名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)のプロフィール

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言 一覧

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。


ソニーがアップルに負けた理由は顧客のニーズよりもそれぞれの事業部門の成長に焦点を合わせてしまったからだ。そして顧客の求めていることは何かではなく、複雑な組織をどう動かすかということにエネルギーをとられすぎてしまったのだ。


日本企業が輝きを失ってしまった原因は複雑性にある。成長するにつれて組織というものは官僚化し、無意味な多角化に走りがちだ。


幸いなことに、日本には成功をおさめた大企業の創業者の意思を脈々と継ぐ人たちが企業のなかにまだ存在している。そこが救いだ。そういう人物をリーダーとして登用していけば、再生可能なモデルを再構築する時間的な猶予がある。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)の経歴・略歴

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

他の記事も読んでみる

来島達夫

職場の規律を維持するためには、常に新しい目標を掲げ、達成を目指すことが必要だ。現状維持が目標になれば、(国鉄時代の)来た道を戻ることになってしまう。


鈴木喬(経営者)

「社長は、正直に忠告してくれる忠臣のような部下を持つべきだ」と言う方もいます。しかし、上司に異を唱えるような社員は、組織内で生き残れないのがサラリーマン社会の現実だと私は認識しています。ですので会社組織で上司批判はほとんど期待できません。上司が独裁的であればなおさらです。そこで私は社外取締役に期待することにしました。社外の方なら、忌憚のない意見が出ると思ったのです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

なかには決断を下しづらいケースも出てきますが、たとえ間違った決断をしてしまったとしても、誤りに気がついた時にすぐに訂正し、その理由をはっきりと説明すればよいのです。いつまでも決断しないのが一番困ります。


エーブナー=エッシェンバッハ

下手なお世辞は、根拠のない叱責よりも我々に屈辱を与える。


後藤玄利

創業数年後、当時、ファンケルやDHCが急伸していて、売上はうちの2桁も上。彼らのあとを細々と追っても面白くない。そう思い始めた頃、アメリカのダイレクトマーケティング協会の年次大会に参加したのです。会場には「21世紀はEコマース(電子商取引)の時代」という熱気が充満していました。このイベントに参加したことで衝撃を受けた私は、数年以内に日本にもEコマースの時代が訪れることを確信。ビジネスの方向転換を決意しました。


宗岡正二

経営者が格好をつけるようになってはいけない。


杉江和男

日本の行く末に危機感を持っているという声をよく耳にしますが、私はそこまで悲観的ではありません。もともと日本には「匠の技」と「おもてなし」という二つの強みがあります。問題は、その強さを発揮させる環境づくりと人づくりです。


加藤久光

飛躍をするためのネタは改善の中にある。


財津和夫

若いころ、焦ってばかりの自分が嫌でした。一番苦しかったのは、可能性が無限にあったことです。この扉を開けたら、もっと世界が広がるんじゃないかって。


山田隆持

NTTの法人営業部の仕事も、私には重要な経験でした。法人営業の根本は、お客様との信頼をいかにつくるかです。信頼は1カ月や2カ月ではとてもできない。いくら口で甘いことを言っても、行動が伴わなければ駄目なのです。


高原豪久

トヨタさんがやっていることだから、P&Gさんがやっていることだからと言えば、社員が「おお、そうなんだ」と納得して、それを受容する際の心理的な抵抗が小さくなる。


齊藤征志

営業マンだけが営業をするのではなく、技術者がお客様の現場に入っていって、いろいろ提案したり話を聞いたりして人間関係をつくっていく、というのが私の考えです。それが一番の営業ですよ。私自身、そうして築いてきた信頼関係が最大の財産だと自負しています。技術者たちと昼食をとりながら会話をし、私のDNAを盛んに植えつけているところです。