名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)のプロフィール

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言 一覧

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。


ソニーがアップルに負けた理由は顧客のニーズよりもそれぞれの事業部門の成長に焦点を合わせてしまったからだ。そして顧客の求めていることは何かではなく、複雑な組織をどう動かすかということにエネルギーをとられすぎてしまったのだ。


日本企業が輝きを失ってしまった原因は複雑性にある。成長するにつれて組織というものは官僚化し、無意味な多角化に走りがちだ。


幸いなことに、日本には成功をおさめた大企業の創業者の意思を脈々と継ぐ人たちが企業のなかにまだ存在している。そこが救いだ。そういう人物をリーダーとして登用していけば、再生可能なモデルを再構築する時間的な猶予がある。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)の経歴・略歴

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

他の記事も読んでみる

北方謙三

先が見えない下積み時代だったが、ずっと「真実を見よう」とする意志は持ち続けていた。見たかったのは、小説の真実。いい小説とは何か、という問いへの答え。「自分の原稿が受け入れてもらえないのは、観念的すぎるからだろうか。では、観念を取り除いたら真実が見えるかもしれない」。そう考え、模索の上に見えてきたのは「小説は描写である」ということだった。


田村次朗

交渉の達人を自負する人ほど、目標と落としどころを履き違えていることが多い。落としどころを探すことは、あくまでも駆け引き型交渉において、譲歩しあいながら合意点を見出すことに他ならない。いわば痛み分けのスタイルである。この手法を用いれば、確かにとりあえずの合意は達成しやすい。しかし、互いに少しずつ不満を残した合意になり、交渉によって新しい価値を創造することにはつながらない。


宇都出雅巳

「目の前にいる人の名前が思い出せない」ときは、前に会ったときの記憶全体をたどるのが効果的です。いつ、どこで、どんなふうに会ったか、他に誰がいたか、相手はどんな服装だったかなどを頭に浮かべるうち、名前がふと出てくるでしょう。「何を話したか」も重要なフックです。仕事の話、出身地の話、趣味の話など、どんなことを相手が言ったか、自分がどう感じたかを反芻しましょう。


塚越友子(水希)

成果を出したいときに一人でやると目立ちますから、上司と組んで出すべきです。


塚越寛

社員に対してこう言ったことがあります。「うちもルイ・ヴィトンみたいなブランドになろうよ」。みな怪訝な顔をして「そんなの無理ですよ」と返してきました。私は再び問いました。「どうして無理なの。何も明日や明後日にヴィトンになるって話じゃない。俺が死んだあとの社長でもいいし、その次の社長でもいい。50年、100年かければできないことはない」と。


田中美香

たとえば、横浜のある物件では、入居者が自由に使える電動自転車を設置したところ、入居率が一気に高まりました。横浜は坂が多いので、電動自転車は非常に重宝するのです。こうしたちょっとした工夫が本当に効くのです。私たちはこうしたノウハウを他にも数多く持っています。当社の管理を評価していただき、他社で買った物件の管理をお願いされることも多いですね。


糸井重里

アイデアが足りないと周りを巻き込めない。巻き込めた仲間こそが、「最初の顧客」なんです。次々と社内の人を巻き込むことができる企画は、成功する確率が非常に高い。みんなが応援するから。つまり、社内顧客をどれだけ創造できるかがプロジェクト成功の決め手になってくる。自信を持って入社してきた人でも、社内顧客を作るのは結構大変です。だから、入社してすぐに結果を求めなくても大丈夫と、僕は社員に言います。チャンスは絶えずある環境にしている。苦労して社内顧客を開拓した人ほど、強いですよ。


麻生哲朗

僕にはいつも大事にしていることは、発想する過程で感じる「違和感」に敏感であること。考えている間、絶えず襲われる「何か違う」という感覚と向き合いながら進めているうちに、正解にたどり着く。


藤井美保代

各人の業務のムラをなくすには「持ち回り制」が有効。たとえば、電話を取る役目を1時間ごとの交代制にすれば、1人は電話に、他のメンバーは仕事に集中できて合理的です。逆に、「集中タイム」を交替制にするのも良い方法です。電話も取り次がず、相談ごとも持ち掛けない時間を1人1時間ずつ持たせることで、各人の「細切れ」を予防できます。


永井浩二(経営者)

私が営業をしていた時と、今の営業スタイルは若干違うと思いますが、例えば自分がお勧めしたものが結果が逆になった時には、どうしても逃げたくなるんです。しかし、そういう時こそ、お客様にお会いして、会話をすることが大事だと思ってやってきました。


ヒラリー・クリントン

不安はいつだってついてまわります。でも、私たちには不安がってる時間はないんです。


安藤美冬

引き出しの中にほとんど見ない資料が眠っていたり、デスクの上に書類が積み重なっていたり。それらの大部分が不要なモノです。捨ててしまえば、作業のたびに書類の山を押しのけてスペースを作ったり、あちこち探し物をしたり、といった無駄な動線をカットできます。