名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)のプロフィール

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言 一覧

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。


ソニーがアップルに負けた理由は顧客のニーズよりもそれぞれの事業部門の成長に焦点を合わせてしまったからだ。そして顧客の求めていることは何かではなく、複雑な組織をどう動かすかということにエネルギーをとられすぎてしまったのだ。


日本企業が輝きを失ってしまった原因は複雑性にある。成長するにつれて組織というものは官僚化し、無意味な多角化に走りがちだ。


幸いなことに、日本には成功をおさめた大企業の創業者の意思を脈々と継ぐ人たちが企業のなかにまだ存在している。そこが救いだ。そういう人物をリーダーとして登用していけば、再生可能なモデルを再構築する時間的な猶予がある。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)の経歴・略歴

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

他の記事も読んでみる

青野慶久

「うちも働き方改革に取り組みたいが、どこから手をつけていいかわからない」という場合は、とにかく現場の社員の声に耳を傾けることから始めてみてはどうでしょうか。どうすればもっといい職場になるか、楽しく働けるようになるか、その答えは一律ではなく、彼ら一人ひとりの心の中にあるのですから。


飯田勧

会社を成長させるには、社員のやる気を高めることも大切です。当社は毎年3から5店舗を新たにオープンしているので、人材確保は重要な課題です。単に待遇がいいというだけではありません。やりがいのある職場づくりが必要です。


松下幸之助

難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。


満岡次郎

これまでの失敗例を見ると、計画がしっかりできていない、リスクの洗い出しや問題発生時の代替策が不十分、といった根本的な原因が浮かび上がってきます。


梅原誠

ファッション性と高級感を持たせるため、薄型フルメタル化した電波腕時計の開発に挑んだ。技術者にとっては苦闘の日々ですよ。「金属の中にアンテナを入れて、電波なんて拾えるはずがない」「そんなものムリだ!」。私も技術者だった経験があるから、彼らの思いが痛いほどわかる。でも私は突き返し続けました。「君たちの技術があればできる!」「夢を叶えよう!」。結果として、こうしたやりとりがブレイクスルーになり、フルメタルの、デザイン的に制約のない電波腕時計を産み出した。


諏訪暁彦

製品開発に必要な技術を世界中から探す方法は大きく2つあります。ひとつは、社内に設置した専門チームが探索する方法。もうひとつは社外の仲介会社を利用する方法です。


貝原益軒

君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。


オグ・マンディーノ

勤勉に働き、かのヨブよりも忍耐強いとしても、計画を立て目標を設定しない限り人並み以上に抜きんでることはできない。向かうべき目的地を持たずに錨を上げて出港した船は未だかつてなく、勝利のための戦略を持たずに出陣した軍隊も未だかつてない。やがて実を結ぶという確信なしに花を咲かせたオリーブの木もない。人生において目標を持たずに正しく前進することは不可能である。


茂手木雅樹

M&Aの際、最初はとにかく勉強をさせてもらいながら、グループのリソースを自由に使ってもらえるようにアシストすることを心掛けています。


下元朗

できるビジネスパーソンほど、自分のメンツや意地にはこだわりません。たとえば、自分にはできないことは「できない」とはっきりといい、知ったかぶりをしたり、虚勢を張ったりしません。「できるふり」をしても、すぐに化けの皮がはがれ、周囲に見透かされてしまうことがわかっているからです。ですから、いざというときには自分の弱さをさらけだして、周囲の人たちの協力を得ながら、緊急事態を収拾できるのです。


友野典男

人には、将来の利益よりも、今、目の前にある利益を優先してしまう傾向が備わっています。自然な状態だと、飲み会やケーキのような目先の小さな利益を取ってしまうがゆえに、将来の大きな利益を逃すものなのです。つまり、人は「近視眼的」なものなのです。これは、サバンナで狩猟採集をしていた時代には必要不可欠なバイアスでした。食料が豊富にあるわけではありませんから、将来のことを考えるよりも、目の前にある食べ物を食べないと生き残れない。近視眼的な人が生き残り、進化してきたのです。


牧野正幸

当社には、「カムバック・パス」という制度があります。退職する社員に、辞めた時点での報酬とポジションで、復職を認める。実際、この制度を作った人事部長が戻ってきました。ただ、いつでも辞められると思うと辞めないものです。