ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言

ジェームズ・アレン(コンサルタント)のプロフィール

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

ジェームズ・アレン(コンサルタント)の名言 一覧

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。


ソニーがアップルに負けた理由は顧客のニーズよりもそれぞれの事業部門の成長に焦点を合わせてしまったからだ。そして顧客の求めていることは何かではなく、複雑な組織をどう動かすかということにエネルギーをとられすぎてしまったのだ。


日本企業が輝きを失ってしまった原因は複雑性にある。成長するにつれて組織というものは官僚化し、無意味な多角化に走りがちだ。


幸いなことに、日本には成功をおさめた大企業の創業者の意思を脈々と継ぐ人たちが企業のなかにまだ存在している。そこが救いだ。そういう人物をリーダーとして登用していけば、再生可能なモデルを再構築する時間的な猶予がある。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)の経歴・略歴

ジェームズ・アレン。コンサルタント。ジョンズホプキンス大学卒業、ハーバード大学大学院修士課程修了。ベイン・アンド・カンパニーのロンドンオフィスパートナー、同社グローバル戦略プラクティス共同総責任者などを務めた。消費財、燃料、通信、ヘルスケア等の分野で多国籍企業に対しコンサルティングを行った。共著に『本業再強化の戦略』『リピータビリティ』ほか。

他の記事も読んでみる

吉田松陰

つまらない人間の癖として、昔の心ある立派な人といえば、神様か、鬼か、天の人かと見なし、今の私どもとは、天と地ほども大きな違いがあると思っている。これは、自分を駄目なものと思い込み、将来を考えない、投げやりな態度の極みである。


マハトマ・ガンジー

道徳と進歩と改善とは、つねに離れることのできない関係にある。


南雲吉則

物事の本質を伝える本は売れる。


西川真梨子

私個人は体が丈夫なので健康に対して課題感がなく、健康を意識した活動はしていません。ただ、美しくなるためにしている行動が結果的に健康維持につながっていると感じます。私が日頃から習慣として取り組んでいるのが運動と食事。ジムには毎週1~2回は顔を出し、マシーンを使った運動というよりも、腕立て、腹筋、スクワットといった様々な筋肉トレーニングを1時間のレッスンの中で毎回内容を変えながら行うようにしています。


宮本亜門

ネットを見たりテレビを見たりじゃわからないもの。人間の生の接触、生の言葉、生の息吹、そういうものを伝えたい。


坂本幸雄

学生時代に同じく体育系だった経営者と互いに納得したことがあります。スポーツにはシナリオがなく、思った通りにならないのでじっと座ってではなく、動きながら考えなければならない。ビジネスも同じだと。即断即決で動かないとその間、社員が遊んでしまう。


福原信三

物事はすべてリッチでなくてはならない。


森下洋一

スローガンは「創造と挑戦」です。これは、私の一番好きな考え方であり、一番好きな言葉でもあります。会社も個人も、絶えずクリエイティブでなければいけないし、発想を変えながら未来に向かって挑戦していくべきです。松下幸之助哲学でいうと、それは人間に与えられた天分だと言えます。創造することによってチャレンジ精神が生まれ、チャレンジすることによって成長する。つまり、創造と挑戦の繰り返しによって成長するのが人間なのです。


三毛兼承

赤字だから貸さないということはない。米アマゾンも長きにわたって赤字だった。なぜ赤字かを知ることが大事。その企業が再生のチャンスがあるとなればそれをお手伝いし、創業期の赤字であれば黒字化をお手伝いする。


枡野俊明

上司や部下と互いに認め合えず、イライラしてしまう時は、相手の良い面を見つけるように意識しましょう。そしてこちらから先に褒めてみる。褒められて嫌な気になる人はそうはいないはず。


八木龍平

自分は何を大事にしているのか把握できていれば、普段自分が褒めやすい人や行動がわかり、反対に、自分がどういう人や行動、発言を褒めないのかもわかる。そうして、これまで価値を感じなかった部分も褒められるようになる。


澤口俊之

目標を一つの数値や程度に限定すると、到達が困難に感じられ、挫折を招きやすくなります。しかし目標値の上下に幅を持たせると、その下限にはたやすく到達でき、さらに頑張ろうという意欲も湧きます。結果、最初の設定よりももっと高い到達点に達することができるのです。


佐々木明子

話し方というと表現の技術に注目が集まるかもしれませんが、上手に話すために大事なのは下準備。準備不足でインタビューに臨むと、どんなにトークのスキルがあっても通用しません。


小出伸一

今結論が出ないことに決断を下す。市場や技術の動きは5年、10年先にならないと分かりませんが、動き始めるのは今。この決断は大切になる。


峯島忠昭

求められるのは決断力。自分の未来を変えたいと多くの方が頭では考えていますが、なかなか実現できません。それは決断ができないから。もう少しいえば、決断するための情報や知識が足りないからだと思います。


ページの先頭へ