名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・ポンソルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・ポンソルトのプロフィール

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

ジェームズ・ポンソルトの名言 一覧

私は人間の善性を信じていますし、あらゆるテクノロジーも基本的には善のためにデザインされていると考えています。もちろん、それを悪用しようとする人は存在しますから、テクノロジーの巨大な力を利用するためには公的なチェック機能と説明責任は不可欠でしょう。


現実の世界でもシリコンバレーのハイテク企業を動かしている人びとが共有している理想的な世界像があるわけですが、それは必ずしもすべての人にとっての理想とは限りません。この映画(『ザ・サークル』)についても世代や属するコミュニティ、テクノロジーに対する関心度などによって感じ方は違ってくると思うし、感情移入するキャラクターも変わってくるでしょう。ぜひ多くの人に観てもらいたいですね。


ソーシャルメディアも含めて、あらゆるテクノロジーはすべて人間の延長線上にあって人間の善いところも悪いところも表現するものです。問題は道徳や倫理的な境界線を引く前にテクノロジーがどんどん進化していってしまうことです。ですから、人間が立ち止まって「これは本当にやっていいことなのか」と考えなくてはいけない。テクノロジーの進化によって完全なユートピアが訪れることもないし、その逆も同様です。すべてはテクノロジーを使う人間にかかっています。


ジェームズ・ポンソルトの経歴・略歴

ジェームズ・ポンソルト。アメリカの映画監督、脚本家。ジョージア州出身。『Off the Black』で長編映画デビュー。『スマッシュド ~ケイトのアルコールライフ~』でカンザス映画祭審査員特別賞を受賞。

他の記事も読んでみる

渡邊剛

ドイツでは、ストイックな環境にいられたこともよかったですね。お金もない。言葉は話せない。残念ながら彼女もいなかった。周囲に享楽的なものが何もなくて、手術が終わって夜に自分の部屋に戻ると「今日、教授はこんなふうに糸を返していたな」なんて、その日の作業を忘れないようにノートにつけていた。


宮坂学

良いアウトプットをするためには、良いインプットが必要。


上野和典

とことんアイデアを絞り出すことで、初めて良いものが生まれる。


川上量生

日本って特殊条件がいくつかあって、ひとつは衰えたとはいえまだまだ豊か。こんなに豊かな人たちが均質にいる国は世界でほかにない。そのうえ、新しいものが好きで、合理的に考えればお金を払う必要のないことに払う人たちもたくさんいますよね(笑)。それこそ新しいガジェットを次々と買ったり、握手券欲しさにCDを1000枚買ったりする人たちがいるわけですよね。合理的ではないけれど、面白いからやる。そういう文化がネットにも引き継がれて、日本というのはネット文化において世界の先行指標になりつつあります。


村井満

部下は背伸びして、背伸びして、ようやくギリギリで成し遂げられる目標を設定されると、緊張を感じるものです。だから、「できるか、できないかが五分五分の役割や仕事」を割り振ると、いい仕事ができる。


松井順一

「言われたことだけやればいい」と考える人は、その先にある仕事の目的を意識せず、目的からズレた仕事をしてミスにつながる傾向があります。部下がこのタイプの場合は、作業を指示するだけでなく、「自分たちが目指すゴールはどこか」「どの基準をクリアすれば目的を達成したことになるか」を明示して、目的をきちんと認識させましょう。


ジョセフ・バウアー

トップの後継者候補は複数育成すべきです。これはCEOの最も重要な仕事のひとつです。CEOが自らこのプロセスの陣頭指揮をとらない限り、後継者は育ちません。


安藤宏基

役職は本社の方が高いので偉そうに見えるけど、君たちはサポート部門なんだぞと。私の目が光っていれば、彼らは動かざるを得ない。「日本にいるな、必要とあれば現場に出ていけ」。そういう命令をするのがCEO(最高経営責任者)の役目です。


一川誠

働きすぎは命を削る。短気で負けず嫌い、成功意欲が強く、常に時間に追われているような人を心理学では「タイプA」といいますが、心筋梗塞や突然死のリスクが高まります。一番の原因は残業など、仕事の詰め込みすぎによる生活リズムの乱れです。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合発表直後は社員や社外OBが「NKKに絶対に負けないように統合してください」と訴えに訪れたものですが、新会社をつくる傍から何の勝ち負けでしょうか。そんな拙い話はありません。合併という事態に直面した場合は、決して旧来の手法や技術に拘泥すべきではありません。管理職、社員にかかわらず、自分は新たに誕生する会社に再就職するのだと、そして新会社の収益と価値創造に自分はいかに貢献できるかを考えるべきでしょう。


大竹美喜

いい人が集まってくれれば、いい教育ができます。日本においても、まったく同じことが言えます。人づくりが国づくりなのです。


草刈貴弘

ニュースなどはどうしても誇張されてしまう部分があります。また、世間では正しいと思われていることが、ただの思い込みにすぎないこともあるでしょう。