ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの名言

ジェームズ・アンドリュー・スタンレーのプロフィール

ジェームズ・アンドリュー・スタンレー。明治大学商学部専任准教授。カナダ出身。ミシシッピー州立大学、バーミンガム大学修了。アルスター大学文学研究科で博士号を取得。明治大学商学部准教授を務めた。

ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの名言 一覧

私は、日本人がいろいろなルールを「仕方がない」と言いながらちゃんと守るのが不思議です(笑)。それがどこにも書いていない暗黙のルールであっても、日本の人は重んじます。たとえば職場なら遠慮して有休を取りきらなかったり、先輩より先に帰らなかったり。これらはある意味、日本人の「常識」ですよね。私たちカナダ人は、ルールに納得できなければ破ってしまいますから、日本の人がよく「ルールだから仕方がない」と言うのを聞いて、釈然としない気持ちになることもあります。


日本では、文字の書き方が決まっているのが印象的です。日本の高校で英語教師をしていたとき、授業のあとで日本人の先生に、「ジェームズ先生、アルファベットが間違っていますよ」と言われてしまったのです(笑)。正しくは、間違えていたのではなく、それが「私の書き方」なのですが、注意されてしまいました。カナダでは、字は人が読めればOK。相手が読めさえすれば、オリジナルの書き方をしても人から何か言われることはありません。まさか日本で手書きの文字を注意されるとは思わず、日本人が型を重んじる人々だということを学びました。


ジェームズ・アンドリュー・スタンレーの経歴・略歴

ジェームズ・アンドリュー・スタンレー。明治大学商学部専任准教授。カナダ出身。ミシシッピー州立大学、バーミンガム大学修了。アルスター大学文学研究科で博士号を取得。明治大学商学部准教授を務めた。

他の記事も読んでみる

村上和徳

私が心がけているのは「常にご機嫌でいる」こと。ご機嫌でいればどんな仕事にも熱中できますし、それが結局、成果にも繋がる。健康はご機嫌でいるための条件。


山本忠人

現在、複写機についてはコスト競争が進んでおり、商品だけを前面に出しても同業他社と不毛な争いになるだけです。お客様が本当に悩んでいる経営課題を、我々のドキュメントソリューションによって解決することで、お客様の「価値創造」に貢献するのが私たちの役割なのです。


丹下大

テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


樋口武男

自分をアピールして上に認められるためには、なにしろ一生懸命に仕事をする。実績をあげるしかない。


大西洋

新しい試みがすべて成功するとはかぎりません。私の経験上、3回に1回ぐらい成功すればいいほうではないでしょうか。しかし、変化するいまの時代に、失敗を恐れていままで通りのやり方に留まってしまうのは、未来に大きな失敗を招く行為なのです。


西成活裕

アイデアの出し方は、ベッドの枕元に常に紙と鉛筆を置いておくんです。パッと起きがけに何か思いついたら、まわりが真っ暗でも必死になってそれをメモする。また、本当にどんなことでもいいから、それこそ「渋滞」という課題でも興味のある数式でも何でも、紙に書いて箱の中に入れておくんです。その中から2枚をパッと取って、結びつけてアイデアにできないかという練習をするわけですね。そういう発想法からも、ある分野に別の分野の方法を持ちこめば、ほかの人がまだやっていない研究になるということはわかっていました。


永持孝之進

「君子は豹変する」ということを是非、胸中に置かねばなりません。社長が面子にとらわれて、一度言ったことは金鉄のごとく変えられないような頑固だと必ず失敗するという強烈な哲学、自己反省の能力がなければ危険。


鈴木修

コスト、クオリティ、プロダクティビティ。ザッツ・オール!
【覚書き|GMとカナダで作った合弁会社のオープニングセレモニーでのスピーチ。偉い人たちの長いスピーチの後に一言だけで済ませ、会場を爆笑させた。プロダクティビティは生産性】


伊佐山元

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


吉野浩行

国によってお客様が求めるものが違います。アメリカではサイズが大きくてゆったりと快適で、しかも丈夫でないといけない。日本だと一年間で1万キロも乗ったら大したものですが、アメリカでは2万キロ以上乗ります。一方、日本のお客様はよりファッション性があり、小回りがきくものを求めます。基本部分はもちろん共通ですが、サイズだとか細かな味付けの部分を国によって作り変えているんです。


田中久雄

僕自身から見て東芝グループは「コングロマリットディスカウント」(グループ企業の株式時価総額が、個々の事業の価値を合算した額に比べ割安になること)そのもの。同じグループ内でも事業体別にバラバラに運営されていることも多い。例えばシンガポールだけでも現地法人が7社もあります。こうした問題を改め、グループ企業が集まることで実力以上の相乗効果を発揮する「コングロマリットプレミアム」に変えたい。そのために、新たな価値創造と生産性向上を推し進めます。


塚越寛

私は、決算は本来、三年に一度くらいでいいのではないかと思っています。決算のための経営ではなく、永遠に終わりがない経営をするには、それくらい長いスタンスで見ていかなければいけないような気がするからです。


田原祐子

電気クッキングヒーターを毎日、声をからしてPRしても、お客様たちは商品の前を素通りしていきました。しかし、あるとき、実演を見ていたお客様の、「これ、火力が強くてお湯がパッと沸くのね!」「ゴトクがなくて、さっと一拭きでお手入れが簡単でいいわ!」という言葉から、それまで気づかなかった商品の強みを見出し、これを前面に押し出すようになってからは、デモンストレーションでも人垣ができるほどになりました。


原巨樹

「京ごふく 二十八」は店舗を持たず、お客様や職人と直接やりとりをしています。これならお客様にはより安く着物をご提供し、職人にはより高い報酬を支払うことが出来る。


大塚寿

他人が気になる原因は、自分に自信がないこと。本当に自信がある人は、他人の意見などに左右されませんから。自信をつけるには、まず仕事のできる上司などを参考に「理想の自分像」をイメージ。そして、すでに自分が理想像に近い人間であるかのように自己暗示をかけるんです。いきなり理想の人間になるのは難しいので、理想を10段階にわけて、少しずつクリアしていくように。私は、自分が今やるべきことに集中したことで、他の人を気にする暇がなくなりました(笑)。


ページの先頭へ