名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジェームズ・ドゥティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・ドゥティのプロフィール

ジェームズ・ドゥティ。アメリカの脳外科医、起業家、慈善事業家。スタンフォード大学医学部臨床神経外科教授。テュレーン大学医学部卒業。ウォルター・リード陸軍病院、フィラデルフィア小児病院などに勤務したのち、スタンフォード大学CCARE所長を務めた。

ジェームズ・ドゥティの名言 一覧

思いやりを持つ、つまり、人の苦しみに気づく、なんとか助けてあげたいと願うことは、人類の進化に不可欠なこと。


貧しい家庭で育ったので、お金があれば幸せになれると信じていました。しかし、そうではなかった。


忍耐強く、それぞれのステップを楽しみ、変化を観察してください。大切なのは、自分にどのような影響が出たかに細かく気を配り、変化に耳をすますこと。


忙しい人ほどより多くの時間を瞑想にあててほしい。どんなときでも15分、20分という時間を捻出することはできるもの。


マインドフルで思いやりを持っている状態は、副交感神経が働いている状態です。副交感神経が活性化されているときに人の脳は最も創造性や生産性が高い状態になります。そして、受容的で、恐れがない状態になっています。


恐れは交感神経を刺激します。そうすると、自分を守るために自分を閉ざし、人との関係も閉ざしてしまいます。思いやりを示し、本当の自分を表現することができなくなる。このような状況では、人を信頼することができなくなり、人とつながりにくい。愛することもできなくなります。


リーマンショックで全財産を失った後、自分の人生を振り返った。そして、私に抜け落ちていたことは、「心を開く」ということだと気づいた。私は財産を失いましたが、その代わりに受け取った。それは「人生の意味」。他人に奉仕し、思いやりを持って接することこそが大事なことだと、ようやく気づいた。


気をつけなければいけないのは、マインドフルネスだけで、すべてのことが解決するわけではないということ。そして、他者への思いやりだけではなく「セルフコンパッション(自分に対する優しさ)」を忘れないこと。自分に対して否定的でネガティブな感情が起こっていたら、その部分に優しく接するのです。マインドフルネスは、自分の思考に対して批判や判断をしない状態ですが、さらに、自分の感情や考えに思いやりを持つ。これができれば、他者に対しても同じように接することができます。


私はずっと両親や自分たちの生活に対して、怒りの感情を持っていた。酔っ払って何週間も家に帰らない父親、そんな父親を怒鳴る母親、お金がない生活……。でも、マインドフルネスを始めてからは、それはただの「状況」であることがわかったのです。両親の苦しみは両親の混乱や怒りで、私のせいではない。そうして怒りの感情を手放し、その分「思いやり」や「愛」を受け入れたときに、自分が変わったのを感じました。私に対する周りの反応も変わりました。


ジェームズ・ドゥティの経歴・略歴

ジェームズ・ドゥティ。アメリカの脳外科医、起業家、慈善事業家。スタンフォード大学医学部臨床神経外科教授。テュレーン大学医学部卒業。ウォルター・リード陸軍病院、フィラデルフィア小児病院などに勤務したのち、スタンフォード大学CCARE所長を務めた。

他の記事も読んでみる

石川康晴

顧客は飽き性ですから、球を右に投げてくるかもしれないし、左に投げてくるかもしれない。どちらとも言えない。今は右に投げているから右にグローブを構えているけれども、急に左に来ても跳んで捕れるように、いつもかかとを上げた状態でいる。何度も大きな決断を繰り返すリーダーほど、このように考えておくことが不可欠。


寺澤芳男

日本とアメリカの会社の違いは、一言でいうと「個」の確立の問題と言ったらいいでしょうか。どうも日本では個人主義の隣に利己主義があって、セルフィッシュと言う受け取られ方になってくる。あるいは個人プレー、スタンドプレーはいけないことと考えていて、チームプレー、団体行動をとる。


田口弘

金は儲けるより、使う方が難しい。よく、自分で儲けた金をどう使おうと勝手だという人がいる。でも実はそうではない。富を得た人や会社は、その利益を使ってさらに付加価値の高い商品を生み出し、社会に還元する義務がある。


吉田耕次

日本人の従業員を研修のために海外に派遣することはかなり以前から行なっていますが、逆に、海外子会社の技術職の従業員を研修のために日本に招くことも始めました。当社の製品である安定剤は原料の配合設計がコア技術で、日本には顧客の高い品質要求に応えるためのノウハウの蓄積が海外子会社よりもあります。それを学んでもらうことが目的です。


三谷幸喜

たまたま今は僕が面白いと思っているものと、皆さんがそう感じてくださるものが一致しているからいいだけで。本来、笑いなんてものは通じにくいというか、共有できる部分の少ないものだと思っているんです。だから、結局は自分が面白いと思うものを作るしかない。それを周りの人が「面白くない」と言うようになったら、もうそこまでだって気がすごくする。


溝口勇児

私自身、知識や知恵が足りないことは自覚していたので、何でも吸収してやろうという思いも強かった。手前味噌ですが、おかげで成長は速かったと思います。


ガー・レイノルズ

視覚的なスライドも重要ですが、真の優れたプレゼンターになるために最も磨くべきビジュアルは自分自身。そして、スピーチやパフォーマンスなどのテクニックも大事だが、最終的には伝えたいという情熱こそが大切。


長谷川和廣

戦わないで済まそうとする人は、停滞するどころか、落ちるところまで落ちていきます。いざというとき、戦う自信と気力が養われていないから、踏んばることができないのです。


吉松徹郎

ビジネスモデルを作るのが重要だと言っていても、しっかり売上げを立て、キャッシュが回らなければ、手のひらを返すように人は離れていってしまう。


堺屋太一

歴史はその最終段階だけが重要なのではない。経営者の評価や財界人としての基準も変わった。80年代までのヒーローの中にも「墜ちた偶像」が何人もいた。その一方でまた、新しい経済のスターが現れつつある。没落した経営者が、その得意の絶頂で何を語り、何を誇ったか、それを読むのもまた興味深い。


小宮一慶

「人脈こそ財産」。そして、「自分の利だけのために人脈を使わない」。そう考えれば、相手の立場・状況に配慮した行動ができる。謙虚になり、人間的な成長もできる。結果的に、自然と付き合いは長く続き、信頼関係をより強固なものにでき、人を見分けることもできるはずです。


磯崎哲也

お金を払ってプロに相談するという発想が日本人にはあまりないが、創業期のミスが将来の失敗につながらないためには重要なこと。