名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・アンドリュー・スタンレーのプロフィール

ジェームズ・アンドリュー・スタンレー。明治大学商学部専任准教授。カナダ出身。ミシシッピー州立大学、バーミンガム大学修了。アルスター大学文学研究科で博士号を取得。明治大学商学部准教授を務めた。

ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの名言 一覧

私は、日本人がいろいろなルールを「仕方がない」と言いながらちゃんと守るのが不思議です(笑)。それがどこにも書いていない暗黙のルールであっても、日本の人は重んじます。たとえば職場なら遠慮して有休を取りきらなかったり、先輩より先に帰らなかったり。これらはある意味、日本人の「常識」ですよね。私たちカナダ人は、ルールに納得できなければ破ってしまいますから、日本の人がよく「ルールだから仕方がない」と言うのを聞いて、釈然としない気持ちになることもあります。


日本では、文字の書き方が決まっているのが印象的です。日本の高校で英語教師をしていたとき、授業のあとで日本人の先生に、「ジェームズ先生、アルファベットが間違っていますよ」と言われてしまったのです(笑)。正しくは、間違えていたのではなく、それが「私の書き方」なのですが、注意されてしまいました。カナダでは、字は人が読めればOK。相手が読めさえすれば、オリジナルの書き方をしても人から何か言われることはありません。まさか日本で手書きの文字を注意されるとは思わず、日本人が型を重んじる人々だということを学びました。


ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの経歴・略歴

ジェームズ・アンドリュー・スタンレー。明治大学商学部専任准教授。カナダ出身。ミシシッピー州立大学、バーミンガム大学修了。アルスター大学文学研究科で博士号を取得。明治大学商学部准教授を務めた。

他の記事も読んでみる

ダニエル・カーネマン

「合理性」が行動を説明するものとして妥当な領域もある。しかし、まったく説明がつかない領域も多い。


森澤篤

普通の人は、必要に迫られない限り、変化を求めないものだ。したがって、「こんなものがあったらどうだろう」というイメージをちょっと膨らませてみるだけで、消費者の一歩先を行くことになる。さらにそのイメージを一部でも実現できたら、それを使う人が現れて、彼らが新しい使い方を見つけてくれることもある。


生月誠

会社がすべて、という思考から離れて、リラックスし、リフレッシュすることはとても大切。人間、ひとつのことだけに捕われていると、周りの状況やことの流れがまったく見えなくなってしまう。これでは仕事も全くうまく行かない。


聖徳太子

世の中には、生まれながらにすべてを知りつくしている人はまれで、よくよく心がけて聖人になっていくものだ。事柄の大小にかかわらず、適任の人を得られればかならず治まる。時代の動きの緩急に関係なく、賢者が出れば豊かにのびやかな世の中になる。これによって国家は長く命脈をたもち、あやうくならない。だから、いにしえの聖王は官職に適した人を求めるが、人のために官職を設けたりはしなかった。


川崎秀一

最近はネット社会で本を読む人が少なくなっているのかもしれませんが、本を読むと自分の知らない知識や世界を知ることができますし、想像力が身に付き、論理的な思考ができるようになります。私も本を読むことで自分の情感が豊かになったような気がしますし、本を読む習慣をつけてくれた母には感謝しています。


一瀬邦夫

高校を卒業してからコックの修業を積み27歳のときに独立しました。開業したのは下町の小さな洋食屋で、屋号は「キッチンくに」。笑い話ですけど、野菜の仕入れ先の八百屋さんがニンニクを「人肉」と伝票に書いてきたんですよ。それが誤字だとは気づかずに、僕は店のステーキメニューに「人肉入り」と書いて貼り出していたものだから、近所で変な評判が立ったこともあった(笑)。まあ、それだけ素直だったというか、無知ながらも一生懸命だったわけです。そのおかげか店は繁盛。36歳のときには4階建ての自社ビルを建てることができた。


佐々木正悟

ラジオ体操のスタンプカードのように、「ちょっとずつ貯まっていく」感じは、モチベーションを高めるのに有効です。ポイントカードのあるお店でつい買い物をしてしまう人ならよくわかるはずで、仕事でそれを活用しない手はない。商店のスタンプカードが余っていたら、いま抱えている仕事をマス目に沿って細分化してみよう。そして、中間地点とゴールにご褒美を設定し、タスクが終わるたびに塗り潰していく。ちょっとした工夫を加えることで、自然とモチベーションが高まっていくはずである。


児玉和

新規事業の参入先は少しだけ知見のある領域を狙う。そして、その領域に参入する際は「自社の強みを掛け合わせる」のがコツ。手術用縫合糸がその好例です。この抜糸しなくていい溶ける糸の事業化に国内メーカーで初めて成功しました。これは、創業当時から積み上げてきた既存技術なしには製造できないものでした。


澤村諭

大きな可能性を秘めた技術を数多く展開していますが、その技術を生かせるニーズをすべて把握しているわけではありません。むしろ私たちが知らないニーズが、社会の至るところにあるのではないかと思っています。そこで、これまでかかわりが少なかった異分野や他の業界の皆さんと交流する機会を増やすつもりです。それによって私たちの技術の応用を広げ、社会の発展に一段と貢献したいと思っています。


水田正道

働き方の問題にしっかり対応していくことが、世の中に必要とされる企業になる大前提。


下嶋政幸

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


堀義人

日本企業がどう国際化していくかをずっと考えています。その一つが、自分たちが本来持つDNA自体はほとんど変えずに、更に強化する方法です。つまり、自分たちの持つ強みを捨てずに、足りないものを補強していくのが一番いいと考えています。