されやすい環境です。国際競争が激化するなか、今後、日本はどのような付加価値をつけていくのか、世界目線で考えていかないといけません。


榎本博明

上司であっても部下の前で完璧である必要はありません。自分の弱みを認めたうえで、自分なりの上司像を築いていけばいいのです。それは部下も同様です。自分の弱みを受け入れることで、上司のアドバイスを素直に吸収して自分を成長させることができます。


冨山和彦

どうせやらなければならない仕事なら、モチベーションを少しでも上げたほうがいい。会社のせいだと嘆く前に、何か自分を奮い立たせるテーマが設定できないか、あがいてみるべきだと思います。


吉永泰之

一般的には、商品数の少なさは弱点です。ただ、少ないからこそひとつひとつをどこにも負けないほど作り込んでいけば、それは長所に変わります。


小島慶子

私の場合、ネガティブな反応や意見に対してただ落ち込むのではなく、その奥にあるものが何かを考えます。「なぜその人はそんなことを言ったのだろうか」と。もっと考えて、「自分も似たようなことを言っていないか」「あるいはその萌芽が自分の中にも秘められていないか」……と深く考えていけば、自分自身の一面を知ることにつながります。


カント

人間は安楽に満足して生きたいと思うが、自然は人間が安楽と無為の満足に甘んじさせずに、苦労や労働に打ち勝つ手段に知恵をしぼらせようとして、苦労や労働の中に人間を放り込む。


心屋仁之助

結局、習慣に「良い」も「悪い」もないというのが僕の考えです。習慣に良いとか悪いとかをくっつけるから、「早起きも続けられないから、仕事もできないんだ」と自分を責める理由になってしまう。早起きしたい人はすればいいし、したくない人はゆっくり起きたらいい。


白石尚久

行動したことで、強く望み続ければチャンスはたくさん与えられると知った。そして、「失敗」はチャンスをつかんだ人しか経験できない特権であると捉えられるようになりました。些細なことでも1日1回チャンスを見つけ挑戦するように心がけてます。


小池淳義

最終的なマーケットや利用者が見えにくい部分の技術に関しては、その技術の結果となる製品がもたらす社会的意義を技術者に示すことを重要視しています。そのことによって、モチベーションが喚起されます。


大野直竹

事業をよく見ると、他の事業との垣根がだんだん低くなってきているんですね。ですから最終的な事業ポートフォリオというのは、あまり決めない方がいいような気がします。


山村輝治

フードビジネスは、いったんは減収となるかもしれませんが、中長期的には必ずプラスになっていくプランで進めています。向こう10年ぐらいの計があるイメージを持っています。これまで続いたミスタードーナツの落ち込みをいったんリセットして、そしてさらに飛躍していくように持っていきます。


森川博之

人材の育成に加え、「組織や企業風土の変革」も必要でしょう。せっかくのアイデアがあってもそれを人事的に評価する制度がなければ、チャレンジを恐れて何も動かなくなる。